【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

発光ダイオードの光具合を見ると、
同じ電流、同じ電圧なら砲弾型よりもSMDやCOBの方が明るいように思えます。
なぜでしょうか?

こういう質問をすると
「砲弾型よりもSMD型やCOB型のほうが設置面積がすくない。
 逆に言うと同じ面積でより多くのタマを実装できるから明るいようにおもえるだけなんだ
 目の錯覚だよ!」
という答えが返ってきそうです。

確かに砲弾型と比較してSMD型、COB型の方が少ない面積で設置できることはしっていますが、
単体で明るさを比べても、砲弾型よりもSMD型、COB型の方が明るいように思えます。
(個人の感想です)

果たして同じ電流、同じ電圧なら、1個当たりの明るさは
やはり砲弾型よりもSMDやCOBの方が明るいのでしょうか?

それとも目の錯覚でしょうか?

詳しい方、おねがいします。

A 回答 (5件)

No.1です。



> このご回答中の…というのはどういう意味でしょうか?
発光密度 …単位面積当たりの輝度(明るさ)
面発光 …発光が、一定の面積に一様に分布している 

> 砲弾型発光ダイオードはあまり間隔を狭めて、みっしりぎっちぎちに詰め> て取り付ける、というのは技術的にも手間的にもあまりやらない。
いいえ、そんな音はありません。
交通信号機は、そのように作られています。ま、隙間はありますが。

> SMD型発光ダイオード、COB型発光ダイオードの方が向いている。
それらが普及してきた今の時代では、
耐環境性やコストを考えて、その中から適材適所で利用されている、
と言う基になります。

> すなわち、SMD型発光ダイオード、COB型発光ダイオードは
> ”面発光に見せかける” ”疑似的に面発光に転換する”
> ことに向いているのだ」という意味でしょうか?
面発光に対しては、視認距離や実装密度と言う使い方によります。
砲弾型、SMD、COBの大きな違いは、
発光一点当たりの単価、でしょう。
もちろん、外囲環境の耐性も異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>交通信号機は、そのように作られています。ま、隙間はありますが。

おっしゃるとおりですね、 たしかに信号機は砲弾型LEDを敷き詰めてつくっていますね

お礼日時:2021/04/11 21:00

追申


LED電球は4万時間と謳ってますが、そもそもは10万時間なのです。熱が放散できなくて4万時間なのです。

LEDは42年前に市販されました、その時から私は製品に使ってきました、その時から10万時間を謳ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>LEDは42年前に市販されました、その時から私は製品に使ってきました、その時から10万時間を謳ってます。

昔から10万時間耐久できるんですね

お礼日時:2021/04/11 20:58

熱はですね、発光に対しては非常に少ないのです。

電気の発光効率が良いのです。
電球にしてもタングステンは空気中では一瞬に燃えてしまいます、そして発光効率は低いのです、高熱の結果光を出してるから。
LEDは電気に対して直線光にします。

で、LEDはそれが米粒程度に小さい部分に、熱が集中してしまうからでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>で、LEDはそれが米粒程度に小さい部分に、熱が集中してしまうからでもあります。

小さすぎて熱が集中するんですね
小さすぎるのも難点ですね

お礼日時:2021/04/11 20:58

正確には「明るく出来る」という事です。


LEDは放熱が大事です。基板にはんだ付けで更に基板の面積で放熱出来るからです。
明るいLEDには砲弾型はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

放熱が大事なんですね。
あれ? LEDって他の照明器具と比較して消費電力が小さいことがメリットですよね。熱を発するならその分、電力が無駄遣いされているんじゃないでしょうか?(質問の主旨とは違いますが・・・)

お礼日時:2021/04/11 19:04

> 果たして同じ電流、同じ電圧なら、1個当たりの明るさは


同じです。
発光密度の違いで、云い方を変えれば、点発光と面発光の違いです。
点発光素子を樹脂で覆ったのが砲弾型、と言う違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>発光密度の違いで、云い方を変えれば、点発光と面発光の違いです。

質問を返しますが、このご回答中の
>発光密度
>面発光
というのはどういう意味でしょうか?

「発光ダイオード(別に発光ダイオードでなくても豆電球でも白熱灯でもいいんですが)を基板上に間隔を狭めて、みっしりぎっちぎちに詰めて取り付けると、あたかも面全体が発行しているように見える。
しかし砲弾型発光ダイオードはあまり間隔を狭めて、みっしりぎっちぎちに詰めて取り付ける、というのは技術的にも手間的にもあまりやらない。
そういうことをするならSMD型発光ダイオード、COB型発光ダイオードの方が向いている。
すなわち、SMD型発光ダイオード、COB型発光ダイオードは
”面発光に見せかける”
”疑似的に面発光に転換する”
ことに向いているのだ」
という意味でしょうか?

それとも
「SMD型発光ダイオード、COB型発光ダイオードは素子そのものが天発光ではなく、面発光である」
という意味でしょうか?

お礼日時:2021/04/11 18:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング