薬の服用の仕方は食前、食間、食後とありますが、どのような薬が食前で、どのような薬が食間、食後なのでしょうか? またそうする訳をお教え下さい。
  お医者さん、薬局に聞けばすぐ分かると思うのですが、最近あまり用事がないもので、こちらでお尋ね致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

薬の作用部位や吸収、胃腸への影響などを考え合わせて服用時間が決められています。



食前
食事をとる30分くらい前の空腹時。
食事の前には胃の中は空なので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。食事をとると腹痛や下痢を起こす場合も、食前飲みます。
 
食間
食後2~3時間経過して、胃の中のものがほとんど消化された時間帯。
食事によって吸収に影響される薬は空腹時の服用が効果的です。
胃酸の分泌を抑えたり、胃酸が分泌され過ぎたときに中和する薬などが処方されます。薬を飲んだ直後は、何も食べないことが大切です。

食後
食後30分以内。
胃を荒らす成分の入った薬、解熱鎮痛薬やステロイド薬などは食後に服用するようになっています。
薬の成分が胃壁を直接刺激して胃を荒らさないようにするためです。
多くの薬は、この方法で服用します。

1日2食しか食べない場合は、食事の代わりに、ビスケットなど、軽いものを少量でも食べてから、食後30分に食後の薬を飲むと良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 食前に服用しないと効かない糖尿病の薬、成る程。
食間の場合は服用直後は何も食べない、云われてみると本当にそりゃそうですねー。
 いろいろ、有難うございました。

お礼日時:2001/08/24 10:35

基本的にはNo.3と同じですが補足として


漢方薬は食前、食間どちらでもかまいません。

食間の薬としてその他に尿毒素を吸着する薬などがあります。

また今は服用の仕方がさらに食直前、食直後などと服用の仕方が多彩になっています。気をつけて服用してください。そして飲み忘れてしまったら気軽に薬局に聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございます。私を含め家族も薬にあまり縁がないもので、気になっていたことをお尋ねしてみました。
 「補足要求」になっておりますが、要求項目が記してありませんので、よろしいでしょうか?

お礼日時:2001/08/24 10:46

自信無しですが…。



胃の中に食べ物があったほうがいいかどうか
の違いだと聞いた事があります。

「食後」というのは
胃の中に食べ物が残っていると、
ダイレクトに胃の粘膜を刺激しないからいいとか、
腸に運ばれやすいから、ということみたいです。
「食間」は逆に、
何も胃の中に入っていない状態が好ましいんでしょうね。

胃薬で「食べる前に飲む!」なんてありますけど、
あれは、胃もたれとかをしないように
胃の粘膜をコーティングするような働きがあるんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一番気になったのは食前服用の薬だったのですが、胃薬で「食べる前に飲む!」
>胃の粘膜をコーティングするような働き・・・
なるほどナーと思いました。  有難うございます。

お礼日時:2001/08/24 10:23

食前とは、食事をとる30分前のことです。

食欲増進剤や吐き気を抑える薬などがあります。

食間とは、食事と次の食事の間で、だいたい食後2時間くらいの空腹時のことです。胃の粘膜を守る潰瘍の薬などあります。食事の間、ごはんを食べながら飲むということではありませんので、ご注意を!

食後とは、食後30分以内のことです。まだ、食べた物が胃に残っているので、薬で胃を荒らしにくいので有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 食前の薬とは食欲増進剤、吐き気を抑える薬、そういう種類の薬だったのですか、初めて知りました。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/24 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬の食前・食後

薬の「食前・食後に服用すること」というきまりごとにはどのような意味があるのですか?
(ちなみに私は薬学に関してまったく見識のない者です)

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず、両者の意味から、

■食前
 胃の中に食べ物が入っていないとき。
 (食前20~30分前)

■食後
 胃の中に食べ物が入っているとき。
 (食後20~30分後)

が一般的な指示だと思います。

 次に、分ける意味は、

 薬を飲む時期は,通常食事に合わせて決められており、飲むタイミングを分けるのは、薬の効果や副作用の発生に食事が影響するためです。

 「食前」に飲む薬には、漢方薬の他に、貧血に使われる鉄剤やある種の抗生物質など、食後の吸収が悪いものです。また、胃酸の分泌をうながして食欲を出すための薬や、食後に血糖値が高くなるのを抑えるための糖尿病の薬、食後に発作の起きやすい狭心症のための薬など、その作用から食前に服用します。

 「食後」に飲む薬は、まだ食物が胃に少し残っていて、胃に刺激が少ない状態で飲むほどよく吸収されるからです。

(おまけ)
 「食後」の他に、「食直後」というのがあります。これは、食事をした後すぐのことです。一般には食事は薬の吸収を妨げますが、ビタミンAやDなど油状のものは、油の吸収を助ける胆汁が十分に腸内に出されている食直後の方が吸収が高まります。
 また、胃腸障害をおこしやすい鎮痛剤やある種の抗生物質なども、この時間に飲みます。その他、消化薬なども当然食事のすぐ後に飲む必要があります。

 あと、「食間」というのは食事をしている間ではなく、食事と食事の間で、食後2時間から食前2時間の間を指します。空腹時の胃酸の分泌を抑えたり中和させたりする胃炎の治療薬や、痢止めなど胃粘膜に作用する薬はこの時間に飲みます。

 こんにちは。

 まず、両者の意味から、

■食前
 胃の中に食べ物が入っていないとき。
 (食前20~30分前)

■食後
 胃の中に食べ物が入っているとき。
 (食後20~30分後)

が一般的な指示だと思います。

 次に、分ける意味は、

 薬を飲む時期は,通常食事に合わせて決められており、飲むタイミングを分けるのは、薬の効果や副作用の発生に食事が影響するためです。

 「食前」に飲む薬には、漢方薬の他に、貧血に使われる鉄剤やある種の抗生物質など、食後の吸収が悪いもの...続きを読む

Q薬の食前・食後について教えて下さい。

今風邪薬を飲んでいるのですが、
4種類あるうち1種類が漢方薬で(妊婦の為)、
その漢方薬だけ食前と書いてあるのです。

そこで質問なのですが、

(1)いつも食前に飲むのを忘れてしまうのですが、
 そういう場合は食後に飲んでもいいのでしょうか?

(2)食前に飲むとしても、
 食前薬→食事→食後薬と飲むと、
 結局は胃の中で全部混ざってしまうと思うのですが、
 やっぱりその微妙な時間差が意味があるのでしょうか?

(3)食前食後に無関係ですが、
 薬を飲む時はお茶で飲んでも問題ないでしょうか?
 薬によってはお茶で飲んではいけない物があるようです が、私の薬には特に注意書きはありません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 gonkichi-aさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 お薬には、起床後すぐ・食前・食直前・食直後・食後・食間・○○時間毎の服用のタイミングがあります。それぞれに意味合いがあって指定されており、服用タイミングを違える事で効果が変わる物もあります。

 (1)食前に飲むお薬を飲み忘れるけど、食後に飲んでも良いの???

 食前に服用するお薬の代表は、糖尿病のお薬や漢方薬等です。まず「食前」とは食事前30分位と言う事です。多くのお薬は、服用後約30分で吸収されて効果が出始めると言われています。従って本来食事をすれば体内の色々な機能で消化吸収をするのですが、その元々持っている消化吸収機能を手助けするタイプのお薬が「食前」と言う指示の出るお薬の1つです。例えば糖尿病の場合は、ご存知の通りインシュリンの分泌が悪くて糖分の処理が悪い状況ですよね。従って「糖分の処理状態を良くした状態で食事をして下さい」と言う意味合いで「食前服用」と言う指示が出るお薬です。最近は、吸収した糖分の利用を促進する事で血糖値を低下させるお薬等患者さんの飲み忘れ軽減させる為に食後に服用して効果が出るタイプの糖尿病薬も開発されています。
 多くのお薬は、元々体内にない成分を服用するわけです。従って胃腸薬と言えども多かれ少なかれ胃腸壁には負担を与える可能性はある訳です。そう言う負担を軽減するために食事と一緒に胃腸を通過する事で胃腸の壁への当りをマイルドにするために「食後」と言う指示がされています。また一部のお薬では食事中のたんぱく質分と一緒に胃腸を通過する事で吸収率が増加する物があります。これは当然「食後」に服用する薬となります。それともう1つ「食後服用」の意味合いには、多くの方は食事は不規則ではなく約8時間間隔位にする事(ほぼ等間隔で服用出きる事)と食後なら忘れ難いと言う事で「食後」と言う指示をします。
 漢方薬ですが、ご存知の通り身体のバランスを整えるる事で作用を出させるお薬です。従って胃腸に負担を与える漢方薬は、違う意味での身体のバランスを崩すと考えます。服用する患者さんに本当に合っている漢方薬は幾等身体に無い成分を服用すると言っても胃腸に一切負担が無いと考えますから、胃腸の中に何もなくて胃腸壁に当る確率の一番良い(つまり一番吸収の良い)「空腹時」が服用のタイミングとなります。しかし「空腹時」ではいつ服用するのかわかり難いので、一番胃腸の中に何もない可能性の高くて一番忘れ難い「食前」と言う事で指示をする事がほとんどだと思います。
 ところでこの漢方薬を食後に服用したらどうかですよね。答えは「問題ない」です。ただし食べ物と一緒に胃腸の中を通過する為、胃腸壁に当る割合は減ります。従って吸収は若干落ち、効き目は空腹時に服用した場合の80~90%位になります。効果が落ちるとは言え、お薬を服用する・しないとは大違いですからどうしても食前には飲み忘れる等で服用出来ない場合は食後に服用してもさしつかいありません。しかし、効き目は空腹時に服用する時と比べて確実に落ちますから、なるべく早く症状改善をしたい方は、極力食前等の空腹時に服用する事をお勧めします。私が漢方薬を服用する場合は、例えば1日3回の服用の場合は、朝起きてすぐ・3時のおやつ位の時間・寝る特前の3回に服用しています。私はこのタイミングで忘れず、そして空腹時なんです。
 糖尿病薬等意味が有って「食前服用」となっているお薬は、忘れずに「食前」に服用して下さい。

 (2)食前に服用した場合、食事と混ざってしまうと思うけど食後服用とは違うの??

 「食前」とは(1)に記載した通り食事前30分位に服用する事ですから、基本的にはお薬の吸収が終わって食事をする事になり食事とお薬が混ざる事はほぼありません。そこが「食後」服用との違いです。
 例えば糖尿病薬場合は、糖分の処理出来る状態になってから食事をした方が身体に負担が少ない為、「食前」服用が良いと言う事になります。但し、糖尿病薬を服用することで胃腸に負担を与える場合は、「食直前」と言う指示が出る場合があります。これは少しでも食事前に服用して糖分の処理し易い状態を早めに作りたいと言う事と食事と一緒にお薬を服用する事でも胃腸の刺激軽減との両方の作用を含めた(と言っても両方の作用とも中途半端な気もしますが・・・)服用方法なんです。

 以上より、食前・食直前・食後と言う若干の服用タイミングの違いに意味がある事がお解りになったと思います。

 (3)お薬は何で飲んむの??

  多くのお薬は、お茶で飲んでも何ら問題はありません。貧血時に用いる鉄剤では鉄剤の鉄分とお茶のタンニンが化学反応を起して鉄分の吸収が悪くなると言われています。従ってこの場合はお茶での服用は避けて下さい。ただし、最近はお茶と一緒に服用しても吸収に問題の出難い製剤が開発され、それらが一般化していますから、概ね鉄剤と言ってもお茶と服用しても問題が出ない事が多いんです。
 骨粗しょう症に用いる一部のお薬では、水分中のミネラル分と化学反応を起して吸収が悪くなる物が有ります。このお薬を服用する場合は、ミネラルウォーターと言えどもミネラル分の多い「硬水」と呼ばれる物(多くは輸入品のミネラルウォーターです)やスポーツドリンク等での服用は避けて下さい。
 一般の方は上記に記載した鉄剤や一部の骨粗しょう症に用いるお薬等で、服用時の水分の種類を考えなければならない物が有るなんて難しい事はわかり難いでしょうから、「お薬は水(ミネラルウォーター以外)または白湯で服用する」と考えると良いでしょう。


 話は少し変りますが、#3さんは「妊婦は葛根湯と言えども飲まない方が良い」と言われていますが、私は妊婦さんでもそんなに問題は無いと思います。もちろん葛根湯を服用して何も問題がない人と言う条件が付きますが・・・。一般の方は、漢方薬=副作用の無いお薬 と考えられている様ですが、それは大間違いです。私は葛根湯を飲むと下痢傾向になります。また血圧治療中の方だったら、葛根湯が原因で血圧が上がる可能性があります。これは葛根湯中の「マオウ」と言う成分が悪さしているんです。この様に葛根湯が合わない方・高血圧等で既往症の症状が悪化する可能性がある方以外は妊婦さんでも安心して葛根湯を服用されたらと思います。
 葛根湯を含めた多くのお薬には「妊産婦の方は医師・薬剤師に相談して下さい」と言う注意事項の記載があります。これは、葛根湯を例にすれば私みたいに合わないと下痢傾向になって栄養吸収の問題が出る場合があるからです。それと厚生労働省の考えの中に怖がり的な部分があり、特に妊産婦みたいな普段とは違うお身体の状態が違う時は幾等一般品(薬局で購入出来るお薬)のお薬であっても素人判断での勝手な解釈でお薬を飲まないで、医師・薬剤師の専門家にまずは相談してからお薬を使って欲しいと言う意味合いを言っているんです。今回の場合は、医師の処方箋指示によっての服用ですから、上記の記載がある葛根湯でも安心して服用して大丈夫です。
 一般に葛根湯は3~4日服用して効果が出ない場合、もう効果が出ない可能性のあるお薬と言われています。今のところ2日服用されて効果が出ないとしたら、服用しても後2日位でしょうね。葛根湯は俗にカゼの初期に使うお薬と言われ、初期のカゼで症状が合えば1回服用しただけで完治してしまう場合もあります。3~4日服用して効果が感じられない場合、カゼの症状が変わった場合が考えられます。ですから後2日位服用して効果が時間出来なかった場合、再度医師の診察を受けられたらと思います。

 長々書きましたがお解りになりましたでしょうか??? 何か有ったら再度質問されたらと思います。

 gonkichi-aさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 お薬には、起床後すぐ・食前・食直前・食直後・食後・食間・○○時間毎の服用のタイミングがあります。それぞれに意味合いがあって指定されており、服用タイミングを違える事で効果が変わる物もあります。

 (1)食前に飲むお薬を飲み忘れるけど、食後に飲んでも良いの???

 食前に服用するお薬の代表は、糖尿病のお薬や漢方薬等です。まず「食前」とは食事前30分位と言う事です。多くのお薬は、服用後約30分で吸収されて効...続きを読む

Q病院からもらう薬と薬局でもらう薬

今、血圧の関係で近所(属に言うかかりつけ医)のクリニックに行った時、帰りに薬をもらいますが、この度、詳しく検査する為、総合病院を紹介されて行った時、処方箋をもらいました。何処でもいいですから、処方箋を受け付けている薬局で購入して下さい。と。病院に薬はないのかなと思っていますが、病院からもらう薬と薬局でもらう薬で何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

医薬品(処方薬)に医師向け、薬局向けなどの”仕様”があるわけではありません。
いずれも医師の指示(処方)に従って調剤されるモノであり、同一内容の処方に従って調剤されたのであれば、医薬品としては全く同じモノです。
違いは、処方箋には処方箋発行にかかる手数料があるかどうかなど、薬の効果には関係ないところにしかありません。

厚労省が進めている「医薬分業」というもので、一番や判りやすいデメリットは「面倒くさい」でしょう。メリットとして「医薬品の専門家としての知識を有する薬剤師によるダブルチェック」があげられています(因みに、院内薬局は、その力関係(医師>看護師>事務>薬局)からダブルチェックは機能しませんし、医師1人の個人病院には、そもそも薬剤師がいないことがあります)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%88%86%E6%A5%AD

Q今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、

今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、訴えてもいいんでしょうか。?

いくらお店の人でも個人が購入したものをいちいち、家族や知り合いに言うのはダメですよね?

Aベストアンサー

薬剤師であれば守秘義務がありますが、ごく普通の店員で質問者さまが家族の子供と知っているならば、老婆心ながら言うかも知れませんね。
訴えるもなにも、それで検査して妊娠していたら家族に言って頼るしかないんですよね?
妊娠が不安だったら、そういう脇の甘い交際の方を気にかけた方がいいと思います。

Q処方箋が必用な薬を直接、薬局でもらえるか?

病院に行って、処方箋をもらい、薬局に行って薬をもらいました

次回、薬が切れたら、病院を飛ばして直接、薬局に行って薬をもらうことは出来ますか?

その薬は市販されている物ではなく医師の処方箋が必要なものです

直接、薬局で薬がもらえる場合は保険は適用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

お手持ちの処方箋をご覧になってください。
処方箋の発効日が記入されているはずです。
処方箋の有効は4日間ですので、
それをすぎるとその処方箋は無効になりますので
その処方箋は薬局で受け付けてくれないはずです。
病院で発効日の入っていない処方箋は発行しません。

たとえ同じお薬であっても必ず毎回処方箋は必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報