教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

なぜ金融資産は時価評価するのですか?

gooドクター

A 回答 (6件)

資産評価の原則は時価です。


金融資産の多くは市場価格があり、客観性がある為、基本に則って時価評価をします。

また、建物をはじめ固定資産も減価償却を通じて時価評価を行っています。

固定資産には適正な市場価格がない、再調達価格の算定が困難などの資産も少なくありませんが、減価償却を用いる事によって、概念上のみなし時価としています。

土地も例外ではなく時価評価です。ただし土地は一つとして同じものが無い為、市場価格に客観性がありません。また、算定にあたって煩雑になり過ぎる為に例外として簿価評価になります。
実際、土地も一斉に時価評価を行った年度が日本には存在します。
    • good
    • 0

時価評価が簡単で一義的だからです。



これが不動産となると、
時価をどう定めるか、簡単ではありませんし。

固定資産税路線価等
相続税路線価等
地価公示価格
都道府県地価調査価格.

とか色々ありますが、金融資産には
そんなモノはありません。
    • good
    • 0

換金性が高く時価が確定しているから。

    • good
    • 0

資産はすべて時価で評価するものだからです。

    • good
    • 1

額面50円が今は1億の場合 時価のが正確です。

    • good
    • 1

実際に売った場合の額だから。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング