教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

なんで学校って義務ではないですが高校含めると、12年間も行かなきゃいけないんでしょうか?

なんか長すぎませんか?

gooドクター

A 回答 (9件)

義務教育は学校に行かなければいけない義務があるのではなく、


保護者が子供に「普通教育を受けさせる義務」があるんです。
行きたくなければ中卒で働けばいいです。
    • good
    • 0

義務教育は、初等教育に該当する「小学校」と、中等教育前期に該当する「中学校」。


だから、日本では9年間は教育を受ける義務がある。

中等教育後期に該当する「高校」や高等教育に該当する「大学等」へ進むために(例外はあるけれど)入学試験があるのは、義務教育ではないからです。

なので
進学する為に塾へ通う必要はありません。
高校へ行く必要はありません。
専門学校で勉強する必要もありません。

但し、どのよう進路を選び、どのような結果が出たとしても、それは自己責任ですよ。
    • good
    • 0

長いけど、


働かなくてよく、通常は楽勝な生活なので、普通は長くカンジないよ。
いじめとかあると別だろうけど。
    • good
    • 0

義務じゃないんだから, 高校には行かなくてもいいよ.



その結果どうなったとしてもしょせんは
あなたの人生
でしかないわけだし.
    • good
    • 0

それくらい行かないと今の時代、まともな仕事はありませんよ?悪いですけど。

    • good
    • 0

義務教育がスタートと、産業革命は、大きくかかわります。

それまで、仕事は親方から習うもので、そのため学校教育はほとんど必要がなかったのですが、機械が導入され沢山の製品がつくられるようになると、それまでの「親方」や「店主」に習うより以上に「マニュアル」や「販売方法」が重要になり、それを理解できないものは、社会参加できなくなりました。そこで、国家が子供たちに「最低限の教育」を平等に行い「社会参加」させることになりました。最初は「税金を払わない下層民」に国家が教育を行うのはおかしいという考え方もありましたが、「読み・書き・計算」できる人を増やすことが、企業の利益につながると気付いた経営者たちも、国家が税金で教育することに反対しなくなりました。例外は「日本」で、寺子屋というシステムが、子供の教育を支えました。(その理由を説明すると長くなりますのでしません)
いずれにしても、国家の教育は、子供を社会参加させるために必要だと言うことになったのです。その後社会が複雑化した結果、それに参加するための教育内容も複雑化し教育期間も長くなり、先進国では、義務教育期間も10年前後まで延長されているのが現状です。
ところが、今の教育は「社会参加するため」という本来の目的から離れてしまっている部分もあると思います。その結果が質問者の疑問を生んでおり、均一な教育をどこまですればよいのかが、今問われていると思います、
    • good
    • 0

どうせ子供はお金ないし働けないし


出来ることも限られてくるから
別にいいのでは?

職についてからの方が
長くなるんですから…
    • good
    • 0

長い、短いは個人で感じ方がちがうでしょう。

あなたは短期で学べる自信があるなら高校辞めておいおい大検でも受ければいいんじゃないですか?
    • good
    • 2

ホモ・サピエンス・サピエンスとして生きる為の訓練。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング