いつでも医師に相談、gooドクター

他力本願ではございませぬ。
自力本願でもございませぬ。
有瑠慶本願。
これにございまする。

gooドクター

A 回答 (2件)

他力本願=感情的本願(浄土系)


自力本願=理性的本願(禅系) 

自力・他力の両本願を通して悟ったのが釈尊。

奇跡かな!
我れら日本の、この地の明治時代に活動した僧侶、山崎弁栄(べんねい)上人が、両本願を通して“現代のお経”とも云うべき『光明体系(全12巻)』を著しました。
釈尊の悟りの境地を、現代の言葉で著しています。
それは、他の数多ある仏教の“解説”ではなく、自身の「体験」を通しての言葉です。体験したが故の言葉、です。

ただ、釈尊も言及してない事を云っていて(数学者・岡潔氏が)、それは《宇宙の本体は絶対(二つと無い)の大心霊体である》と云う事です。

この観点から“この世”を俯瞰することで、世の「理・ことわり」に、解釈としての“不具合”は生じないと思います。
    • good
    • 0

昔、hitonomichiって言う愚かなIDがおってな、そいつを思い出してしもた。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

久しぶりに有瑠慶本願を見たんだから感動したろー。

お礼日時:2021/04/13 20:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング