色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

将来について悩んでいます。私は高校三年生で、大学の進学先についてなやんでいます。
最初は自分の学びたい学問を学ぼうと思い文学部にしましたが、その先の将来を考えて色々な人に相談すると、就職率が悪いと聞きました。私は日本の歴史について学びたいなと思っていたのですが、実際社会にでても使いませんし、就職も難しいと聞いて不安です。
なら、歴史好きなのは趣味に置いといて、違う分野で社会に出ても役に立てそうな学部に入るのが正解なのでしょうか。不安で仕方ありません。実際どうなのでしょうか。。。

gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

学びたい学部にいってください。


その先の就職について考えたところであまり意味はありません。
いくら「就職に有利」とアピールする学部があるとはいえ、微々たる程度の差です。
仮に文学部以外に進学するとすればどの学部を想定されていますか?
    • good
    • 0

あなたの学力レベルに依ります。


旧帝大や早慶の話をしているのかポンコツ大学の話をしているのかでまるで変わりそうです。
ポンコツ大学だと余程の鉄板資格系統でも出ない限りは、高卒並みの就職しかできないから同じかもしれませんね。
だから真ん中かちょい上辺りの大学だと変わるのかもしれません。
そう、就職は、率で見てはいけません。
大学現役進学率が100%の高校と、50%の高校と、どちらが良い高校でしょうか。
では、前者が聞いたことも無いような大学ばかり、後者が東大京大国立医学科ばかり、だったらどうでしょう。
就職を率で見てしまうと、ブラック100%が100%にしか見えません。

なお、就職状況が悪い、というのも、法学部なら就職率100%なのが文学部だと0%になるといった極端な話ではないはずです。
よくは知りませんが、一流企業への就職率が10%低いとか、例えばそんな感じだろうと思います。
    • good
    • 0

法学、商学、経済学部でも、前期は歴史の授業取れます。

    • good
    • 0

私の正直な感想は、文学部なんて趣味の世界という印象です。

職場では、東大卒でも文学部出身ゆえに、いつまで経っても、うだつのあがらない下っ端という人もいます。就職できても、昇進は期待できないと考えておいた方がよろしいと思われます。
    • good
    • 0

違った観点から少し追記。




もしも「就職が難しいから大学で歴史はやらない」とみんなが考えたとしたら、磯田道史先生や本郷和人先生を今日テレビで見る事はなかったでしょう。そこまでの有名人でなくても、質問者様が歴史を習った先生に教わる事はなかったと思います。


それから私が高校の時のある国語の先生(当然の事ながら文学部出身)は「お前文学部なんか行ってどうするんだ」と言われたそうです。文学も歴史学も「勉強している人」が絶対に必要な学問です。そもそも「社会に出ても使わない」と言うのは根拠のない偏見でしかないでしょう(使っている人がいるわけですし)。
    • good
    • 0

仮に大学に入って勉強するのと自分で本を読んで勉強するのとが大差ないとしたら、わざわざ高いお金を払って大学に行く意味はないでしょう。

「歴史の勉強」と言う観点からなら大学に行った方がいいに決まっています。


また「就職目的で大学に」と言うのも現実としては十分あり得るわけですが、本当にそれだけが目的だとしたら(他にやりたい分野があればなおさら)卒業まで勉強のモチベーションが保てるとは到底思えません。そもそも「違う分野」に行ったとしても就職に成功する保証なんてないわけですし、気持ちの転換等がなければ、大学に行った事自体が恨みになりかねない(大学なんか行きたくなかったと考える)と思います。
    • good
    • 0

偏差値の高い大学なら、文学部でも普通に就職できます。

逆に偏差値が低いと、法学部でも経済学部でも苦労します。学部名よりも大学名です。なので、できるだけ偏差値の高い有名大学の文学部へ進むのがいいと思います。あと興味のない学部に進学すると、大学生活辛いですよ。
    • good
    • 0

人生わかんないので、どっちもどっちというのが正直なとこです。



私も文学部志望でしたが、高3のときに「社会に出ても役に立てそうな学部」へ無理矢理突っ込まれました。
価値観が合わないので、大学での友人は一人も出来ず、興味のわかない分野の学部なので、就職にも役に立ちませんでした。しかし、学校がぜんぜん楽しくないおかげで、街で知り合った悪友たちとつるむことが増え、学外の交友関係に恵まれました。その延長で、起業した友人を取引相手に悠々自適の生活を送ってます。

人生わかんないので、大事なのはどんな人生でもうまくやっていける能力なのかもしれません。

ちなみに、歴史と文学は個人的に学び続けていて、今ではそっちの仕事もやるようになりました。社会に出ても使わないというのは無学な人の言い分で、学問はまちがいなく人生を豊かにします。役に立たないのはテスト勉強であって、学問ではありません。

しかし、やりたい学問があるという素晴らしい若者が、こんなことで悩まないといけないなんて……大人の一人として、こんな世の中であることを深くお詫びします。
    • good
    • 0

きついことを書きます。

もし、就職と学問を両立したいのならレベルの高い大学に行くしかないです。そうすれば、大学で学んだことは就職に活かせなくても、大学名が就職に活かせます。さらに言えば、レベルの高い研究をしている大学なら、研究が就職に活かせる可能性も出てきます。例えば旧帝やレベルの高い私学、地元の国立大学なら、就職口が見つかる可能性があると言うことです。単なる「歴史好き」では就職はできませんが、しっかりした研究をすれば道は開けるかもしれないと言うことです。
    • good
    • 1

国公立や早慶ですと文学部の歴史学科でも「差別」されることは少ないですが、他の私大ですと募集校に学校名は書かれていても文学部だけ外されていることはよくあります。

従って就職を前提の学部選びなら法、経、商あたりを選ぶのが無難です。

まあ、実際には大学で学んだことがそのまま社会で通用することは余りないですが、最初から文学部だけ門前払いされるようでは厳しい面がありますね。在学中に語学などを特別に身に着け、それをアピールすることで例外的に受験を認められることもありますが、一般的とは言えません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング