オンライン健康相談、gooドクター

日本に限った話ではないかもしれませんがマスコミ等による偏向報道というのはかなり問題となっているのでしょうか?
ケースで言いますと…「鉄道でトラブルが起きた→何が原因かわからないにも関わらず鉄道ファンがやったような報道をする→一般人が間に受け入れ一般人が鉄道ファンに憎悪を抱く→一定数の一般人が鉄道ファンを攻撃・口撃する」といった感じです。いわゆる偏向報道による実害というやつです。

gooドクター

A 回答 (7件)

世界報道自由度ランキング、日本はG7の中で最下位ですね。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C …

ただ、何が原因かわからないのに鉄道ファンを犯人扱いしたことはないと思います。
鉄道ファンがやった可能性がある、または高い、と言ったときにそのような報道がされたのかもしれませんが。
これは、偏向ではなく誤認ですよね。
警察の誤認逮捕と同じです。悪意はありません。
偏向は悪意です。
上記ランキングはその順位です。
最近の自民党(特に安部以降)はやりたい放題なので、日本はどんどん中国や北朝鮮に似たような危険な国家になりつつあります。
    • good
    • 0

なってないよ。

バカが騒いでるだけ。別のソースで、違うかも・・・ってわかる時点で、偏向でもなんでもない。言論の自由なんだから、事実を自分の捉え方で報道するのは自由です。別の情報や角度のみかたで、批判されることも健全。そうやって、個々人が情報を選択し、評価するのが、自由主義社会です。

偏向と叫ぶひとの特徴は、自分と違う意見だと偏向だとさけび、自分と同じ意見だと、無条件に受け入れてしまう。バカの極みです。アメリカで、トランプ云々言っているひとたちなど典型ですね。

英語もよまず、現地のソースにもふれず、アメリカが偏向報道をしている・・・という、トランプが作ったフェイクの、日本語翻訳をみて、検証もせず受け入れて、大恥をかいた人たちです。

実際、トランプが言ったことは何ひとつ起こらず、バイデンになっても、何も変わりません。
    • good
    • 0

マスコミ等による偏向報道というのはかなり


問題となっているのでしょうか?
 ↑
ハイ、どこの国でも問題になって
います。

米国など露骨です。
トランプさんとクリントンさんが争って
いたとき、
ロシアのプーチンさんが、クリントンさんへ
ロシアの金が渡っている
ことを暴露しましたが、全米のメデアは
一斉に無視しました。

日本も負けていません。

男女平等ですが
世界経済ホーラム では日本は120位/156。
しかし
国連のジェンダー不平等指数では、日本は24位/162
です。
女性幸福度を調査したISSP調査では
日本女性の幸福度は世界トップです。

しかし、マスコミは世界ホーラムの結果しか
報じません。
    • good
    • 1

マスコミの偏向報道は、非常に問題だと思います。


しかし、事実の断片に、作為的にフォーカスしているだけで、
嘘を言っているわけではない。

一方、鉄道ファンなるものが、鉄道敷地内に侵入することが
あったり、侵入禁止エリアに侵入したり、通常考えられる
運行の安全を脅かす行為をしたのであれば、これは、偏向報道
と別に、極めて非難されるべき問題だと思います。

2つの問題は、全く別の問題でしょう。
    • good
    • 0

文章の後に所属部署と記者の名前の表示を義務ずる事を条令科する。

    • good
    • 0

太平洋戦


争のとき、政府が偏向報道を強制しました。

自民政権もマスコミに圧力を掛けて、政府を批判するような報道を邪魔しようとしています。批判的な質問をしたNHKのアナウンサーは左遷されました。

総理が怒っていますよ…官邸からNHKへの「クレーム電話」その驚きの中身
「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」
電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。
「この件は理事のあいだでも問題となり、局内は騒然となりました。総理が国会初日に生出演するだけでも十分異例。そのうえ内容にまで堂々と口を出すとは、安倍政権のときより強烈です」(NHK幹部職員)
菅氏は官房長官時代にメディア、特にNHKに対してたびたび圧力をかけてきた。時にはそれがキャスターの降板や記者の人事にも影響したとされるが、実は安倍政権下で官邸入りし、菅氏のもとでメディア対策に従事したのが山田氏だ。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77200

「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃
 NHKアナウンス室長ですら驚くほどの仰天人事だったという。2月10日、NHK「ニュースウオッチ9」の有馬嘉男キャスター(55)と、「クローズアップ現代+」の武田真一アナ(53)という“二大看板”の降板が発表されたのだ。局内では関係者がこう囁きあった。
「菅政権の怒りを買った2人が飛ばされた――」
有馬氏の降板をめぐって取り沙汰されているのが、昨年10月26日の臨時国会開幕日、菅義偉首相が生出演した際のやりとりだ。有馬氏は、炎上していた日本学術会議をめぐる問題で、菅首相に質問を重ねた。菅首相は最後には明らかにムッとした様子で「説明できることと、説明できないことがある」と述べた。
テーマは新型コロナ対策だった。武田アナは、いつもの穏やかな調子で「政府の対策は十分なのか。さらに手を打つことがあるとすれば何が必要か」と質問。すると二階氏は「いちいちそんなケチをつけるもんじゃないですよ」と凄んでみせたのだ。
「武田アナはこの質問で、政権の実力者である二階氏の不興を買った。その直後に突然の降板となれば、訝しむ声が上がるのは当然です」(同前)
https://bunshun.jp/articles/-/43713
    • good
    • 0

問題になっていると思いますね…


何でも鵜呑みにしないことが大事だと思っています。
有名なものですが、偏向報道のわかりやすい風刺画を上げておきます。
「偏向報道について」の回答画像1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング