オンライン健康相談、gooドクター

中国のウイグルに対しての動画をみたのですが可哀想で、中国の覇権主義は好ましくないように思うが、そのことに対してヨーロッパ・アメリカなど他国の指摘には中国は内政干渉だというのですが、さすれば中国には人道的という言葉はどの様にとらえているのでしょうか。

また、ロシアは台湾が中国化してしまった方がいいとおもっているのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (7件)

中国は人道的という考え自体持ち合わせていません。



60年前には大躍進運動で4000万人くらい(あまりに多くて正確な統計がない)餓死させ、30年前には天安門事件でエリート学生を1万人くらい抹殺し、しかしそれらを主導した指導者への批判はなしです。

中国政府高官はアメリカからの批判に対して、人種差別や暴動がある国が何だと言い返しています。国内に人権問題があることと、それを政府自身が主導していることの違いがわかっていない、失笑モノです。
    • good
    • 1

中国共産党に内政干渉と言う資格は全くありません。



何故か。選挙無・自由無で中国を占領した恐怖の一党独裁政権中国共産党は民主的な国家の代表ではないと思ってます。スーツを着た単なるヤクザみたいなものです。仁義はあるでしょうが、人道的は理解出来ない共産党です。
中国共産党にとって選挙・自由・民主化は敵です。法律・警察・軍隊・裁判所・役所などは中国共産党一党独裁政権維持の為にあります。企業も中国共産党に忠実な下部でなければなりません。その証、共産党が中国を占領してから今日まで数千万人が処刑されたと言われてます(情報統制が厳しく外部に正確に漏れません)。違反すれば共産党に都合のいい国家安全法で処罰されます。覇権主義は凄まじく欲しい所が縄張りでチベット・ウイグル・内モンゴルと侵略し、習近平頭の下、漢族との同化を推進中です。内政干渉と言うなら、ウイグル族の収容所を国際社会に見せるべきですが、絶対見せません。虐待の史実を見せられないのでしょう。
最近は国際法規・秩序は無視、スプラトリー諸島を強引に占領、大規模な埋立を行い、軍事要塞化をしました。国際司法裁判所の判決を無視、居座っています。また、高度な一国二制度も無視、香港を僅か一年でダンマリ世界にしました。単に民主化を叫んだ周庭さん、黎智英さん、民主派議員等は逮捕され、強力な情報統制の下、現状全く判りません。法は共産党の為にあり、好き勝手し放題です。
現実、中華民国と言う国でありながら、中国共産党は台湾に侵攻しようとしています。内政干渉など理に会わず、正に他国侵略。日本固有の領土尖閣には領海侵犯が頻繁で、遺憾のレベルではなく、正に有事の状態です。

中国共産党の覇権主義・非人道主義を批判せず、傍観するのは北朝鮮・露などの独裁国だけです。同類項ですからネ。露は北海道占領をし兼ねません。

自由台湾の有事は日本の有事と考えるべきです。台湾が占領されたら、次のターゲットは日本になります。脅しのヤクザ中国共産党は毎年軍事費を増強、既に日本の約3倍もあります。数年以内に米国を追い越しかねません。
戦争は誰でも嫌ですが、お頭習近平はじめ中国共産党は戦争したがっているとしか思えません。自由日本を守る為には、負けられません。
丸腰の日本が好きな連中を相手にする暇はありません。万一、台湾・尖閣を占領しかかったら、中国共産党から中国を開放する位の防衛力強化が急務です。非核三原則に拘っていたら日本国が滅びかねません。
日米安保条約も大事ですが、日本人が自国の平和を守る気がなくて米国が助けるとは思えませんな。
    • good
    • 1

シナの覇権主義、古代王朝から国力有る時は拡大-衰退して来たら縮小の繰り返しです、漢民族王朝は国力有る時に拡大して置かないと又異民族王朝に成る恐怖の記憶が〇イツラ、北京はモンゴル.満州異民族王朝の首都でした。

    • good
    • 0

民主主義国家以外では中国に反対する国は少ないです。


これが国際世論です。

と言うことは、先進国は科学技術や軍事力、経済力は一流ですが、特に軍事力が発展途上国以下で微力なら世界の誰も相手してくれないと言うことでしょう。
大国は圧倒的な軍事力を台頭に科学技術力や経済力を獲得している。
つまり、喧嘩の強い奴に世界は振り回されている形態なのです。
この形態は中国の内政と酷似です。
それは中国が自ら言っているのではなく、中国の内政干渉問題に触れるのは良くないとする国際世論の主張です。
中国はこの国際世論を味方に図に乗って枕を高く安眠している日々を送っているのです。
この手に関し、国際的には残念ながら民主主義国家の思想は少数派です。
中国に人道的なる行為を求めても無駄です。
我々民主主義国家の者が描く人道的な行為
を多くの国々が賛同しません。
まだまだ現在も強い者が弱いの者を従わせるのが常識とする社会です。
圧倒的な軍事力で大日本帝国は滅びました。
そして、その軍事力で日本はアメリカに屈し従ったのです。
この時から世界は何一つ進歩してません。
    • good
    • 1

アメリカはトランプの時代に(同盟国も含めた)他国に譲歩させても「米国第一主義」を高らかに唱えましたからねぇ。

中国が自国の利益を最大にする行動をとるのも似たようなものです。

中国がもっとも守るべき最優先事項は、共産党の一党支配による権威主義体制(ヘゲモニー政党制)であって、人道ではありませんから。

中国は中華人民共和国が正式名称ですが、人民のためにあるわけではなさそうです。
    • good
    • 1

中国の利益を優先しています。

中国国民も、ウイグルの人権侵害を批判したH&Mの不買運動をしたりしていますから。
しかし、日本も経済的利益を優先してウイグルでの人権侵害の批判を控えていますからねえ…。欧米が人権侵害を批判している中、中国を擁護するのは天安門のときと一緒です。

ウイグル問題、踏み込まぬ日本 「ジェノサイド」国際社会が非難
米政府は新疆ウイグル自治区での人権弾圧を「ジェノサイド」と認定したが、日本はそうした認定には慎重だ。
https://mainichi.jp/articles/20210410/dde/007/03 …
    • good
    • 0

ロシアは、かつてのソビエト社会主義共和国連邦が瓦解した後に新たに作られた統治体制ですが、ソビエトの権威主義・強権主義の下で力を握った者の政治権力が維持されたことで、社会主義というイデオロギー的性質は薄くなりましたが、逆に権威主義・強権主義は強化された印象です。



中華人民共和国は、共和国とは共産党員の国ということだそうで、共産党員ではない者の人権は守られない体制です。
その思考は独善的で、振る舞いは傲慢です。
そうしないと「共産党員」という特権階級を維持できないのでしょう。
そのため、権威主義・強権主義的に国家統制を強めて押さえつけないと支配体制を維持できないと考えています。

権威主義・強権主義的な国家統治スタイルが共通するロシアと中国は、互いの国家体制を正当化するための有力な賛同者であり、歴史的なパートナーでもあります。

ロシアが「台湾は中国の一部である」という「1つの中国」を支持しているのはそのような事情によります。

中国における「人道」や「人権」は、共産党員のための言葉でしかなく、「中国人民(共産党員)が選択したことを外野がとやかく言うな」というのが基本姿勢です。

「人民解放軍」は「共産党員支配のための武力統治機構」で、人道の意味するものは欧米流民主主義的価値観で考えるものとは全く異質です。

中国共産党員にとって、20世紀前半の欧州列強に支配された屈辱感からくる不信と反発が根深く、その端緒となった日清戦争の敵国である日本への恨みはこびりついて拭い切れないものでしょう。
まして、その後の日中戦争での戦争被害への憤りもあって、日本が戦争で負けたことによって「人民の主権」が回復されたと考えています。

繰り返しになりますが、中国で人権があるのは「人民=共産党員」であって、「国民=中国に国籍がある人」ではないのです。
その体制が何世代も続いているため、かの国では当然の前提のようになっているのでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング