最新閲覧日:

海外旅行で支払った税金が返ってくるって本当ですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (9件)

下の回答の補足です。


読み直したらよく分かりませんでしたので・・・。

私が使う手は、クレジットカードを使うやり方です。

払い戻し方法は、購入時(還付書類作成時)に決めなければ
ならないので、その時に「クレジットカードで」と指定するのです。

見苦しくなってすみませ~ん!!!
    • good
    • 0

どこの地域・国に行かれるんでしょうか?


それによって大きく変わってきます。
北米はみなさんが答えてみえるので・・・。

欧州ではたいていの国が還付されます。
税率が確か10~25%くらいはあるので大きいですよねぇ~!
ただし、方法とか間違うとあまりメリットがなくなってしまいます。

まず、金額制限があります。1店舗で1度に約1万5千円相当以上
の買い物のみが対象です。
その金額は必ず各店舗のレジに張ってあります。
なければ聞きましょう。

事務手続きは、簡単に言うと、パスポート・出国チケットを見せて
還付書類を作ってもらいます(封筒付き)。
あなたはそれを空港の出国税関(?)ブーズで見せてスタンプを押してもらい
ブーズ付近の専用ポスト(場合によっては帰国後、国際郵便で送付)へ
投函するだけ。

問題はRefundの方法です。
どなたかがrefundブーズで現金化と書かれてましたが手数料を取られるので
やめましょう。
手取りがほんのわずかになんてことにもなりかねません。
また、現地通貨建て小切手ってのもやめましょう。
帰国後、銀行経由で取り立て(現金化)するわけですが、銀行手数料がバカに
なりません。
私(の家族)がよく使うのは、購入店で「戻し入れ(refund)のチケットを
作ってもらい、上記の還付書類が届いたらrefundしてもらう手です。
これだと手数料は安い(記憶にないほど)、かつカード会社の交換為替レートはリーズナブルなのでOKです。
場合によっては、商品分と税金分の2枚のチケットを作ってくれて、書類が届かない時に初めて税金分をチャージする店もありましたよ。

入金は1~2ヶ月後です。
また、確か出国何日か前の買い物までしか対象にならないのでお気をつけ下さいね。せっかく期待していたのに空港で却下なんてのはショックですから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:56

私は初めての海外旅行がカナダでした。


そのときに偶然知ったのですが、いくらか以上の買い物をすると
税金が返ってきます。ヴァンクーヴァーではFour Seasonsの地下で返金してくれました。普通は空港で返金なのですが、これは街中でよく、戻ってきたお金をまた使えるということで重宝しました。
カナダに行くときは覚えておいた方がいいですよ。レシートを必ず持っておきましょうね。
ただし、未開封、未使用に限ります。(持っていくまでは)
また、宿泊費、食料費は対象外です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:57

すでに多くの方が回答されているとおりです。


フランスではデタックス、
イギリス他、(一般的な英語では)タックス・リファンドで通じると思います。

買うときにお店でパスポートを見せ、(見せなくていい場合もあるが本当は見せなきゃいけない)書類を作ってもらい、空港で荷物を預ける前か後に(空港により多少異なる)税関に品物を見せスタンプをもらう必要があります。Cash Refundのカウンターがあればその場で現金でもらえますし、そうでなければスタンプを封筒に入れて投函し、キャッシュカードにマイナス額の請求が来る形で2ヶ月くらいで戻ってきます。
手数料を引かれるので、戻ってくるのは経験的には10%くらいです。旅行中の貴重な時間と手間を取られるので、大きな買物でなければ私はやらないことも多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:57

こんばんは。



これは旅行する国によって異なります。
例えばカナダの場合は、旅行後所定のフォームを利用して申請することによって、
支払った税金の一部が変換されるのですが、手続が非常に面倒で時間もかかり、
手数料もかかるので、払い戻し額は微々たるものです。
現地で相当のお買い物をしない限り、得した気分にはなりません。
州によっても違うようですし、元々課税されないものもあるようです。

次にアメリカのルイジアナ州の場合。
こちらは非常に簡単で、手数料はかかりますが、ルイジアナ州内から他州や他国へ出る空港で簡単に手続が出来ます。
購入した際のレシートとパスポート、チケットを提示するだけで、購入した品物を見せる必要はありません。
(簡単な書類の記入くらいは必要だったかもしれませんが。)
その場で現金で払い戻しをしてくれます。

ヨーロッパについてはあまり詳しくはないのですが、EU諸国最後の空港で出国審査後、
お店で作成してもらった書類を提出、購入した品物を提示して、その場で現金で払い戻しをしてくれたと思います。

私たち日本人には関係ないのでシステムなどはわかりませんが、
日本のデパートでも外国人旅行者を対象に消費税の払い戻しをしているのを見かけますよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:58

この場合の税金っていわゆる日本でいえば消費税などの商品購入に付随するものだと思いますが、帰ってくる国が結構ありますよ。

ただし、限度額などもその国によって違いますし、その変換率も違ってますので、個別に確認することが必要です。

払い戻してくれる国の場合は、その国を出るときに申請書を提出して、日本に戻ってきてから、だいたい1ヶ月から2ヶ月程度で戻ってきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:58

外国から帰ときに税関などに輸出税還付証明書(輸出免税物品販売店で買うとその紙をもらえます)を送ればいいそうです。


こういうのは話し出すとすごく難しいんでこれぐらいで・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:59

リタックスとか言った気がします。


アメリカなどは、税金を除いた金額で請求しますが、ヨーロッパでは課税された金額で請求します。これは、国が陸続きでつながっている国なので、一度EUを出なければ税金を免除してあげませんよー。ということらしいです。
なので、空港で、リタックスカウンターがあるので、そちらで手続きします。

まずは、買い物をするときに、「リタックスプリーズ」(ゴメンネー。英語知らないから)とか言うと、いくら以上はリタックスよ。と教えてくれます。

注)これは店によって金額が異なります。

で、キャッシュでもカードでもなんでも対象になります。
お会計を済ませたら、リタックスの申請書をもらうので、それをなくさずとっておきましょう。

このお店からいただいたものを、日本に帰る時の空港(コレ ミソね。フランスからベルギーへいくときはEUをでてないから、申請できません。)でカウンターに提出し、処理してもらいます。

だいたい2ケ月後ぐらいに指定の口座にふりこまれています。(カードなどの)
その場でもらうこともできるけど、金額が多ければ現金でもらっても空港内の免税店で何か買えるけど、少ない金額(とくにコイン)もらっても両替代がもったいないから私は振込みにしてる。

では よい旅を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/30 18:59

返ってくるところもあります。

免税申告書の記入などのある一定の手続きが
必要です。以下のサイトにヨーロッパ主要国の免税制度が載っています。

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~ots/tax.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2001/08/23 17:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ