とあるショップに勤務するものです。
そのショップは2階建てなのですが、冬に暖房すると
2階はめちゃくちゃ暖かく、1階はかなり寒いんです。
吹き抜けでつながっているのですが、2階に暖気がたまってしまうのです。サーキュレイターで解決できるでしょうか。良い文献、相談できる所などご存知でしたらおしえて
下さい。温度差が激しいので冬は皆体調を崩してしまいます。自律神経がやられるみたいです。冬までに解決したい!お客様もかわいそう!

A 回答 (2件)

空気調和衛生学会?のハンドブックに.空調設計全般について記載があります。


配管ハンドブックに空調に関する記載があります。
探してみてください。

簡単に言えば.2F天井にダクトファンをつけて1F床付近から排出するようにする方法です。
    • good
    • 0

吹き抜けがどのようになっているのかわかりませんんで、適切ではないかもしれませんが、部屋の大部分が吹き抜けであれば天井扇(天井で大きな羽が回るもの)という手もあると思います。

デザイン的にも見栄えがしますね。

○菱電機の例ですと、
http://www.lsg.melco.co.jp/kaden/bin/lineup/prod …

また、吹き抜けが階段付近だけ等、限定されるなら「エアカーテン」ということも考えられます。1階の暖気が上に上がっていく道を「空気のカーテン」で仕切る仕組みです。

日○製作所で、
http://www.vanet.hitachi.co.jp/public/Div/iced/p …

サーキュレイターは、普通の天井(2.4m程度)付近の空気を下に降ろす程度の能力のはずですので、2階の天井にサーキュレイターを設置しても、1階の床までは空気が回らないのではないでしょうか。
また、人の出入りが多いのであれば、玄関からの冷気の侵入も1階が冷える原因の一つかもしれません。これならエアカーテンが有効かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
各メーカーのHPを見て、なにかヒントが得られるかも
しれません。環境改善にがんばります。

お礼日時:2001/08/23 22:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2階リビングと吹き抜け

北西向きの土地で家を建てるとき(リビングは東南に配置)、日当りを確保するために
皆さんは2階リビングと吹き抜け、どちらを選びますか?

できれば理由も教えてくださーい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吹き抜けです。
我が家も家を建てるとき悩みました。やはり決め手は階段の登り降りでした。食料品など運ぶのは結構重いし、誰か来るたびに下におりないといけないし。

吹き抜けにして良かったですよ。吹き抜け上部はトップライトがあり壁側も窓で、とても明るいです。床暖房にしたので、寒さはきになりません。

嫌なとこといえば、上から日がさすのでホコリがばっちり見えてしまうところでしょうか。それから、2階の吹き抜けの横の部屋は階下の音が良く聞こえ少々うるさいです。

Q畳の部屋は冬は暖かいですか?

畳の部屋は冬は暖かいですか?実家では別の部屋との差を感じないのですが・・・・

Aベストアンサー

アンケートではないので、本気で回答します。

基本的に、温度や体感で言えば、同じ温度同じ湿度なら、どちらが暖かいと言うことはまずありません。すきま風などがあるなら、場合によっては畳の間の方が寒いでしょう。そして、古い住宅だと、その確率が高いのは、畳の間です。(一軒家の場合、畳の下張りは比較的簡素であり、床下の空気が多少上がってきます)

ちなみに、ある条件を満たすと畳の間の方がフローリングやタイルに比べて暖かく感じます。
それは、同じ場所に座って留まる場合です。畳は、衣服や皮膚(足など)に接触する接地面が少なく、藺草の編み目に空気が多く含まれているため、いわゆる毛布と同じような断熱効果があります。

詳しく説明すると、熱伝導率という概念に基づくと、木の床に直接肌や衣服が触れていると、そこに接している皮膚や衣服の熱はある程度の速度で、徐々に逃げていきます。まあ、これは特に金属だとより早くなりますが、夏場に触れて冷たくて気持ちが良いと思う、鉄の棒や、フローリングの床などは、いわゆる熱伝導が高いため、早く熱を他に逃がす特性があるのです。
それに対して、畳、毛布などは実は熱を貯める力が格段に強いのですよ。

何故か?そもそも、熱伝導率が低いのは物質よりも空気だからです。畳の場合は編み目の間に空気が多く入っています。また、藺草の中も乾けば空洞であり、空気です。だから、熱を含むまでに少し時間は掛かりますが、一度暖まると熱をフローリングに比べて逃がさないという特性があるのです。

要は、長時間座布団などを使わない状況で座していると、畳の方が冷えにくいと言えます。
また、一度部屋や床(畳)が暖まると、下から空気が抜けてくるような完全な畳間を除けば、比較的長く暖かい熱を持ち続けるという特性もあります。

ただし、純和室の場合は、畳の下は床下の空間になることも多く、軒下からの空気が上がってくる間もありますので、必ずしも暖かいとは限りません。

要は、家の断熱構造がどのようになっているかによって、寒い場合もあるのです。

アンケートではないので、本気で回答します。

基本的に、温度や体感で言えば、同じ温度同じ湿度なら、どちらが暖かいと言うことはまずありません。すきま風などがあるなら、場合によっては畳の間の方が寒いでしょう。そして、古い住宅だと、その確率が高いのは、畳の間です。(一軒家の場合、畳の下張りは比較的簡素であり、床下の空気が多少上がってきます)

ちなみに、ある条件を満たすと畳の間の方がフローリングやタイルに比べて暖かく感じます。
それは、同じ場所に座って留まる場合です。畳は、衣服や皮膚...続きを読む

Q2階を吹き抜けのリビング(ロフトつき)にした場合のメリット、デメリット

30坪の南道路に面した住宅地に戸建を新築します。
2階を吹き抜けのリビング(ロフトつき)にして、風呂場、仕事場、寝室を1階にする案が出ています。
自営業なので、普段は家で仕事をしています。
この間取りのメリット、デメリットは、どんなことがあるでしょうか?
設計に当たって、何かアドバイスもあればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.屋根面に通気層を設け、屋根面の熱を逃がす構造にすることで室内側に熱が伝わりにくくする
2.室内側2Fロフト頂上部に換気装置を設ける
 (今は24時間計画換気システムが義務ですからそれをそこに設ければOK)
3.高気密・高断熱設計として、暖房や冷房にかかわる体積をできるだけ縮小する
4.2F高さ自体を低めにする

以上の対策により、冷暖房効率の問題も臭いや汚染の問題も、ロフト部が暑くて利用できない問題も解消します。

Q地震の際 木造2階の建物で1階と2階どっちが安全か

一般的な木造2階建て建物について質問します。こうした建物が何らかの損傷を受けるような規模の地震に遭遇した場合、1階に居る場合と2階に居る場合のどちらが、より安全なのでしょうか? 地震の際、とにかく建物の外に出る方が安全とすれば、外階段などを使わずに出ることができる、1階に居た方が出やすいとも思います。しかし2階部分の重量が掛かっている1階の柱や壁などが、2階より先に傾いたり損傷を受ける確率が高いのであれば、1階に居ても外に通じる戸口などが損傷を受ければ外への避難は出来なくなってしまうことも考えられます。 時々TVで放映される木造建物の耐震実験などによる科学的なデータに基づく、この事項についての学説があるのでしょうか? ご回答頂きたくよろしくお願いします。 木造2階立て木造の建物といっても、いろいろな条件などがあろうかと思いますか、ごく一般的な普通の建物に関してで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐えてくれればいいのですが、古い家屋はほぼ全部といっていいくらい潰れました。
まだ起きている時間ならば咄嗟に逃げたりテーブルの下へ潜り込んだりすることも可能かもしれません。しかし、寝ている深夜早朝に被災した場合飛び出す余裕はありません。

また、救出作業では、2階は比較的原型を留めていたことと瓦を剥がせばすぐ部屋に侵入できたので素早く救出することできました。一方、1階は高さ1mくらいまで圧縮された上に2階部分の床が作業の手を阻みました。
大変残念なことですが、長田区近辺では倒壊した家屋の下でまだ生存していただろう人が火に飲まれて亡くなりました。

津知町や清水町など戦後から残っていた古い家屋で、足の悪い年寄は1階で寝ていた為、多くの方が圧死しています。可能な限り2階で寝るほうが安全でしょう。

余談ですが、家じゅうがガラスや食器の破片だらけになりますから、ベッドの近くにスニーカーを用意しておきましょう。
切り傷、釘の踏み抜きなど、日ごろだったら大怪我の部類ですが、非常時にはその程度は怪我の内に入りません。治療は重症患者が優先されますから、避難生活の間、ずっとつらい思いをすることになりますよ。

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐え...続きを読む

Q中古3階建てマンション(エレベーターなし)の1階と3階が同値、どちらがいい?

同じ3階建てマンションの中で2部屋売りに出ており、1階と3階が同じ価格です。一般的にはどちらを選んだ方がいいでしょうか?

条件は以下のとおりです。

*新築時の価格は、1階が3140万、3階が3470万、1階の方が2m2のみ小さいが、天井が和室・洋室で10センチ高い(リビング・キッチンは同じ)。

*南側には2階建ての有名企業の社宅があり、まだ新しいが、将来そこに3階建ての建物が建たないとは限らない。(現在の1階の日当たりは悪くない)

*3階バルコニーからの眺望は、社宅の屋根が前面に広がりたいしたことはない。

*1階にはテラスが付いている。ただ大きさは14m2ぐらいで、3階のバルコニーの10m2とさほど変わらない。

*1階はエントランスに15センチ程の段差があるが、ほぼバリアフリーといえる。(3階はエレベーターなしの階段のみ)

*管理人は非常駐、またオートロックでもないが、今まで防犯上、問題はなかった。

資産価値はほとんど期待していません。ただ、今後売却しなくてはならなくなった時に、少しでも高く、少しでも売りやすい方にしたいと思っています。

ぜひよいアドバイスをいただけますよう、お願い申し上げます。

同じ3階建てマンションの中で2部屋売りに出ており、1階と3階が同じ価格です。一般的にはどちらを選んだ方がいいでしょうか?

条件は以下のとおりです。

*新築時の価格は、1階が3140万、3階が3470万、1階の方が2m2のみ小さいが、天井が和室・洋室で10センチ高い(リビング・キッチンは同じ)。

*南側には2階建ての有名企業の社宅があり、まだ新しいが、将来そこに3階建ての建物が建たないとは限らない。(現在の1階の日当たりは悪くない)

*3階バルコニーからの眺望は、社宅...続きを読む

Aベストアンサー

私も最近、マンションを購入しまして、ご質問にあるような3階建てEVなしの物件も検討しましたので、その経験から少しご意見させていただきます。

まず、一生住まうつもりなら、当然ですが、EVなしは老人にはきついです。
将来、売却するつもりなら別に2階以上でもいいと思います。
それから1階というと防犯上よろしくないと思われがちですが、通りに面している物件ならばむしろ安全です。
2階以上の方が防犯の意識が低く、外に音が漏れないので狙われやすいです。

それと私がマンションを購入するのに一番気になってしまうのが、水漏れです。
最上階は雨漏りの被害を受ける可能性もあります。(意外と屋上に亀裂が入って雨漏りというケースは多いようです)
それと自分が加害者になってしまう場合。洗濯機のホースが抜けて階下に水漏れしてしまうのが怖いです。
そういう心配のない1階にしたかったです、私は。
(うちは結局、最上階を買いました。望んでなかったのに、それしか空いてなかった)

通気性がよく開放感のある間取りならば、1階でも湿気や暗さの心配はないでしょうし、私なら1階がいいなあ・・・

私も最近、マンションを購入しまして、ご質問にあるような3階建てEVなしの物件も検討しましたので、その経験から少しご意見させていただきます。

まず、一生住まうつもりなら、当然ですが、EVなしは老人にはきついです。
将来、売却するつもりなら別に2階以上でもいいと思います。
それから1階というと防犯上よろしくないと思われがちですが、通りに面している物件ならばむしろ安全です。
2階以上の方が防犯の意識が低く、外に音が漏れないので狙われやすいです。

それと私がマンションを購入する...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報