この訳分かりますか?
教えてください。

A 回答 (1件)

「より多くの利益が私をこんなにもやる気にさせる。



と言ったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
すごく助かりました。

お礼日時:2001/08/23 20:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q訳見てください。訳し方で分からないところ教えてください

おはようございます

Are you feeling any better? I do remember you telling me about 〇kun.
あなた大丈夫?あなたが私に言った〇君のことちゃんと覚えてるよ

Will you be going to the funeral?
お葬式行くでしょ?

△ must be a very sad place to work at the moment.
△は働くには今はとても悲しいね。
(△は会社名です)

2番めの文のWillとbe going toですが、
これは、どういう形と、意味をなすんですか?
Willとbe going toは本来同じですよね?

お願いします。
数日前に同僚がなくなりその事実を伝えたら
この返事がきました。

お願いします

Aベストアンサー

#2です。すいません,結論を忘れていました。結局,will be goingという未来進行形で,「...することになる」という未来の予定を表します。予定といっても,自らの意志というより,「なりゆき上そうすることになる」のような意味合いで,今回の場合は,「同僚だから,お葬式に行くことになるよね」という感じだと思います。でも,「同僚だから仕方なく行く」のような意味では決してありませんので,誤解なさらないように。

Q英文と自分の訳があってるか、また、正しい訳を教えて欲しいです

訳を聞きたいです

(1)It would be just as much of a misunderstanding to assume that body gestures and movements are
only a colorful decoration to speech.

自分で訳すと
体のジェスチャーや動きは演説を彩る飾りにすぎないと考えるのは多くの誤解がある。という訳はどうでしょうか?
just as でちょうど~のように、とするのか、as much of のほうが何かの熟語なのか、ちょっとよく分からず
うまく訳せません。


(2)More often than not, the final message is quite different from the original one.

More often than notの訳が難しいので、どういう役割かを聞きたいです
自分で訳すと
ほとんどの場合、最後のメッセージはもともとのものとはかなり異なる、という訳になりますが、どうでしょうか?


(3)Less than 50 % of what he says on the taped exercises in the language laboratory.

exercisesがVで、Less than 50 % of what he says on the tapedがSにあたるんでしょうか?
難しくて、自分でうまく訳せないです・・。
録音されたテープで彼の言うことの50パーセント以下を用いる、とかでしょうか?
the taped もよく分からず、exercisesもうまく訳せません・・。


(4)It is more difficult to understand a language, be it your native language or a language you are studying,
if you do not see the speaker.

これはifの文はわかるんですが、その前の文のbe it がよくわかりません。
It is more difficult to に続いているんだろうと思ったのですが、be動詞の後にitという名詞が来ています。
そのitという名詞の後にさらに、your native language or a language you are studyingという名詞がきていて、混乱してます。
また、itが何をさしているのか、それも分からないので、自分で訳すことが出来ません・・。


長くなりましたが、おねがいします。

訳を聞きたいです

(1)It would be just as much of a misunderstanding to assume that body gestures and movements are
only a colorful decoration to speech.

自分で訳すと
体のジェスチャーや動きは演説を彩る飾りにすぎないと考えるのは多くの誤解がある。という訳はどうでしょうか?
just as でちょうど~のように、とするのか、as much of のほうが何かの熟語なのか、ちょっとよく分からず
うまく訳せません。


(2)More often than not, the final message is quite different fro...続きを読む

Aベストアンサー

(1)It would be just as much of a misunderstanding to assume that body gestures and movements are only a colorful decoration to speech.
as much of ....で「~ほどの」といった意味になると思いますので、この文全体では「体のジェスチャーや動きは演説を彩る飾りにすぎないと考えるのは誤解といってもいいだろう」くらいのところでは。

(2) more often than not で「大抵、しばしば」(100回のうち51回以上。51%以上の確率で)だそうです。
このまま"more often than not" をこちらで調べると出てきますよ。
http://www.alc.co.jp

(3)Less than 50 % of what he says on the taped exercises in the language laboratory.
これは完全な文ではなくて、前の文から意味的に続いているのではないでしょうか。taped exercisesは「録音された練習」ではないですか。
「LL教室での録音練習で話すものの50%以下だ」

(4)It is more difficult to understand a language, be it your native language or a language you are studying, if you do not see the speaker.

,be it...you are studying, の部分は譲歩をあらわす節で、倒置されていますね。
有名な文で言いますとBe it ever so humble, there's no place like home. = However humble it may be, there's no place like home.
これと同じ形だと思います。

で、今回の文ではこの部分が挿入されているわけで、文全体を訳しますと「それがあなたの母国語であろうと勉強している言語であろうと、もし話し手が見えなければ言葉を理解するのはより難しくなる」

(1)It would be just as much of a misunderstanding to assume that body gestures and movements are only a colorful decoration to speech.
as much of ....で「~ほどの」といった意味になると思いますので、この文全体では「体のジェスチャーや動きは演説を彩る飾りにすぎないと考えるのは誤解といってもいいだろう」くらいのところでは。

(2) more often than not で「大抵、しばしば」(100回のうち51回以上。51%以上の確率で)だそうです。
このまま"more often than not" をこちらで調べると出て...続きを読む

Q訳してみたのですが、おかしい訳になってしまったので教えて下さい。

Writer Alfred Yuri who also wrote the play, said it interested him to write about two minority figures, one who was able to come to terms with being a victim of prejudice, and one who wasn't.

それもかいた作家のアルフレッドユリは約二人の少数の人の姿を書いた彼に興味があった、一人は偏見を持たれた犠牲者になる関係になることができた、もう一人はできなかった。

Aベストアンサー

the playは芝居で、戯曲または脚本のことでしょう。theとあるので、おそらくいま話題になっている小説と戯曲の両方を書いたということではないでしょうか。

「それは彼に興味があった」であれば、It was interested in him.になるはずです。ここでは受動態になっていないので、「それは彼の興味をひいた」、つまり「彼はそれに興味があった」と考えるべきでしょう。

about ~で「~について」という意味です。「約2人」ではありません。

minorityは日本語でもいう「マイノリティ」、つまり「少数民族」という意味で、単に少数の人ということではありません。

figuresは辞書を見ると「人」という訳語もありますが、ここではその人の生き方のようなものを表しているので、「姿」という訳は問題ないと思います。

come to terms with ~で、「~を受け入れる」という意味になります。
http://eow.alc.co.jp/come+to+terms+with/UTF-8/

one はfigureを指し、who was、who wasn'tはそれを説明しています。ここでは、「1人はできた、1人はできなかった」ではなく、「1人はできた人、1人はできなかった人」と言ったほうが、いいでしょう。

英語では「○○ who ~」というふうに○○という対象について後から説明することが多いのですが、日本語ですべてそれを前に持ってきて「~という○○」と訳していると、非常にわかりにくい文章になってしまいます。適当なところで文章を切って訳していった方が、わかりやすくなるでしょう。ということで、だいたいこんな感じでしょうか。

------
作家のアルフレッド・ユーリはその戯曲も書いたのだが、自分は2人のマイノリティを書くことに興味があったのだと言った。1人は偏見の犠牲者になることを受け入れることができた人物、もう1人はできなかった人物だ。
------

the playは芝居で、戯曲または脚本のことでしょう。theとあるので、おそらくいま話題になっている小説と戯曲の両方を書いたということではないでしょうか。

「それは彼に興味があった」であれば、It was interested in him.になるはずです。ここでは受動態になっていないので、「それは彼の興味をひいた」、つまり「彼はそれに興味があった」と考えるべきでしょう。

about ~で「~について」という意味です。「約2人」ではありません。

minorityは日本語でもいう「マイノリティ」、つまり「少数民族」と...続きを読む

Q次の文の訳があっているか教えてください。お願いします。

次の文の訳があっているか教えてください。お願いします。
ather Louis Hennepin, O.F.M. baptized Antoine, (12 May 1626 ? c. 1705) was a Catholic priest and missionary of the Franciscan Recollect order (French:R?collets) and an explorer of the interior of North America.
神父ルイ・ヘンネパン、アンソニーに洗礼を受け(1626年12月~1705年)はカトリックの宣教師であり、フランシスコ教会ロレッタの命を受けた北アメリカ内陸部の探検家です。
Hennepin was born in Ath in the Spanish Netherlands (now in the province of Hainaut, Belgium).
ヘンネパンは南ネーデルランドのアースで生まれた(今ではベルギーのエノー州のこと)
In 1659 B?thune, the town where he lived, was captured by the army of Louis XIV of France.
1659年にベテュヌの町でかれはフランスのルイ十四世の軍によって捕えられた。
At the request of Louis XIV the R?collets sent four missionaries to New France in
May 1675, including Hennepin, accompanied by Ren? Robert Cavelier, Sieur de la Salle.
1675年12月にニューフランスにのルイ十四世の要望を受けヘンネパンを含む宣教師が派遣されました。同行者の中にはレネ・ロベルト・ケルヴァー、ラサールもいた。
In 1678 Hennepin was ordered by his provincial superior to accompany La Salle on a voyage to explore the western part of New France.
1678年にはヘンネパンは彼の地方の上司の命令で、ニューフランス西部の探検家としてラサールに同行して航海した。
Hennepin was 39 when he sailed in 1679 with La Salle from Canada through the Great
Lakes aboard Le Griffon to explore the unknown West.
ヘンネパン39歳の時の1679年にラサールと共にカナダから五大湖を通過し未知の西部を探検するため、レグリフォンに乗って帆走した。
Local historians credit the Franciscan Recollect friar with being the first European to step ashore at the site of present-day Hannibal, Missouri.
地方の歴史家たちはフランシスコ会のロレットの修道士が最初にミズーリに上陸したヨーロッパ人だと記してます。
Two great waterfalls were brought to the world's attention by Louis Hennepin: Niagara Falls, with the most voluminous flow of any in North America, and the Saint Anthony Falls in what is now Minneapolis, the only waterfall on the Mississippi River.
二つの巨大な瀑布は世界の注目の的としてもたらされたのもヘンネパンでした。ナイアガラの滝は北アメリカのいくらかの広大の流れとして、今のミネアポリスのセイントアンソニー滝はミシシッピー上流だけにしかないものとして。
Hennepin never returned to North America and died in Rome.
ヘンネパンはローマで死ぬまで北アメリカからけして戻らなかった。

次の文の訳があっているか教えてください。お願いします。
ather Louis Hennepin, O.F.M. baptized Antoine, (12 May 1626 ? c. 1705) was a Catholic priest and missionary of the Franciscan Recollect order (French:R?collets) and an explorer of the interior of North America.
神父ルイ・ヘンネパン、アンソニーに洗礼を受け(1626年12月~1705年)はカトリックの宣教師であり、フランシスコ教会ロレッタの命を受けた北アメリカ内陸部の探検家です。
Hennepin was born in Ath in the Spanish Netherlan...続きを読む

Aベストアンサー

いくつか気になったところがありますが・・・

>In 1659 B?thune, the town where he lived, was captured by the army of Louis XIV of France.
1659年に、彼が住んでいたベテュヌの町はフランスのルイ十四世の軍によって占領された。
*人なら捕らえられた、となりますが、町や領地などは「攻略」とか「占領」という訳し方があるようです。

>Two great waterfalls were brought to the world's attention by Louis Hennepin: Niagara Falls, with the most voluminous flow of any in North America, and the Saint Anthony Falls in what is now Minneapolis, the only waterfall on the Mississippi River.

二つの巨大な瀑布を世界の注目の的としてもたらしたのもヘンネパンでした。

ナイアガラの滝は北アメリカの(滝の)中で最も流量が多く、セントアンソニー滝は現在のミネアポリスにありますが、ミシシッピー川で唯一の滝です。

*with the most voluminous flow of any in North America にあるany は滝を指します。
*セントアンソニー滝は、この文章ではミシシッピー川の上流にあるかどうか、というのは示されていません。on the Mississippi Riverはミシシッピー川で、と訳すのがいいかと思います。

>Hennepin never returned to North America and died in Rome.
ヘンネパンはローマで死ぬまで北アメリカに戻ったことはなかった。

*北アメリカ「から」ではなくて、北アメリカ「に」です。

いくつか気になったところがありますが・・・

>In 1659 B?thune, the town where he lived, was captured by the army of Louis XIV of France.
1659年に、彼が住んでいたベテュヌの町はフランスのルイ十四世の軍によって占領された。
*人なら捕らえられた、となりますが、町や領地などは「攻略」とか「占領」という訳し方があるようです。

>Two great waterfalls were brought to the world's attention by Louis Hennepin: Niagara Falls, with the most voluminous flow of any in North America, and the...続きを読む

Q訳の修正や正しい訳を教えてください。

サイトでやり取りをしている方なんですが、今回の英文でわからない部分があります。
I actually live in o-taku but not many people know where that is at so thats why i said sibuya. I know where nagoya is. You speak real good English. I'm trying to learn Japanese but I dont know where to start. Are you Japanese?
自分で訳をしてみます。
実は大田区にすんでいるんだ。。???。。。名古屋がどこにあるか知ってるよ。君はいい英語を話してるよ。私は日本語を勉強しようとしているけどどこからはじめていいかわからない。君は日本人?

おねがいします

Aベストアンサー

but ... sibuya. まで、訳します。その他は、きれいな訳です。

--- 拙訳 ---
「でも、そこ(大田区)がどこなのか知ってる人が少ないんだ。そういう訳で、(ぼくは)渋谷って言ったんだ。」[意訳]

以上、少しでもお役に立てたでしょうか?★★


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報