教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

不正軽油とはどのようなものですか?どこで手に入れているのですか?また、それを使うことでどのようなデメリットが生じるのでしょうか?

「不正軽油とはどのようなものですか?どこで」の質問画像
gooドクター

A 回答 (8件)

>不正軽油とはどのようなものですか?



 一般的には、軽油に灯油を混ぜたものを指します。

 自動車用燃料には税金がかかり(軽油の場合は『軽油引取税』というのがあり、これが1リットル当たり32円10銭かかります)、自動車用燃料税がかからない灯油を入れると、その分安くなります。

 勿論、灯油だけではまともな馬力は出ないし、ススも出まくります。しかし一度に400リッターもの燃料を入れるトラックでは、例えば10%を灯油にするだけでも、年間では結構な燃料代の節約になります。

 昔はこの『灯油で薄めた軽油』がかなり流行りましたが、当然脱税になるので、『不正軽油』と呼ばれました。

>どこで手に入れているのですか?

 昔は他所より安い軽油を売っているガソリンスタンドがあり、そういうところでは灯油を混ぜた軽油を売ってましたが(反社会的勢力の資金源にもなっていました)、脱税で軒並み検挙されたので、今はかなりアングラなスタンドだけだと思います。
 現在では、車両所有者である運転手や運送屋が、輸送コスト削減の為に独自に灯油を混ぜるケースが多いです。

>それを使うことでどのようなデメリットが生じるのでしょうか?

・・・昔のディーゼルだと、1割ぐらい灯油にしても、若干馬力は低下しますがそれ以外の影響はゼロ・・・とまでは言わないまでも、殆ど影響は無かったのですが、複雑な排ガス装置が付いている現代のディーゼルエンジンでは、長期的に見ると排ガス装置を確実に痛めます。

 ところで。

 ガソリンにしてもディーゼルにしても、自動車用燃料には専用の税がかかっており、更に購入時に消費税がかかります。
 これ、明らかに二重課税で、法律で禁止されています。
 この問題を指摘し、政府に見直しを要求している団体もありますが・・・是正される様子は全くありません・・・。
    • good
    • 2

不正軽油は普通経由に灯油を混合して税金を節約するためにやることが多いです。


経由に重油を混ぜることもあります。黒鉛の原因だったりします。取り締まりでは灯油に入っているクマリンを検出して取り締まります。
要するに脱税経由の事です。
    • good
    • 1

ディーゼルエンジンは灯油で作動します。


ただし灯油と軽油は精製段階での差があり、灯油の方が発火点が低いため、燃料タンク回りのゴムの劣化を早めたり、エンジンやガスケット部分の劣化に繋がる可能性があります。
また燃料ポンプの異常にもつながる可能性があります。
灯油や不正軽油を入れた場合、排気ガスが白くなることがあり、取締りを受けると現行犯逮捕となります。
軽油税の脱税と不正燃料使用で厳罰となります。
不正軽油取引は闇ですし、反社会的勢力や北朝鮮系の地下組織などが取り扱っていることもあり、関わることそのものがデメリットです。
    • good
    • 1

軽油は軽油取引税という税金がかけられています。


正規の流通経路で販売されるものはすべてそうなります。
闇といわれるルートでの販売でこの税金を払っていなければ、すべて不正軽油、たとえ成分としては本物であっても、商品名、軽油では販売できません。
多くは正規の税金払った軽油に税金のかかっていない安い灯油を混ぜることで量を水増しします。
ディールエンジンは高圧で高温になった空気に燃料を吹き込みその時の温度で自己着火(自然発火)して爆発します、したがって発火点が低いほうが有利で使いやすい。
軽油、と灯油で発火点を比較すれば軽油のほうがやや低い、灯油を混ぜた分だけ高くなるとすれば、長年使用したエンジンで十分な圧縮圧が得られなくて温度も十分上がらなければ、自己着火しにくくなって始動性が悪くなることが考えられます。
また燃料噴射ポンプも潤滑が必要ですが、灯油では十分な効果が期待できないので軽油を使用することになったと聞いたことがあります。
燃料としては灯油で十分使用は可能らしい、灯油には軽油と区別が容易につけられるようにクマリンという蛍光物質が混入されています、それを化学的に処理して取り除けば見分けができなくなり、丸丸の脱税も・・・ただし、副産物として高濃度の硫酸を含む廃棄物が出ます。
    • good
    • 1

原油を、熱すると、やかんでお湯を沸かした時のように、蒸発します。

蒸発した気体を、冷却して、液体に戻すのですが、その蒸発する温度によって、ガソリンや軽油に、分かれるのですが、灯油と軽油は、ほぼ同じ温度で、蒸発します。なので、ディーゼルエンジンで、灯油も使えますが、灯油は、税金なし、軽油は、リッター32円なので、リッター115円、灯油は、78円。そこで、灯油を混ぜて、燃料代を安くする、脱税が、不正軽油です。
灯油には、わざと、軽油には入っていない、判別用の成分が、入れてあり、抜き打ちチェックをされたら、即分かります。
判別用の成分を、抜くアンダーグラウンド業者もいて、不正軽油はなくならないようですが、流通業界の、過当競争が、一因なのでは。
ちなみに、ガソリンの税金は、リッター53.8円+消費税という、税金に税金を掛けるという、訳の分からない、二重課税になっています(怒)
「不正軽油とはどのようなものですか?どこで」の回答画像5
    • good
    • 1

普通のガソリン(軽油)に、安い灯油を混ぜ混ぜ。


特に坂道での走りが悪くなるそうです。
長い目で見れば、エンジンが傷むといわれてます。
    • good
    • 1

トラックなんて増槽タンクつけると、何百リッターも入ります。



200リッターと考えても、6,400円ですよね。
長距離のトラックが200リッターって事はありません。もっと積んでます。

それが何百台もトラック所有してれば、×台数、×給油回数…

と、とんでもない金額になります。月額でも数百、数千万、年間だと億になる場合もありますよね。

それが違法軽油を使う理由です。
    • good
    • 2

灯油にナンタラとか言う薬を混ぜると、軽油もどきになる。


 それ自体環境に悪いが、大量に作ると硫酸がイパーイできる。
 20年くらい前、反社会勢力が副業で作って稼ぎにしていた。
 灯油は軽油税がない分、灯油もどきは激安に出来る。買う方にもメリットがあるので、そんなポスターが作られている。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング