教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

保育士の処遇を改善するにはどうすればよいか。

保育士の給料は限られた財源の中で運営費を差し引いて支給されているため、上がりにくいことは
理解しています。
家賃補助や役職手当等保育士の処遇改善について
近年取り上げられてきていますが、家賃補助は
ないところがほとんどです。役職手当も7年勤めて最大4万もらえることになっていますが、
長時間労働の上に残業代はなし、持ち帰り仕事もあるけれど薄給。
「誰にでもできる仕事だから」という理由も
話題になりましたが、本当にそんな扱いで
よいのでしょうか。

保育士になったことがある方は給料の安さや
地位の低さに違和感を味わったことがある方が
ほとんどではないでしょうか。

私は幼稚園教諭になり5年目の女性です。
4年大学を卒業し、保育士資格と
幼稚園教諭免許1種を持っています。
去年の給料と比べて3000円上がっていますが、
保険料や私学共済の控除により去年よりも手取りは1000円下がっています。
朝7時半〜6時半ごろまで働いて
保育中の休憩はなし。
私のような働き方をしている保育士が多くいて、
それ以下の方もおられることと思います。
子どもが好きでやりがいもあり
誇りを持って仕事をしていますが、
子どもに「ようちえんのせんせいになりたい!」と
言われたとき、嬉しい半面
同じ処遇で働いてほしくないと
思ってしまいます。
人間関係が理由にあがることもよくありますが、
給料が見合わない事で2.3年でやめてしまう人が
知り合いの中でも多くいます。
ベテランであっても給料に見合わないと感じているようです。
それなら保育士をやめればいいじゃないか、と
いう声があがるかもしれませんが
そのため潜在保育士が多数いるのです。
みんなやめてしまったら待機児童は
どうなるのでしょうか。

仕事量を減らすにもICT化等が検討されますが、
実際のところおちょうめんやおたより、
週案、個人記録、指導要録、壁面や行事の準備物
まだまだ削られていないところばかりです。
減らせばよいじゃないかという話なのでしょうか。
壁面は障害を持つ持たないにかかわらず集中しやすい環境にするためなくすほうが望ましいかもしれませんが、給料に見合わないからやめる、行わない
そんな基準でよいのでしょうか。
どんな保育を受けるかということは
日本の未来につながっていくと思います。

質問ではなく、気持ちをぶつける場となってしまったこと申し訳ありません。
ですが、こんな意見を出していくことで
保育のあり方を見直したいと思いました。
何か意見があれば嬉しいです。

gooドクター

A 回答 (7件)

誤解されている方がいらっしゃるので再度失礼致します。


保育業務にしか携わった事のない人材も勿論沢山いてますが、私を含め他職を経験して保育に携わっている保育士もいます。
また、内情を知らない方が多く、頭や想像でこうすれば良い、効率化が進むと言うのは簡単ですが…
保護者の方も一人の人間であり、家庭の多様化により、問題を抱えている家庭が増えています。
プレゼンとはまるで違い、ただ、話をとことん聞いて欲しい保護者も沢山いらっしゃいます。
また、一般常識をお持ちでない保護者、産後鬱や夫婦関係で情緒不安定な方もいらっしゃいます。
保育には「受容、傾聴、共感」を大切にしないと誤解が生じたり、保護者に安心を与えるどころか問題に発展してしまう可能性もあります。
こちらから伝えるよりも、保護者や子ども達からの声(言葉での声と心の声)を大切にしていかなければなりません。
時間だからと、途中で切り上げようと思えばその様にもって行く事は容易にできます。
残業手当もつかないと分かっていても、とことん話を聞く。(保護者や子どもがそれを望んでいるなら)
その積み重ねで信頼関係が構築され、人には話せない家庭の事情、悩み(子育て以外でも)それが引き出せる。
保護者や子どもに寄り添う…とは、そういう事でその時その問題だけを解決する事もあれば、そうではない事もあります。
家庭の背景やお母さん、保護者が抱えている子どもの事以外の悩みなどを知っていく事で、そのお子さんに対しての保育も変わり、園から出来るサポートや支援を考えていきます。
一般企業の業務やプレゼン、対仕事相手とのコミュニケーションとははまるで違う事をご存知ない方もいらっしゃると思いますし、理解出来なくても仕方のない事だと思います。
幼稚園は教育の場。保育園は福祉の分野です。
現在はこども園として、両方を担う園も増えてきています。
伝えるのにもタイミングや言い方が重要ですしね。
子ども成長や家庭環境(保護者の心理状況や状態)は日々変化しています。
そこに気付いたり、気付いていても業務が増えるから、関わらない保育士。
気付いた時に時間を取って、保護者がスッキリするまで話しに付き合う保育士。
時間を気にしつつ(自分都合)コミユニケーションを取る保育士。
保育士によっても様々です。
だから、効率が悪くなるんだ。
だから、忙しいと言う。人もいてると思います。
でも、自分の子どもの担任がどんな先生だったら信頼でき、安心して子どもを任せられるか?
自分の誰にも言えない悩みや心配、不安を聞いてもらいたいか?
一般の方が思ってらっしゃるよりも、家庭や保護者の悩みや状況は奥が深く、また個人個人の性格もありますから、寄り添い続ける事がとても重要です。
聴き、受け止め、共感しながら一緒に問題解決を探していく。
そこに時間も勿論考慮しながら、配慮しながら…
(相手にも時間がありますからね)
また、それを継続していく事で兄弟が入園された時はスムーズにいく事案もあります。
子どもについては、突然の事故や怪我は勿論、嘔吐や発熱といった突然の体調の変化への対応、喧嘩や様々な仲裁。(時間だからと切り上げる事、時間短縮出来ない場面)
また、そういった事(事故や怪我、病気など)に対しての書類作成。
発達障害やグレーゾーンといわれるお子さんもいますから、予測はたてて活動は進めますが、何年してもどれだけのお子さんや保護者と対話しても、予測不能な突発的な事がある現場です。
書類も適当には書けません。(どうでも良い書類はありません)
それに基き保育を進めたり、共通認識、情報共有など様々な意味もありますし、監査で園の評価にも繋がります。(ここまでしなくても…と思う書類はありますが)
業務内容は書ききれない程にまだまだあります。(幼稚園と保育園では多少違いがあります)
心理学はカリキュラムにも含まれていますし、定期的な研修や会議などて様々な事を学んでいく場も設けられています。(情報の共有や共通認識を持って取り組む為でもあります)
ですので、園によっての違いはあると思いますが、「習得しようとしない」という事はありません。
幼稚園教諭や保育士も人間ですから、間違いや失敗、慣れによるスピードの違い、得意不得意などありますが、そこは担任同士でカバーし合ったり、園全体で補い合ったりしています。
仕事というのは、どの仕事が楽で大変などはないと思います。
それぞれの仕事、業種で大変な部分や苦労はあります。
ただ、質問者様は業務内容に対しての価値(金銭的)が世間からも認められていない、仕事内容的にも評価されずらいという所で、悩みといいますかもどかしい気持ちなんだと思います。
個人個人での能力、性格、価値観、置かれている立場や状況などは様々ですからね。
人を育てた(我が子、部下など)事のある方なら、人育てがいかに難しい事か、おわかりになる部分もあると思いますが…
だからこそ、教育、保育に携わる人間は常に自己研鑽し続ける必要があります。(そこを分かってる人と分かっていない人がいるのもまた現状です)
賃金的な問題は税金で賄われている部分が大きいので、国民は出来るだけ税金は払いたくない。
でも、子どもを預けて働きたい、働かざるを得ない、保育園は増設される、保育士の質の低下が懸念されている。
という所は大きな問題だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思う事をそのまま代弁してくださり、あぁこんな保育者でありたいと思う言葉ばかりです。
保育という仕事はどこまで子どものことを想うかによってどこまででも仕事は増えていくものだと思います。保護者、保護者を取り巻く環境も全て子どもにつながっていくので、保護者のサポートも保育者の役割の1つです。
自分にできる最大限の保育ができた!!と思うにはゴールはなく、昨年できたことでも今年のの子どもには合わないということもよくあります。
私のもどかしい気持ちを理解し、受け入れてくださる意見にまだまだ教わりたい気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2021/04/25 19:12

#2 蛇足ながら再回答。



こんなことを書いても伝わらないかなーと思いながら、保育士の負担を減らして子どもたちのために、少しでも寄与するならと考えて書いてみる。

「効率化」って”何かを減らす”ってことだけじゃないからね。
と、その前に。
まず仕事を進めるうえで基礎的な話として、『巧遅拙速』という言葉がある。
厳しい評価をすると保育士の仕事ぶりは巧遅でも拙速でもなく”拙遅”。

これはそういう業界全体の風潮でもある。
そのために園単位での改善もなかなかできない。
改善できない理由は簡単で、上(理事も園長もベテラン保育士)が民間での仕事の進め方を知らないから若い保育士に教えられない。

つまり、やり方を知らないから苦労しているんだよね。

例えば、やり方を知らなくて一番もったいないと思う事柄の一つが、保育士の保護者対応。
目的と手段を混同している。
ともすれば手段にこだわって目的を忘れる。
「じっくり時間をかけて」という手法(手段)は有効だけれど、時間をかければ目的を達成できるわけではない。
時間をかけるという手法はいくつかある手法の中の選択肢の一つに過ぎない。
必ずしも時間をかければいいということでもない。
だけど一人一人丁寧に「時間をかけなければ!」と安易にこだわりをもってしまう。
そうすることが良いことだと。

でも目的(例えば「安心させる」)を達成する時間を短くできれば、その分より多くの保護者と話をすることができる。
多くの保護者に安心してもらえる。
親が精神的に安定していればそれは子どもにも伝播する。
情緒不安定の園児が減れば園での保育の安定や安全にもつながり、結果的に保育士たちの苦労も軽減できる可能性がある。

安心させる(目的達成)までの時間を短くするためには、一つには対人関係能力(対人スキル)を磨くことで割と簡単にクリアできる。
保育士一人一人の能力・スキルをアップさせる。
スキルを身に着けることで志がなくなったり流れ作業的に保護者対応をするわけでもない。
そこに『心』がこもるかどうかはこれはもう保育士一人一人の問題。

民間企業では例えば「プレゼン」という仕事がある。
決められた時間内で自分の考えを相手に伝えることだ。
そのために対人スキルや説明力や話術や心理学も学ぶ。
保育士の保護者対応についてもプレゼンと性質はほぼ同じだけど、保育士は対人スキルを伸ばそうと考える人は少ない。


若い保育士からベテラン保育士を見た時のパソコン問題が書いてあったけれど。
民間の会社員から保育士を見たら保護者対応についての対人スキルなどの習得しない点では、ベテランのパソコン問題と同じようなもの。
やり方を知らないから苦労するし時間もかかるし、保育士は気の毒なくらいにストレスや悩みを抱えてしまう。


一事が万事というわけではないけれど。
園での仕事では上記のような「やり方を知らない」「習得しようとしない」ことによる無駄が多い。
もっと根幹的なところでは、民間に比べて目的意識が少ないので、保育士として「大事にするところ」(例:子ども)と「大事にしなくてもいいところ」(例:どーでもいい書類作成)の区別があいまい。


保育士の仕事って、実はとても難しい仕事なんだよね。
保育士自身が自覚しているよりもずっとずっと難しい仕事。
その仕事をきちんと遂行するためには自分の能力を上げていかなければまず無理。(これからはもっと無駄な業務が増えていくし)
だけど多くの保育士は「忙しい」ばかりであまり自分の能力を伸ばそうとしない。
先輩やベテランも伸ばしてないから、どう伸ばせばいいのかも分からないんだろうね。
質問者も言っているけれど「ベテラン保育士がパソコンに苦手意識」を持っているのと似ていて、民間企業であればごく普通に習得するようなことも保育士は苦手意識があるみたいにやってない。



転じて、おおもとの質問文にある「処遇改善」について。
保育士一人一人が能力をアップさせて質・量ともに高いレベルで業務遂行できるようになれば、最小人員で最短時間で運営できる。
残業時間と人件費が減ることで、保育士一人当たりの収入が実質的に増える可能性がある。

まあ、そんな話。
民間企業に勤務経験のある保育士には通じるけれど、そうではない保育士には通じない。

そうそう。
前の回答にも書いたけれど、これは保育士レベルの問題点を提起した話。
制度(行政)や園側にもそれぞれ問題はあるよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たしかに感情面を重視してこういった理論的な考えをはねのけるところが業界全体にあるような気がします。
日々の保育にかける労力により精神的にも体力的にも「どうすれば無駄を削減できるか」というところがなかなか進んでいないように思います。
私自身4年大学を出て卒業論文を書いて一般的なパソコンスキルはある中でそのスキルを生かしきれていないだけでなく向上させることもせず、一般企業に勤める方と比べると劣るものだと思います。
保護者対応としては私の勤める園は障害児が多いのですが障害を判断されたあと受け入れるまでに拒否や怒り、悲しみや申し訳なさといった気持ちを保護者の方は持たれます。
そのためただ気持ちに寄り添い話を聞くという事が支援につながることもあります。
孤立して問題をかかえている母親が多くその支援は必要なものだと思っています。
ただ個人の対人スキルを磨くということは
セミナーやビジネス書を読んで実践する保育士は民間に勤める方よりも少ないように思います。
園には保育→民間企業→保育と様々な経験をされた方もいますが、私の園では文化がずっと変わっていないです。
ご回答頂いて、長く時間をかけることがよいことなのか、改善できる部分はどこなのか具体的に改めて考え直さなければいけないのだと感じさせられました。

お礼日時:2021/04/25 12:55

他の方のメッセージを拝読させて頂きました。


保育園は園によっても違いはありますが…
イベント、地域交流、妊婦さんに対してのサービスなど様々な取り組みをしています。
園に加算はあっても保育士には還元されていないのが現状です。
子ども、保護者相手の仕事が主ですが、それを取り巻く全ての環境や地域社会への貢献として園側は様々な取り組みをしています。
勿論、利用者は無料です。(地域の方、妊婦さん、保育園に通っていないお子さんが使えるベビールームなど)
子どもは年齢により国からの規定で何人に対して何人の保育士と決められています。(ですので人員を増やさなければ新しく何かをするという事は不可能です)
それは最低基準なので、実際現場では最低基準の人数で保育をすると事故や怪我、まともな保育は出来ません。
また、保育士はほぼ有給などが使えない現状でもあります。(ギリギリの人数で保育している園が多いから)
「人を育む場」が、保育園、こども園、幼稚園です。
人からしか出来ない、得れない、学べない場です。
どんなに立派な計画書や案が手早く作成出来ても、心を通わせ、人の温もり、触れ合いがなければ子どもは健全な心と身体を育む事が難しくなります。
お部屋の壁面一つでも、コピーを使う、何も貼らな。
そうすると保育士は業務が減ります。
楽にもなります。
ただ、子ども達の感性は育まれません。
多少上手い、下手はあっても人の手で想いを込めて作られた壁面だからこそ、子どもの心でそれぞれに感じます。
また、日本の四季折々の季節を感じ、知っていく事など壁面一つかも知れませんが他にももっと多くの意味をなしています。
現場を知らない方、子どもの成長、発達にどの様なアプローチが必要で必要でないのか?
子どもの突発的な状況の変化など、一般の方からすると、分からない事、それらをしている意味など
理解出来ない事も多いかと思います。
簡単な所で言うと…
これだけの商品が売れたからこれだけの利益があり、そこで働く人にこれだけの還元がある。
という単純な仕事ではない。
という事です。
保育士や幼稚園教諭もバカではありませんから、効率良く出来る事は改善したり、試行錯誤しながら無駄をはぶいたり…各園で取り組まれています。
無駄だと勘違いされている業務があるのも事実です。
あなたの仰る様に保護者対応(対面や電話)、子どもとの関わりの中でじっくり時間をかけなければならない事、時が沢山ありますよね。
仕事内容や重要性を知らない方、誤解、勘違いされている方もいらっしゃいますから、参考にされる部分としてはいけない部分を振り分けて業務にいかしてくださいね。
とても謙虚に受け止められているあなたのお返事を読ませて頂き、頭が下がります。
私に対してのお返事も丁寧に頂き、ありがとうございます。
思う所、感じる所、腑に落ちない点など、沢山ありますよね。
園は子どもだけが育つ場ではなく、子どもと共に、保護者、保育士、幼稚園教諭など関わる人が共に学び、共に成長する学びの場でもあります。
それぞれの仕事での大変さやその業務に携わる人にしか分かりえない部分もありますよね。
業務内容と金銭的な対価
目に見えた利益のない仕事ですから、世間に理解してもらう事も難しい事が沢山ありますが、逆に理解してもらえない、理解しにくい専門分野の仕事、専門職ですからあなたは、あなたらしく凛と志し高く堂々と頑張って下さいね。
このメッセージはあなたに向けると同時に読んで下さった方々に少しでも現場は理屈で簡単に出来る程容易なものではない。
子どもの成長、発達、保護者の方とのやり取り(サポートや支援)に機械や四角四面では何も解決出来ない。
という事を知って頂けるといいな。
との想いで書かせてもらいました。
再度余計なメッセージを失礼致しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

専門分野として答えてなくてはならないところをただ受け止めてしまうことで誤解につながりかねないので、私に代わってご意見を書いてくださったこと本当にありがとうございます。
保育の専門性を正確に伝えていくことも重要な役割だと改めて感じました。
実ははじめのkりりこさんからのご回答になんだか救われたような気持ちになり涙が出ていました。
様々な職種の方からの意見を頂き、また意見を交換することで子どもの成長を考えていけたらと思います。

お礼日時:2021/04/24 21:14

こちらこそ返信頂きましてありがとうございます。


働きやすい職場は子どもたちへの保育へ繋がっていくと思います!
プラスバターサンドさんの思いが伝わりますように応援しています!!
    • good
    • 0

プラスバターサンドさんの話、とても頷くことが多くて、メッセージ送らせてもらいました。



私のところは、ここ数年で処遇改善や残すものは残して削るところは全て削る・早期帰宅・壁面は最小限・アプリを導入し、1人一台のパソコンで職員間の情報共有など色々なことが突然変わりました。
書類系では全て手書きはなくなりました。
壁面は障がいのある子も分かりやすい、作りやすいものを中心に基本は少し。後は必要なものを増やしています。
突然変わったことでまた新たな悩みもあるのですが…改善前よりもずっとシンプルで、仕事がしやすくなりました。
今は新年度なので、早期帰宅は難しいのですが…仕事がしやすくなって、気持ちに余裕が出ると保育へも良い影響も出ていると思っています。
ベテラン層のパソコンへの苦手意識は根強いですよね…ですが、やはり効率はとても良いです!

回答ではなく、感じていることを文にしてしまった形になりましてすみません。
プラスバターサンドさんの職場が少しでも良い方へ変わりますように。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お二方の意見を頂いて何かできることはないかとアプリを検索したり園長先生へどう持ちかけようかと考えたりしているところに実際に変わっている園のお話を聞くことができてとてもありがたいです。どれも必要な効率化だと思うので、私の園でも浸透して働きやすい職場を作っていけたらと思います!すごく励みになりました!!

お礼日時:2021/04/24 20:00

気持ちはわかるんだけどね。

。。

あまり言いたくはないけれど。
幼稚園教諭一種があるならわかると思うけれど、二種や保育士資格だけの職員の業務処理力はお世辞にも高いとはいえない。
平均的な一般企業の社員の仕事量が100だとしたら、保育士は80~90くらいかな。
その足りない10~20が休憩時間や持ち帰り残業になるわけだよ。
これは保育士がサボってるとかそういう話ではなくてね。

イベントや催しごとや地域交流など加算のある事柄を実施して収入減にしようとしても、保育士たちが「そんなことする時間はありません!」「人を増やしてください!」として抵抗する。
簡単に言えば、保育士は目の前のことしか見えていないし、見ようとしない。
前述の不足10~20を補い、さらに110~120の上乗せで仕事をこなせば給与は上がる。
そのためにどうすればいいのか、どうやるべきなのか。
それを考えないで不満を述べる。
人手不足だからと人員を増やせば頭割り人件費で給与は上がらない。
悪循環。

保育士の多くは、業務全体の合理化や効率化や個人の業務遂行能力のアップや保育以外のスキルアップなど、いわゆる民間企業の社員が当然にやるようなことには興味はない。
このような人材ばかりでは園側の改善案も進まない。
公立園だとまた少し違うみたいだけどね。
だから保育士の給料は上がらないんだよね。

保育士の処遇改善(改善費は出てるけど浸み込みで消えていく)について。
保育士に必要なのは一般企業の社員並みの仕事へのスタンスや意識改革。
上記は保育士が不真面目だとかさぼっているということではなくて。
あれだけ頑張っている、頑張れるのに、なんで無駄な動きばかりしているのか不思議に感じる。
助言や改善をすれば、それはそれで反発するしね。

でも、上記はまるで保育士に問題があるかのように書いたけれど、それは保育士主観で見た場合の話。
もちろん保育士にばかり問題があるんじゃなくて、制度や園側にも問題はあるけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
たしかにベテラン層のパソコンへの苦手意識が根強く、変えられる部分もあるのに変わらないと感じる事があります。私個人としてはクラス便りや指導要録はパソコン入力のほうが早いと感じています。
ただお昼寝がないためそもそも休憩がなく、
子どもがいる間には書類作成等はできません。
掃除や洗濯、製作の下準備、楽譜作成等
保育士の仕事は幅広いです。
子育てに関する保護者の悩みへの電話対応では
効率的に何分で終わらせよう、とできるものではありません。
そのため削ることのできない時間なのかなとは思います。
地域との交流などプラスアルファとなる仕事も頂いたことはなく、そんなふうに収入にプラスに考えて伝えてくださる方もいるのだなと驚きました。
ご意見を頂いてもっと効率的にできるところはないか再検討する必要があるなと感じましたし、一般企業の真似ができるところはどんどん取り入れていけたらなと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2021/04/24 17:48

あなたの気持ち、腑に落ちない点、疑問、憤り、不満など…


とてもとても…よく分かりますよ。
私は卒業後〜結婚まで、結婚してからは子育てしながら違う園でまた保育士をしていました。
私が卒業した当時(約24年前)はもっともっとお給料も安く、処遇改善という言葉すら出てこず仕事内容や子どもを育む事の大変さや重要性はほとんどと言っていい程に無視されている様に感じていました。
理由は私の予測ですが…
子どもを預かるだけの場。
誰にでも出来る仕事。
として捉えている方が非常に多かった様に感じます。
悲しいかな、今でもその様に思ってらっしゃる方もお見かけします。
ても、実は人としての一番大切な時期でもあるのは、あなたならお分かりかと思います。
心の育み、情緒の安定、健全な心と身体の育みがあってこそ…(人としての土台)植物で例えるなら根っこ。その後幹を伸ばし、葉をつけ、花を咲かせる事が出来ます。
その重要性やいかに大切な時期かを知らない、理解されていない方が多いのが現状です。
それが、ある時から教育の大切さを行政が気付き始めたり、多様化する家庭のサポート、支援を必要とする家庭の増加で保育園、こども園の需要が広がり増設されてはいくものの、保育士不足、保育士の質の低下なども問題になっています。
理由は、あなたが書かれている事ですよね。
大切な子どもの命を守り、心身共に健全な成長、発達の為の重責ながらも、低賃金、重労働など…
一旦結婚し家庭に入るとなかなか復帰も難しい職場環境の問題…(今はパートや派遣も増えてはきましたが)
多くの問題を抱えていると思います。
優良な人材、志しある人の働きにくい環境ですよね。
財源の確保も難しい点が沢山あると思います。
母子家庭や低所得者は無料だったり、地域によっては所得関係なく無料ですよね。(幼稚園は違いますが)
国も少しづつ処遇改善手当として上乗せしてくれてはいますが、それが必ず保育士や幼稚園教諭のお給料として還元されていない園があるのも事実です。(園に一律で入るので、そこから園の園長がとこまで現場の保育士に還元するかの判断をしているそうです)
園によってお給料の違いや開きがあるのはその為です。
業務の縮小やIT化といっても、「人が人を育む場」ですから、不可能な事が多いですよね。
まだまだ世間は勘違いされている方が多く、その重要性を知ってもらい理解しもらえるまでに時間のかかる業種だと思います。
多様化した家庭と共に、多様化した考え方、価値観がありますからね。
どれが良くて、悪い。
これが正しくて間違えている。
は、ないと思います。
が…子どもの心身の健全な成長、発達がいかに大切な事か?
という事は声を大にして訴えかけていきたいですね。
日々現場で頑張ってらっしゃるあなただからこそ、そこも分かり、もどかしい気持ちもありながらも、尽力されているんだと思います。
奉仕の精神がないと出来ない仕事ですよね。
あなたがここにメッセージを投げ掛けて下さり本当に嬉しく思います。
あなたのメッセージを読んだ方達が少しでも現場の大変さや重要性を感じてくれたなら、その積み重ねで少しづつ気付いて下さる人も増えると思いますからね。
大変な毎日だと思いますし、多くの問題を抱えていますが、子ども達と向き合う時はあなたのその志しで、一生懸命頑張って欲しいなぁ〜と思います。
私が最初に担当したお子さんはもう立派な大人です。
先生に出会えて良かった!
楽しかった!
先生こんな風になったよ!
保護者の方からも感謝の言葉を頂いたり…
そんな声を聞かせてもらえると、大変ながらもお金には変えれない感動や喜び、幸せ、感謝が溢れます。
あなたがしている仕事は、そんな時を経ても誰かの核になり、思い出になり、その人の人生の土台となるものを作っている立場という事に、自信と誇りを持って欲しいなぁ〜と、思います。
あなた自身もお身体労りながら、頑張って下さいね。
めちゃくちゃ応援しています!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

励みになるようなお言葉をかけてくださりありがとございます。すごく救われた気持ちです。
乳幼児期に対してより多くの方が意識を向けられるように現場の声を出していくのは大切なことだと改めて感じました。「時を経ても誰かの核になる仕事」を一生懸命頑張っていきたいなと思います。

お礼日時:2021/04/24 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング