萩尾望都の作品で、
記憶が定かで無いのですが

SFマガジンに掲載されたもので、男の子が主人公で
主人公のお姉さんが人類が滅亡する?寸前にいつも時間を戻してくれて...

といった内容の読み切り漫画のタイトルと単行本化されているかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「金の夜の集会」だと思います。


お姉さんはいるけど、実際に時間をもどすのは別の人です。
大人は一年が何度も繰り返されることを知っているけど、
子供は、未来に夢があるから戻ったときに記憶を消すことにしている。
お姉さんは体が悪くて家にずっといなければいけないので、
まだ子供だけれども、その事実を知っているのではなかったかな?

小学館文庫の「半神」に収録されています。

銀の三角は別の作品じゃなかったかな?私はなくしてしまった・・
これから買いに行こうっと!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速注文しました。
男の子は好きな女の子よりも背が低くて、そのうち背が伸びるのを楽しみにしていたのに、そんな日は来ないことを知ってしまうんですよね...(たしか)

お礼日時:2001/08/27 12:01

ごめんなさい。

「金曜の夜の集会」のまちがいです。
    • good
    • 0

「銀の三角」でしょうか。

白泉社文庫で入手できると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q萩尾望都さん

敬愛してやまない萩尾先生。

貴方の好きなベスト3をおしえてください。

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

マージナル
百億の昼と千億の夜
銀の三角

Q萩尾望都のこんな作品の題名を教えてください

昔読んだ、萩尾望都さんの作品タイトルがわかりません。

たぶん20年以上前の作品です。雑誌でなく、全集っぽい単行本で読みました。

SF的な世界観で、主なキャラクターの中に架空の星の王子がいたようです。
その王子を暗殺しようと刺客が来るのですが、刺客が王子の目前で自害してしまい、
王子は「私は死ぬのはいやだったが、こんなのはもっといやだ」という意味のことを叫んでいました。

その後、王子を殺そうとしたのは国王の信任も厚かった大臣だったことが判明し、
投獄されて処刑を待つ大臣と王子が会話します。
自分は間違っていないと居直る大臣に、王子は穏やかに語りかけます。
おまえは私の教師だった。病気がちだった父(国王)の代わりに私を育ててくれた。
いろいろと教わった。私はおまえが・・・好きだった・・・と。

この作品を、ぜひもう一度読みたいです。題名を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、素人です。

多分、「11人いる!」の続編だと思います。文庫本の「11人いる!」
に収録されています。タイトルは「東の地平、西の永遠」です。

Q萩尾望都先生の「11月のギムナジウム」について教えてください

 ふと、気になることが出来て、家で単行本を探したのですが見つからず、ネットで検索しても、そこまで詳しい説明は
見つからず、ならば、と心当たりのブックオフも廻って見ましたが、やはり本が見つからなかったので、質問します。

「11月のギムナジウム」で、トーマとエーリクの双子の兄弟が、生まれに微妙な事情があって引き離されて育ちますが、
エーリクは生母の下で、「一人息子」という部分だけ偽られて育てられた、と記憶しています。
しかし、トーマの方は父親の家族(父自体は死亡した?)の下で、なんかややこしい設定を周りの大人たちが仕立てて
育てていたと思います。
 要は、その設定を知りたいのです。
気になり始めると、気持ち悪いので、よろしくお願いします

Aベストアンサー

父親である長男の父、祖父の子供として育てられたのだったと思います

Q萩尾望都さんの「湖畔にて」の夏が読みたい

トーマの心臓の続編と言われている、「湖畔にて - エーリク 十四と半分の年の夏」を読みたいと思っています。
小学館の文庫本には行っているかとも思うのですが、
どの館に入っているのかわかりません。
ご存知の方はお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文庫を全て持っているわけではないのですが、
「湖畔にて」が文庫化された話は聞いたことがありません。
下記サイトでも、そのような情報はないみたいですし。
「ストロベリーフィールズ」を入手するしかないのでは?

参考URL:http://www.cafebleu.net/hagio/

Q萩尾望都さんの「きみは美しい瞳」が収録されている本

萩尾望都さんの「きみは美しい瞳」が収録されている単行本を探しています。
「モザイク・ラセン」に掲載されているとのことでしたが、手元で購入できたのが萩尾望都作品集版で、目当ての「きみは美しい瞳」が掲載されていませんでした。どなたか、きみは美しい瞳が載っている単行本を教えていただけませんでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1998年11月に秋田書店から出た文庫版「モザイク・ラセン」に収録されています。
こちらでご確認を。
http://www.amazon.co.jp/dp/4253172520

確認が取れませんでしたが、「A-A’」にも載っているとか。
http://www.cafebleu.net/hagio/works/116_1.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4091913857/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報