ハワイアンスチールギターを始めたいと思っています。教則ビデオは入手しましたが教則本が見当たりません。入門者用教則本をご存知の方教えてください。またマイナスワンのCDもあればよいのですが。ちなみにクラシックギター歴35年(始めてからの年数という意味で)最近はエレキギター(ベンチャーズ)もかじっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

宣伝になってしまうかもしれませんが、私が制作した教則ビデオとTAB譜は本場ハワイでも好評です,HSGA(ハワイアンスチールギター協会)の会長さんにプレゼントしたら喜ばれました。


TAB譜は500種類を超え,全くの初心者からセミプロも驚く内容の通信講座全28巻もあります。
レッスンは自宅(東京目黒)の個人レッスンのほかとない4カ所で個人、グループレッスンを行っています。詳しくはHPをご覧ください。
Kiyoshi "Lion" Kobayashi またはHawaiian Steel Guitar "NUTS" Clubを検索して下さい。  スチールギタリスト小林潔
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョーパスのギター教則本や教則DVDについて

今ジャズギターをはじめようと思いましてジョーパス
が好きなのでジョーパスをコピーしようと思ったのですがネットで調べてみるとたくさん教則本や教則DVDがあり、またそしてだいたいの商品が輸入品とかであるため楽器店においていないためにどれを買ってみたらいいのか悩んでいます。なにかおすすめの物があれば教えてください。あとやはりジャズギターなどを始めるにあったってタブ譜はやめた方がいいと言われましたのでタブ譜なしではじめようとおもいますがどうでしょうか。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコピーしたい曲が採録されているタブ譜」で
いいんではなかろうか、と思います。

勿論、アドリブをバンバコこなして行こうと思ったら、
理論とかも触れることになるので、五線譜に通じていることは、
後々有利になりますが、かといって、五線譜を読めなければ、
上達しないかというと、そういうわけでもないので、
その辺りは、臨機応変でよいかと思います。

また、コピーしてみたい曲がバンド編成のもので、
コピーしたいのが、パスの単音ソロ・プレイなら、
「タブ譜or五線譜」よりも、「譜面or耳コピ」で考えるほうが
後々の上達につながると思います。

確かに、タブ譜の「弊害」はありますが、それは「禁忌」であるほど
ではないので、別に、タブ譜でもいいんじゃないかなぁ、
とりあえず、やりたい曲を1.2曲絞って、それが採録されている
譜面を探すのがいいんじゃないかなぁ、
もし、「タブ譜はみたくない。しかし、やりたい曲はタブ付きでしか
譜面が出ていない」ようだったら、タブの上に五線譜があるので、
タブ部分塗りつぶしちゃうこともできるし・・・。
という感じで。

蛇足ですが、タブに関して、コピー対象が、パスのギターソロでなく、
ソロ・ギターだったら、タブの方がボイシングとかリハーモニゼイションの勉強になる、という利点もあるかと。

徒然に書きました。

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコ...続きを読む

Qクラシックの教則本、フォークの教則本

クラシックギターとフォークギターを少し弾いてるのですが
今持っている教則本、
特にクラシックの教則本というのが楽譜とタブ譜のみで
右手p,m,i,aとか左手ならどの指で押さえるのかほぼ記載ないので
かなりの自己流になっています。いずれも指弾きに挑戦したいです。
これをきちんと書いた本はありませんか?
例えば
左なら薬中人と使う指を示し右手はP,m.iと使う指がきちんと載っているということです。
大学受験も終わったので趣味の時間も持てるので新たにギターを弾いてみたいのです。
本屋で見たけどエレキなら少しありましたが
ど田舎なものでクラシックの教則本がないです。(> <)
中身が確認できないのでネットでも買えません。。
練習できるおすすめの本を知っていれば教えていただけませんか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先程は間違った回答でごめんなさい。”aura 100の漸進的練習曲”でググると表示されるのだけど、やっぱり在庫が無いのかも・・・。

替わりといっては何ですが、「課題別テクニックを習得する新しいアプローチ タブ譜付 クラシックギターテクニック 初級から上級まで」(ISBN: 4754944615)ってCD付きの教則本が出ています(Amazonからでも買えます)。
こいつはスコット・テナントっていう人気ギタリストが書いた原題「PUMPING NYRON」という教則本の日本語版でとても人気があります。
練習曲は余り載っていないかもしれませんが、クラシックギターのHOW-TOが丁寧に解説されているので(爪の研ぎ方から基礎練習まで)、よろしければご参考までに。

Qエレキベース初心者です。練習方法やおすすめのベース教則本、ベース教則D

エレキベース初心者です。練習方法やおすすめのベース教則本、ベース教則DVDなどがありましたら教えてください!

何か楽器をはじめたいと思い、30過ぎになってはじめてベースを購入しました。
でも楽器経験もゼロで、近くに楽器をやっている人もいないので教えてくれる人がいません。
また、ベース教室のような音楽教室にも、どうも抵抗があるため、自宅で独学できるDVDや本がありましたら、教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ベース歴半年の坊主です^^;

僕が実際に使った中でのおすすめは、

寺沢功一流ベースの極意!DVD&BOOK
 ↓
http://bass-gatsun.com/

これです!
ライダーチップスの寺沢功一さんの個別レッスンを収録
したDVDなので、生徒と先生が上達していく過程が一緒にわかる
ので覚えやすかったです!!
メジャーで活躍してる人の指導はあまり見れないと思うので、
それを期待して僕は買いました!僕的にはとても良かったです。


あとおすすめは、
これからはじめるエレキ・ベース入門
http://www.doremi.co.jp/Doremi/ASC03.do

これは普通に基本事項が記載してあるので、手元に一冊あると
イイと思います。
困ったときに見る辞書的な感じで^^;

でわ、がんばってください!

参考URL:http://bass-gatsun.com/

Q初心者の状態からできるだけ早く上達するためのギター(エレキ)の教則本っ

初心者の状態からできるだけ早く上達するためのギター(エレキ)の教則本ってないですか?

Aベストアンサー

教則本の内容よりも、本人の努力の方が重要です。

初心者向けの教則本は、大手書店か大手楽器屋さんで手に取り、自分の目的とレベルに合ったものを購入すればいいでしょう。

あと、ちゃんと弾けているかどうかを時々誰かに見てもらえるといいのですが。
誤解や変なクセが、上達の遠回りの大きな原因です。

Qギターの教則本

エレキギターをやっています。
旋律を弾く事(=ピッキングっていうんですか??)
がうまくできません。
ラルクのKENさんみたいにかっこよく弾きたいです!!
いい教則本知ってる方、紹介してください♪

Aベストアンサー

教則本については、自分で立ち読みするなどして中身を確かめて、知りたい内容を含んでいて、解説がわかりよい本を選ぶのが良いと思いますよ。 明らかに誤った情報を含んでいるのでなければ、本の良し悪しは内容の理解のしやすさで分かれるでしょうし、理解しやすい書かれ方は人それぞれだと思います。 自分でいくつかの本を読んでみて、どういうことが書かれているのかを把握することをお勧めします。 立ち読みなどするうちに、本の良し悪しや自分に合っているものかどうかなど、本を選ぶ基準も見えてくると思いますよ。
あと、教則本は、どういったことを知りたい人をターゲットにし、どういうことができるようになるための本なのか、テーマを設けて書かれているものです。 そのテーマを把握して、自分の知りたいことに合った本かどうかを検討するのが良いと思います。 そういう意味では、自分として何をどうしたいのか、楽器を扱う上での短期目標をしっかり立てておくのは有益でしょう。

とりあえずは、基本的なことを改めて押えてみる意味で、初心者向けの教則本を狙って内容を確かめてみるのではいかがでしょうか。 初心者向けの解説と言うのも、案外馬鹿にできない内容を含むことがあります。 持っていても損はないと思いますよ。
もし練習方法に特化して解説してある本が欲しいと言うのであれば、「究極のギター練習帳」などのように練習方法の解説を主体とした教則本もありますね。 見本演奏のCDなどが付いているものは、よりとっつきやすいでしょう。
あと、独学でやっている場合は、得られる情報が多い方が何かと有利に働くことも多いと感じます。 一冊の教則本で何もかもに参考になると言うことはあまり無いと思うので、複数の本を参考にして取り組むのも良いと思います。

なお、参考にするものを本に限らないとしたら、実際に演奏をしている姿を見るのも、とても参考になると思います。 ギター演奏は、目で見たものが直接的に参考になることが多くあります。 実際に演奏している人を生で見たり、ライブ映像などを参考にするのも悪くないでしょう。 最近では、教則もののDVDなども良く見られるようになっています。 状況が許すのであれば、そうしたものを参考にしてみるのも良いと思います。

参考になれば。

教則本については、自分で立ち読みするなどして中身を確かめて、知りたい内容を含んでいて、解説がわかりよい本を選ぶのが良いと思いますよ。 明らかに誤った情報を含んでいるのでなければ、本の良し悪しは内容の理解のしやすさで分かれるでしょうし、理解しやすい書かれ方は人それぞれだと思います。 自分でいくつかの本を読んでみて、どういうことが書かれているのかを把握することをお勧めします。 立ち読みなどするうちに、本の良し悪しや自分に合っているものかどうかなど、本を選ぶ基準も見えてくると思いま...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報