色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

(CH3)3CCl+CH3OH→(CH3)3COCH3+HCl
この反応から重縮合は作れますか?

gooドクター

A 回答 (5件)

>重縮合に応用できる反応にはどんなものがありますか?


 工業的に使われているのは
 ナイロン6・6ではアジピン酸とヘキサメチレンジアミンとの反応
 つまり酸とアミンから水が取れる縮合反応
 アジピン酸クロライドとヘキサメチレンジアミンとの反応
 これは有名な界面重合。
 酸クロライドとアミンからHClが取れる反応
 ポリエステル(PET)ではビス-2-ヒドロキシエチル-テレフタレートから
 エチレングリコールが取れる(エステル交換反応)による重縮合
 PETは水が取れる縮合反応によって高分子化するのではありません。
 エンプラではハロゲンか水素の脱離による重縮合の例が多いですね。
 他の質問で答えています。
 重縮合と言っても基本は縮合反応ですから
 ・酸とアルコールから水が取れるエステル化 
 ・酸とアミンから水が取れるアミド化
 ・酸クロライドとアミンからHClが取れるアミド化
 ・酸クロライドとアルコール(フェノール)HClが取れるエステル化
 ・酸クロライドの代わりにホスゲンを使うもの
・フッ化物とアルコールから脱HFでエーテルを作る
 などの方法が工業化、実験室での合成に使われているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
理解できました

お礼日時:2021/04/30 21:18

縮合という反応は、2つの分子から簡単な分子が取られて、


少し短くなって結合する反応です。
ですから「縮まって合わさる」反応ということです。
代表的には酸とアルコールから簡単な分子である水が取れて
少し短くなって結合した結果としてエステルが合成される。
アミドなどもそうですね。
上記反応では簡単な分子としてHClが取られているので
縮合と言えなくもないと思います。
例えば、ポリカーボネートはHClを取り除きながら
重合しますが、この反応も縮合反応と表現されています。

ところで、質問内容である重縮合とは、1分子中に縮合反応を起こす
官能基が複数存在し、縮合反応にて高分子化していく事を示します。
縮合重合、縮重合、重縮合は同じ意味です。
ナイロン6・6が有名ですね。

さて、質問者さんが示した反応では、反応する官能基が1分子中に
1つしかありません。
もし反応しても2量化して終わりです。
ですから、例示された分子では高分子化はしません。
よって、重縮合は起こりません。

繰り返しますが、1分子中に複数の官能基が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
重縮合に応用できる反応にはどんなものがありますか?

お礼日時:2021/04/29 11:03

https://kotobank.jp/word/重縮合-77048
    • good
    • 0

それでも意味不明ですね。


「この反応をもとに」といわれても、そこに書いてあるのは反応式であり、それを変えることなどできません。また、その反応はいわゆる求核置換反応であり、重縮合ではありません。

まあ、意味不明ではありますが、いずれにせよ、「作れません」としか言いようがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
重縮合反応に応用できる有機反応にはどんなものがありますか?

お礼日時:2021/04/28 10:17

「重縮合を作る」とはどういう意味ですか?


普通に考えれば意味不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ございません
ことばたらずでした
この反応をもとに重縮合の反応式を得られるかということです

お礼日時:2021/04/27 20:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング