【初月無料キャンペーン中】gooドクター

お見合い相手について。
三十路女です。
先日知り合いの紹介でお見合いをしました。
お相手は8個上ですが、話も合い優しく仕事も頑張っている方です。
あちらも私を気に入ってくれて、向こうのご両親までこの話を喜んでくださっているとのことです。
次のデートの約束も決まっています。

ただ、一緒にいると落ち着きますし不安にはならないかわりに、トキメキだとか恋とはまた違う感じがします。
正直最近まで恋というか、その意味で好きな男性もいましたが、
彼はイケメンでモテて、そして私を不安にさせる男性でした。お見合いすると言っても、追いかけてきたりもしませんでした。
今でも彼には恋に近い感情を抱いていますが、それと同じくらいもう不安になりたくないとも思っています。

お見合いなのでこの後、比較的スピーディーに話が進む可能性もある中で、恋愛感情を抱かないまま結婚となっていっていいのかとも考えています。結婚とはそういうものなのでしょうか。脈絡がなくてすいません。

gooドクター

A 回答 (14件中1~10件)

こんにちは、ご相談拝見いたしました。


題名のご質問「結婚と恋愛は違う?」にお答えしますと、「違います」が答えです。恋愛は好きな異性とお付き合いをすること。結婚は、これから生涯を共にするパートナーと家庭を築くことです。

私はこれを「株式会社○○家を、50年共に運営していくパートナーを得ることです」とお伝えしています。それは会社で人を採用するのと良く似ています。例えば、ご相談者さまが社長で、これから社員を雇うとします。このとき「カッコイイから採用!」「トキメクから採用!」なんてなりませんよね。当たり前です(笑)

そうではなく、「この人なら信頼できそうだ。仕事を任せられそうだ」という感じで人を選ぶと思います。そのようなイメージが近く、結婚に必要なものは「そちら」なのです。ただ結婚は男女のこともあるので、そこは必要です。では、どのくらい異性としての魅力があれば良いのかといいますと、「その人とキスできるかどうか」で判断するといいですよ(^^)

下記、以前私がこのテーマで配信したメールマガジンです。
参考になりましたら幸いです。

恋活と婚活の違い
https://www.martin.ne.jp/?p=2036

ご相談者さまの婚活、応援しております!(^^)
    • good
    • 4

専門家紹介

専門家プロファイル_恋愛相談師マーチン

職業:男女問題アドバイザー

作家・恋愛カウンセラー

2000年開始のサイト「マーチン先生の恋愛教室」にて17年間、のべ1万人を超える相談実績を持つ恋愛相談のプロ。実践派のメルマガ「マーチン先生の恋愛教室」は発行歴16年、読者数約17000人。また34歳にして東証一部上場企業/トランスコスモスの相談役に就任した経験を持つなど、高度なビジネス視野も併せ持つ。

■著書
・相手の気持ちを離さない「秘密の恋愛ルール」/大和書房
・30歳からもう一度モテる!大人の恋愛成功法則/DHC
・愛される女性は「気づかい」がうまい/三笠書房
・モテる男はこう口説く!/PHP研究所 他、計20冊以上。

■掲載雑誌
・JELLY/steady./anan/GLITTER/With/MISS/ViVi/毎日新聞 他、計30誌以上。

■TV・ラジオ出演
・TOKYOMX:5時に夢中!/フジテレビ:ノンストップ!、結婚しようよ、知的一級河川バカの河/NTV:行列のできる法律相談所/TV東京:純愛果実等。
・FM-FUJI:マーチン先生の恋愛マスター塾/TBSラジオ:ストリーム/東京FM:Tapestry等。

詳しくはこちら

専門家

恋愛やトキメキのない人とは結婚を考えられないって思ってる人が、恋愛しててもトキメキがなくなったら別れたりするのですよ。


結局はトキメキが貰える王子様みたいな外見と、サプライズや女心をくすぐる立ち振る舞いを求めてる女性って事です。悪いわけじゃないですけど、いつまでもそれを望むより、大人の良いお付き合い、良き理解者、大切な存在、良い距離感、異性や生活に信用性がある、私生活が前向きとかそういう方が良いと思えない心に問題があるあると思います。一緒にいて安心ならそれ以上ならまずは良し。お互い大切に出来るならそれ以上の愛はないですよ
    • good
    • 0

40代未婚男性です。



お気持ちは、よくわかります。
僕も、相手の女性に求めることが何なのか、この年齢でわからなくなっています。
それはさておき、結婚と恋愛は違うんだなというよくありがちな
話ですね。

主さまがお見合いを受け、デートの約束までしてるということは、
彼に対していやだとかそういう感情は無いんでしょうね。
それは良いことで、結婚は今後の生活を共にする相手ですから、
一時の感情で左右されないことが大切ですね。

恋愛感情は、そのうち出てくるんじゃないですか。
全くなかったら、そもそもデートしませんよね。

主さまはお幸せになるのかな、と思いました。
    • good
    • 0

結婚と恋愛は別ですけど、


両方兼ねているケースも0じゃないですよ。
恋愛相手としても、結婚相手としても魅力的な人はいます。
ただ、そういう人は紹介されなくても相手見つかりますからね。
お見合いで探している以上は、
出会った瞬間から百点満点!な相手は出てこないと考えましょう。

でも相手も自分も成長できますから。
今は不満点があっても、
お互いに高め合っていけるなら、
何年か後にはお互いに想い合える「素敵なご夫婦」になれるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

読んでいて思ったのは、貴女は何を求めて結婚したいんですかね…


まだ30なら、そこまで思うなら、ご自身が納得する恋愛をされて、後悔しないようにすればいいだけでは?と思います。

恋愛と結婚は勿論違います。
過去沢山恋愛し、結婚も2度してるので尚更そう思います。
恋愛は責任感もなく、ただその時だけ楽しければいい、嫌になればすぐ別れたらいいだけなので。
結婚は違いますよね、責任も伴い、楽しいだけでは生活なんて出来ません。

うちの妹は独身アラフォーですが、全く同じ事を言ってますよ。
「ときめきたい!でも結婚したい!」と。
じゃあ、何故今までそうしてこなかったのか?と…

うちの二度目は最初から結婚前提の交際でした。
これだけ色々経験しましたが、人生で初めて一目惚れした人で、勿論付き合う迄に色々あり、それなりに努力もしました。
付き合うまでの友達期間の間に「この人なら!」と思い頑張りましたね。

人って本当に手放したくない人なら何がなんでも兎に角やってみるんですよね。
嫌われたらどうしようとか思うんですが、気持ちが勝ってたら、相手にちゃんと伝えるんですよね、試すような事じゃなくて、ストレートに伝えるって意味でですが…

イケメンでモテてても関係なく、彼を振り向かせる努力と魅力が貴女にはなかったと言う事が正直結果として彼に必要とされなかっただけだと思いますよ。
やっぱりみんなそれぞれ理想を持ってます。
それに合わなければ別れしかないので…

結婚したら、トキメキ何かどうでも良くなるとか、そんなもの長く続かないって言いますが、それはお互いの相手への接し方、思いやり次第になるんですよね。
うちは本当に好きな人と(二度目ですが…一度目は全く好みじゃなく相手の押しに負け過ぎたので)結婚出来たので、しあわせですね。
妥協したら、妥協した分の結果にしかならないです。経験したのでそう思います。

結婚とはそういうものじゃなくて、当人同士の関係性次第でそうなるだけですね。
うちはかれこれ10年になりましたが、未だに周りも驚く位仲良いですね。
何処に行くにも一緒で、子供もある程度離れて来たので夫婦の時間も増え、尚更しあわせですよ。
    • good
    • 0

幸福の科学は、5/14(金)から「美しき誘惑/現代の画皮」って実写映画を公開します。


この映画の関連で「ヤングブッタ」5月号の「恋愛と結婚」というタイトルの記事に以下の記載がありました。

知らなければいけないのは、「独身のときに燃える恋愛と、結婚して以降の夫婦の愛は違う」ということです。
・・・
恋愛のときには、燃え上がる相手を求めてしまいがちですが、夫婦愛というのはそういうものではなく、けっこう平坦な道なのです。
・・・
恋愛と夫婦愛は違うので、結婚した段階で夫婦愛に変わらなければいけません。そのときに、「この人と、一生、一緒に生きていける」というビジョンが描けるかどうかです。
・・・
その人と長く一緒に生活することが可能かどうかを考えるべきです。大事なのは理解の部分です。お互いに理解し合えるかどうかということです。

恋愛問題では、大川総裁の長男が、以前の映画撮影時、千眼美子さんに迫って、トラブルとなったりしたので、恋愛と結婚がテーマとなる本映画はもっと先に公開する予定だったそうですが、前倒しして映画公開したのだとか。

ちなみに「美しき誘惑」は、第54回ヒューストン国際映画祭にて3冠を獲得しました。トータルで10カ国 59冠!!達成だそうです。
    • good
    • 0

恋愛しててもさ、相手とこちらの想いが同じだとは限らないですよね。


本当は、恋愛も、お互いにこの人しかいないという状態になってから付き合うものだと思うんですよ。
でも、実際は違いますよね(中にはこういうカップルもいますけど)。
「好き好き好きー」って言われているうちに、「好きかも」程度で付き合い始めて、デートとか体の相性も良かったりすると、すごく楽しくってまたデートするのが楽しみで、その状態が続けば情も湧く。

いつかは意見の相違などが必ず出てくるのが当たり前なわけだけど、「こんな人だったんだ」と気付いて、でも、過去の楽しかった日々とか情とかが邪魔をして別れられないとか、別れると決めても、相手から「これまで好きって言ってくれたのは嘘だったのか。嘘つき。裏切者!」と言われて「確かにそうかもしれない」って思ったりして、ズルズル結婚するのが恋愛結婚ですかね?
相手に不信感を抱いたまま結婚して、結婚したからには簡単には別れちゃいけないっていう相手への想いだけではない自分の中の常識とか責任感で、相手が振り向いてくれるのをひたすら願って努力しても、虚しい結果しか待っていなかったりするんですよ。
言い換えれば、相手が大して自分を想ってくれていなかったと気付く日が来る。
私はこれで離婚したんですよ。
プロポーズもしてくれたんだから彼も本気なはずって、勝手に解釈して。
でも、蓋を開けたら、既婚子持ちと不倫してて、田舎の教師という体歳で妻が欲しかっただけ…&上手くいけば俺の親の言うことも聞いて介護もして、その間にバレない限りは不倫も続けてってね。

あなたが思いきれないのは、冒頭に書いた「お互いにこの人しかいないと思える」恋愛の末の結婚への憧れでしょ。
なあなあの末の恋愛結婚ではないでしょ?

そこのところを今一度考えてみれば、そのお見合いが、なあなあの末の恋愛結婚よりはずっと憧れの結婚生活に近いと思いますよ。
    • good
    • 0

三食昼寝付きの永久就職するのにトキめきなんて、贅沢望むのは贅沢です。

なぜときめいた人と結婚まで行かなかったんですか?お見合いしたんですか?結婚という普通の人がしている事をしたかったら多少の我慢は必要です。
ときめいて結婚してくれる相手が出るまで待ちましょう。
お見合い相手は貴方じゃなくてもいいし、元彼も貴方じゃ嫌だったんですから。誰も困りません。結婚に繋がる相手と恋愛しましょう。
    • good
    • 1

女性の理想は、恋愛は夢でイケメンとして、その後、


結婚は現実でお金持ちとするものです。

8個も上ではときめかないでしょう、30にもなれば
適齢期も終盤で、花なら満開を過ぎてます。

少女のロマンはもう捨てて、大人になりましょう

画像は「平和への悲願」というアマゾンKDPの
小説の挿絵です。思い出しました。

二人のコーヒーは冷めきっていた。
「愛は夢、結婚は現実なの。」
「俺は夢で、ジャクソン財閥は、現実って訳か。」
 端正な顔立ちの青年は、壁に飾ってある鹿の頭部に
視線を移し、
「そして、明日は御曹司との結婚式か・・・。」と、
呟(つぶや)く。
「結婚と恋愛は違う?」の回答画像6
    • good
    • 0

50代の主婦です。



恋愛と恋は違います。

いくら好きな相手でも、モテモテ男さんを結婚に選んでしまうと、
いつ浮気されるのか?落ち着きませんよね?
また、いくら好きでも、ギャンブル好きや、DVしちゃう相手も、ダメです。

結婚は、お互い思いやりを持って、家庭を作り上げていくことが大事なんです。
安心して、家庭を作っていけるか?どうか?とても大事ですよ。
どちらかが、ガマンというのも、長続きしません。
ちゃんと、思ったことが言える相手かどうか?

でも、生理的に苦手というのも、続かないですよ。

この人となら、家庭を作っていける・・・そう思えるか?どうか?だと思います。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング