【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

質問の前にお願いなのですが、
以下の質問には、質問文に書いてあることだけ、にお答えお願いします。
「そもそもどっちもおかしい」とかいったような回答をされようと考えられているのであれば、回答しなくて結構ですし、回答しないで下さい。そういうのが事をややこしくするので。


1.「、、、。あ、そうえいば、昨日君にあげたネックレス、言い換えると、
それは僕の母親の形見、を返してくれないか?」

2.「、、、。あ、そうえいば、昨日君にあげたネックレス、言い換えると、僕の母親の形見、を返してくれないか?

1と2、言い換えると、の後の言葉は
そのまま言い換えの言葉を置くか、
それは+言い換えの言葉、にするか、どちらが良いと思われるか1か2でお答え頂けると幸いです。
できたら、理由もお願いします。

A 回答 (2件)

1.ですね。

「それは」でネックレスを指しているので具体的(強調)になります。

「それは」は接続詞で、その接続詞を使うことで効果があります。
(論理が明確になる/内容の理解度が増す/文章にメリハリが出る)

などの効果が出ています、その文では。

2.は「それは」がないと文章が弱くなってる。
    • good
    • 0

「それは」 は不要


理由は「言い換えると」がまどろっこしいところを、さらにめんどくさくしている感が強いから。

「それは」をつけたいなら、「それは僕の母親の形見だから」などとして、理由とするなら可。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング