教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

秋田、山形新幹線開業以前のことを教えて下さい。

上野駅から秋田駅まで、奥羽本線経由と羽越本線経由がありますが、それぞれの所要時間と料金を教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (6件)

>一時期、上りの「つばさ」と「いなほ」は秋田駅で隣り合ったホームから同時に発車していました(同時じゃない時も数分差)。


これですかね。
1979年3月の時刻表を引っ張り出してきました。
秋田13:50→21:39上野(つばさ6号)所要7時間49分
秋田13:51→21:33上野(いなほ6号)所要7時間42分(ただし「運休中」の文字)

昭和53年(1978年)10月2日の改正(いわゆるゴーサントウ)の影響
(ひっ迫する東北本線・高崎線の規格ダイヤ化)で、
2年前(ゴーサントウ改正前)の#4さんの回答に比べて
両車ともかなり遅くなってます。
そして、奥羽経由も羽越経由も所要時間をほとんど同じにして
乗客の分散化をはかろうとしてるようですね。
いなほ6号が運休中なのは、485系1000番台の増備が
間に合ってなかったのでしょうか?

料金は他の回答者にあるように、同じです。
いなほ号のスジにはこのような注意書きがありました。
「この列車で秋田-大宮間を途中下車しないで大宮以遠へ行く場合は
奥羽本線経由の乗車券でそのまま乗車できます。」
    • good
    • 1

一時期、上りの「つばさ」と「いなほ」は秋田駅で隣り合ったホームから同時に発車していました(同時じゃない時も数分差)。



で蛆に発車して、上野着は時間くらい違うのですから、自由席は「つばさ」が混んでいても、「いなほ」はガラガラだったりしました。
なお、秋田東京間はお奥羽・東北経由の乗車券で「いなほ」にも乗車出来ました(途中下車ができたかは不明)。
    • good
    • 1

以下は、1977年4月の時刻表からの一例です。



◆奥羽線経由
つばさ1号:上野8:04発→秋田15:39着
 7時間35分、運賃4,500円、特急料金2,000円

◆羽越線経由
いなほ1号:上野11:08発→秋田18:33着
 7時間25分、運賃4,500円、特急料金2,000円

運賃・特急料金は特例により、どちらも奥羽線経由で計算するので同額。
    • good
    • 0

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%91 …

運賃料金は、特例で途中乗降しない場合、羽越本線経由の列車も奥羽本線経由で計算です。
    • good
    • 0

奥羽本線経由10時間41分14,270円


羽越本線経由12時間55分9,790円
    • good
    • 0

当時の時間表がないので料金はわかりません。


明治41年上野 - 青森間(約25時間の所要)、東北本線・奥羽本線経由
大正11年奥羽本線経由での上野 - 青森間を19時間35分に短縮
昭和6年上越線が全通し、上越線・羽越本線経由で上野 - 秋田間
昭和47年上野 - 新潟 - 秋田間(上越線・白新線・羽越本線経由)
などいろいろ(多くて記載できない)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング