教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

最近、クラシック音楽を聴くようになりました。「クラシック音楽は、いかに譜面を忠実に再現するかだ」と本に書いてたのですが、オーケストラで「指揮者A氏の振るベートーベン5番は、かなり速い」とか「ここの小節は力強くていい」とかも書いていました…
譜面を忠実に再現するなら、テンポなどを変えてはいけないと思うのですが、どうなのでしょうかでしょう?
よろしくお願いしますm(__)m

gooドクター

A 回答 (5件)

下記はトスカニーニについての記述ですが、冒頭の


メンゲルベルクやフルトヴェングラーについての言及が目を引きます。

いずれも「偉大な再現者」であり、
その流れが突然途絶えるという事も有り得ず、現在に至るのでしょう。
http://seiyouryouri.yokohama/essai2/toscanini.html
    • good
    • 1

本当に「クラシック音楽は、いかに譜面を忠実に再現するかだ」なんて書いてありましたか? ちょっと胡散臭い。



「楽譜」とはきわめて「限られた情報」しか記録できないので、どちらかといえば「作曲者の意図をいかに忠実に再現するか」だと思います。「楽譜に書いたこと、書けなかったこと」をすべてひっくるめて「作曲者はどういう音、音楽を意図したのか」ということを「自分の経験」から判断し、「美学」や「当時の慣習、空気、嗜好」も考慮し、それに「想像」や「演奏者の美学」も含めて演奏するということです。

「譜面を忠実に再現」するだけなら、AIやコンピュータが最も得意とするところでしょうが、そういった演奏が「無味乾燥」で面白くも何ともないことは数多くの実例が示しています。いわゆる「機械的な演奏」ですから。
    • good
    • 0

楽譜通りに演奏するとは言うけど、作曲家の意図をすべて楽譜に表すことはできないよ。


むしろ「もっとこう演奏しろと伝えたいのに・・・」という方が多いと思う。

『のだめ』の中にもそういう場面が出てくる。
「君が思うように、作曲者にももっともっと伝えたいことがあるのにね。君はその思いを直感的・感覚的にしか捉えない・・・」

クレッシェンドの幅や上がり具合、「Moderato」と指定された場合の具体的な演奏テンポ、スタカートの音形、楽章と楽章の間の取り方、・・・

だから、指揮者も演奏者も死ぬほど研究して、作曲家の意図に少しでも肉薄しようと頑張っている。
そのための勉強もたくさん積んできた。

なにしろその意図そのものは作曲家の体もろとも消えてしまって、残ったのは楽譜をはじめとする「断片的な」資料なのだから。
    • good
    • 0

譜面をいかに忠実に再現するか、なんて書いてないと思う。


それでは、演奏家の個性も何もあったものでは無いからだ。
多くの指揮者に限らずだが、演奏者は自身の個性を出すために様々な工夫をしているし、作曲家が書いた譜面に独自の解釈を加えて変更してしまう場合も少なくないからだ。
シューマンの交響曲は、シューマン自体がオーケストレーションが未熟だったために、オーケストレーションの天才であったマーラーは殆ど気がつかない程度の範囲でだが、改変してしまっていて、そのマーラーが改編した楽譜が出版され、今はマーラー編曲という形で演奏され、CDも発売されている。
バーンスタインは、シューマンの交響曲第2番の最後で、テンポを変えるどころではない。強烈なアッチェレランドを懸けて演奏すると言うことでも有名だった。この方が迫力が倍加なんてもんじゃ無い。大迫力となって終わるからだ。
    • good
    • 0

楽譜の記載に数値化できない、人の感性に任されるものが多々あるからです。


「速く」とか「遅く」とか「大きく」とか「小さく」とか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング