質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

ラワン合板での自作家具(?)をいくつか作ってきました。塗装については深く考えなかったため、あまり見栄えのよいものとはいえません。この木材の表面は決して良質なものというわけではないと、個人的に思っていますのでペイントにて木目を隠す手法が妥当かと考えています。下処理としてサンドペーパーがけなどは行ってはいるのですが安っぽい仕上がりになってしまいます。理想はピアノの塗装のようなツルツルした物ができないものかなぁと。

ラワン合板での自作を考えています。この木材の表面は決して良質なものではないという印象があるため、塗装は木目を隠すペイント(白っぽいもの)を考えています。

ホームセンターの塗料を見に行ったところ、実際に木片に塗ってあるサンプルが置いてありました。材質はシナベニヤでしたので表面はラワンよりもいいと思いますが、なんと言いましょうかとても安っぽい仕上がり(塗膜もなく表面に吸い込まれているというか)となっていました。

下地処理、塗装後のペーパーがけなどをしていないためかと思いますが、考えていたようなツルツルとした塗膜には程遠いものでした。理想は化粧合板などのようにある程度ツルツル感のあるものだったのですが、家庭用の塗料で手塗りでは所詮この程度のものになってしまうのでしょうか。

下地処理にはペーパーがけ以外、との粉などがありますが、いい方法がありましたらアドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ラワン合板で、クリア仕上げをする場合、私は以下のような手順で仕上げております。



まず、塗装面をサンドペーパーで、ツルツルになるまで磨き、その後、砥の粉で目止め(ぼろ布を使って木目にしっかり擦り込む)をします。

砥の粉が半乾きになったら拭き取って軽くサンディングをし、表面がしっかり乾いたら少し薄めたクリアを塗ります。

翌日、乾燥した塗装面を触ればざらざらしているはずですので、サンドペーパーでつるつるになるように磨き、2回目のクリアを塗ります。(今度は、薄めずに)

翌々日、乾燥した塗装面はやはり少しざらついているはずですから、サンディングの後、3回目のクリアを塗ります。

さらに次の日、「もうこれくらいの仕上がりで、許したろ!」と思うまで、同じ作業を繰り返します。

私の場合、だいたい1週間くらいかかっています。

使用する塗料は床用ウレタンニスです。1液硬化型ウレタン塗料であれば「工作用ウレタンニス」でも良いんですが、「床用」の方が、乾燥(硬化)が早く、厚塗りが出来るようで、私は、こちらを愛用しております。

なお、使用した刷毛はペイント薄め液に漬けておけば翌日の使用には支障がないので、毎日洗う必要はありません。

こんなやり方で数点、ラワン合板製や白木の集成材製のものに塗装をしましたが、後になってひび割れなどの塗装トラブルは起きていませんし、ウレタン塗料なので、お湯をこぼしても大丈夫でした。

ただ、何度も塗り重ねているので、塗料のにおいが抜けるまで半年くらいかかりました。
    • good
    • 2

ラワン合板をツルッとした感じの塗装に仕上げようと思えば、木目をつぶしてしまわないと塗料の塗り重ねだけでは難しいと思います。


透明仕上げでなくても良いのであれば、パテ処理(パテ材をへらで合板の表面に塗りこむ)をしてペーパーがけをして、手で触っても木目が感じられなくなるようにしてから塗料を塗ってみてください。
パテ処理の経験がない場合は、要らない合板で仕上げの練習をしてからする方が無難だと思います。念のため・・・。
    • good
    • 1

ピアノなどの塗装は相当回数を重ねて塗ります。



下地調整はとの粉などでふさいだあと紙を貼るといいです。
あるメーカーではメラミン化粧板の裏を張っています。
紙を貼った後浸透性のいいサンデイングシーラーを塗ります。
その上に着色したサンデイッグシーラを塗ります。
着色した(艶あり、艶なしを決めて)クリヤーを塗ります。
仕上げは透明(艶あり、艶なしを決めて)クリヤーです。
個人なら水性アクリルが比較的厚塗りが出来使いやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。質問を読み返してみると理想が2つもあってしかも差が激しいですね(苦笑)。ピアノは本当に理想で、それはやはり無理なのはわかっていますので、通販家具のような化粧合板のようなものに近くならないかなぁと。

紙を貼り付けるというのは個人レベルだとかなり厳しそうですね。やはりツルツル塗装を望むというのは自作では無謀な挑戦になるのでしょうか・・・。

サンディングシーラーというのを塗ってペーパーがけしたあとにアクリル塗装を重ねることである程度の仕上がりになるということでしょうか。サンディングシーラーについてもう少し勉強してみます。

お礼日時:2005/02/23 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベニヤに塗装する場合の注意点を教えて下さい。

思い切って子供部屋の壁を塗ろうと思います。壁の材質はベニヤなんですが、塗装する場合の注意点を教えて下さい。塗料は水性のつや消しを塗ろうと思うのですが、どうでしょうか?塗る前にはサンドペーパーなどで壁の表面を削った方がいいのでしょうか?
気がついたことが有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥石の粉で、ホームセンターなどで手に入ります)を塗って目止め(必要以上に塗料が染み込んでしまうのを防ぐ処理)をしてから塗る必要があります。

まず、表面が荒れているようであればサンドペーパーで滑らかにしてそのあとに目止めをします。目止めをするにはバケツなどに砥粉をいれ水で溶いた物を雑巾などで表面に染み込ませるように塗り付けて、十分乾燥したところで乾いた雑巾など拭きあげるようにして磨きます。そのあとで塗装をすると無駄な塗料の染み込みが無く、きれいに仕上がります。

塗料を塗る際は、一度で色を決めようとせず、数回に分けて行うことが肝心です。水性塗料は薄めずにそのままでぬれる物も多いのですが、やや薄め程度に(一度塗りでは下地が透けて見える程度)水で調整し、ローラー刷毛にたっぷりと含ませ上から下に一気に塗ります。このとき多少ムラになっても気にする必要はありません。一度塗り終わったら、1~2時間程度乾燥させ再度塗り重ねます。最初にふちの部分など塗りにくい部分を塗ってから残りを塗る方が良いでしょう。

当然のことですが、塗料がついてはいけない部分はマスキングテープ(塗装用の紙テープ)や新聞紙でカバーしておくことを忘れずに、ローラー刷毛でもかなり飛沫が飛びますので床面や家具などは十分カバーしておかないと、ポツポツと塗料の水玉模様になってしまいます。

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥...続きを読む

Qラワン合板の塗装について

ラワン合板の木目が見えないように塗装がしたいのですがどのような方法があるか教えてください。

自分が考えた手順
水性サンディングシーラ>>水性塗料>>水性ニス仕上げ

以上の方法で良いのでしょうか?

シーラとゆう物を使ったことがなくイマイチ良く分かっていません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>サーフェイサーとゆうのも初めて聞きますが
 サーフェイサーとは、下地と塗料の密着性を高めるためで、ラッカー系の木工パテ( https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3+%E6%9C%A8%E5%B7%A5%E3%83%91%E3%83%86&gws_rd=cr&ei=WPITWMCaLsKm8QWX8LbIBA )をラッカーシンナーで薄めたもので代用できますし、砥の粉より密着性が高いのが良い。砥の粉を塗るようにウェスを使ってすり込むように塗る。その後サンディングすれば、木の導管師管をふさぐと同時に上の塗料との密着性が高くなる。
 アクリルラッカーは、アクリル樹脂( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82 )を溶剤に溶かしたもので、反応硬化型の塗料に比較すると塗膜形成時に肉痩せが起きますが、扱いが容易で、かつきわめて硬い塗膜が得られることが特徴です。リモネン(柑橘の皮)やアセトン(マニキュア除去駅)といった、強い有機溶媒に弱かったり、沸かしたてのやかんを置くと白化するなどの欠点はありますが、スピーカーボックスの用途には問題にならないでしょう。
 何よりも扱いやすい。

 色をどの段階でつけるかが問題になりますが、ラワンは木目が美しいとは言えないので、一度目のサンディングシーラーに黒の顔料を入れたほうが良いでしょう。顔料がなければ黒のラッカーでもよい。

 ポイントは、ラッカーは乾燥か早いとはいえ、サンディング/塗装の作業の繰り返しの時間を十分とることです。とにかく、完全に溶媒が飛んでしっかりした塗膜ができてからサンディングします。二度目以降は耐水へーパーを使用して水研ぎが埃も飛散せず、効率的です。

>サーフェイサーとゆうのも初めて聞きますが
 サーフェイサーとは、下地と塗料の密着性を高めるためで、ラッカー系の木工パテ( https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3+%E6%9C%A8%E5%B7%A5%E3%83%91%E3%83%86&gws_rd=cr&ei=WPITWMCaLsKm8QWX8LbIBA )をラッカーシンナーで薄めたもので代用できますし、砥の粉より密着性が高いのが良い。砥の粉を塗るようにウェスを使ってすり込むように塗る。その後サンディングすれば、木の導管師管をふさぐと同時に上の塗...続きを読む

Q木材(ラワン材)の塗装方法についてです

サンドペーパーで表面処理をする。
ラッカーサンディングシーラーを塗布する。
さらに細かいサンドペーパーを使う。
ラッカー塗料で着色。

このような感じで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

順番が逆!!
最後に着色したら
・厚く塗れたところは濃くなる
・禿げたら其処だけ薄くなる
・重ね塗りするたびに厚くなる

1) 砥の粉などで目止めする。・・・ラワンはとっても吸い込みが大きいので
2) サンディング・・・ここまでで目が潰れてないと後で泣く!!
3) オイルステインなどで着色!!! ここで色調整をする濃いところはふき取るなど
4) (必要ならプライマー/サーフェイサー塗布)
5) サンディングシーラー+サンディング(#240~#400)を繰りかえす。
6) クリアーのトップコートを塗る。

 着色は最初です。
 ⇒塗装仕様書( http://www1.kcn.ne.jp/~kikyou/GijutuKouteiLacquerOSCL2.pdf )

Q合板のザラザラささくれ、塗装で抑えられますか?

大きなプリンターや重い家具を載せる様に、ネットで木製の
28*600*600サイズ(可搬重量60kg)のキャスターを2台購入しました。
しっかりした作りで満足しかけたのですが、思ったより木の表面が
かなりザラザラとささくれだっています…。表面を拭いたり
粘着テープで何度取っても、撫でるとささくれが刺さってしまう程です。
材質は針葉樹合板だそうです。

なんとか木の表面を(触ってもささくれが目立たない位に)そこそこ
滑らかにしたいと思っています。
ニス等のスプレーや塗装のみでなんとかなりますでしょうか?
(保護の為に仕上げ用UVカットスプレーを購入しましたが、使用しても
大丈夫かどうか…)

教えてgooさんで検索した所、サンドペーパーやオイルフィニッシュが
よさそうですが、当方日曜大工未経験の素人なので、この針葉樹合板に
この方法が有効かどうか判断がつきません。
どうか知恵をお貸しいただければと思います。

Aベストアンサー

>材質は針葉樹合板だそうです。
それだと滑らかにするのはちょっと難しいですね。

>ニス等のスプレーや塗装のみでなんとかなりますでしょうか?
それではだめでしょう。

>教えてgooさんで検索した所、サンドペーパーやオイルフィニッシュが
それもだめでしょう。

やるならウレタン塗装ですね。

Q合板(コンパネ)に塗料を塗りたいのですが・・・

簡易小屋の内側の壁・床に合板(コンパネ)を使用しましたが、あまりにも白っぽいのでこげ茶の塗料を塗りたいと思います。
せっかくなので防水、光沢、着色の効果を兼ねた塗料を塗りたいと思いますが
どのような塗料が良いのでしょうか?
メーカー名、品名など多種類教えていただければ助かります。
(地方なのできっとDIYのお店には展示の種類が少ないと思うので…)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

内側ということなので一般的な塗料メーカーの
屋内外用水性塗料で充分だと思います。
臭いが少なく乾燥も早いので使いやすいと思います。
念のため「F☆☆☆☆」表示のある物を選べばいいでしょう。

私は小屋の内部を白く(明るく)したかったため、
家のビニールクロスを塗った残りの塗料を内壁に塗りました。
(ノボクリーンという塗料)

濡れる事が多いなら本来はコンクリート床用ですが、
床だけ「床用簡易防水」と書いてある塗料にするのも
いいかも(滑る恐れはあります)
こちらは完全乾燥には数日かかりそうです。

ところで内側にこげ茶色って、大きな窓でも無い限り
真っ黒な感じになってしまいませんかね?

Qラワンランバーコア材の塗装

ラワンランバーコア材の塗装

ラワンランバーコアを使って本棚を作成したいと思っています。
以前も似たようなものを作成したのですが、塗装が1ヶ月以上乾かず、
臭いもさながら、乾くまで使用が出来ずに困りました。
すぐに乾いてお手軽に塗れる塗料があれば教えて下さい。
見た目の美しさより、汚れにくさを考えて塗装しようと思っていますので、
塗りつぶしてしまって構いませんが、出来れば透明の物にしたいと思っています。

Aベストアンサー

ラワンなんですか?シナランバーじゃなく?
ラワンは表面がザラザラで色も赤いし、棚やキャビネットを作るのに使われることはまずないと思うんですが・・・

なのでシナのつもりで
まず、塗装前に全体をペーパー掛けします。
ランバーは表面がかなりきれいなのですが、多少のケバ立ちがあるので、それを落とす程度。
なので320♯程度でいいかと思います。
埃をきれいに拭い(エアーで吹き飛ばすのも併用するといいです)、塗料を塗ります。

これが乾くとわかりますが、材料の表面の(木目など)状態により塗料の吸い込み方が違うのです。あまり吸わなければツルっとした感じになりますし、吸い込みが激しいところは何となくザラついた感じになっているはずです。
なので再びペーパー掛けして塗装しなおします。
・・・つまり、一回目は材料の吸い込みを止めるための捨て塗りだと思ってください。

これを2~3回繰り返せばOKです。
途中でペーパー掛けすると表面が白く曇りますが(ペーパーで削るのですから当然です)、上に塗料がのると消えます。

塗料ですが、木材ですし透明で手軽なものということなので、まあ何でもいいようなものですが、1液性のウレタン塗料が良いでしょう。
塗幕が硬く耐久性があり、肉持ちが良く乾燥も早いですし、重ね塗りで深みが出ます。
汚れても掃除がらくですし、ぬれ雑巾だって使えます。
吹付け、刷毛塗り、どちらもできます。
また、透明クリヤー、透明艶消し、の他、オーク、マホガニーやチークといった色物もあります。


塗装の一般的な注意事項としては重ね塗りするときは乾燥時間をしっかりとってやる(重ねが進むほど乾燥に時間がかかるようになります)
一度に厚く塗らない。梅雨時などで湿度の高い時は塗装しない(微妙な表面結露などが原因で層間剥離や乾燥不良を起こすことがあります)。
1液性と2液性の違いは、2液は硬化剤によって固まり、1液は空気中の水分(湿気)によって硬化します。条件にもよりますが、通常だと硬化時間は2~3時間くらいでしょうか?

刷毛塗りするときは溶剤で少し薄め(シャブくする)にして塗ると刷毛目が出づらいです。
刷毛は安物は使わないように(毛が抜けたり切れたりして表面に残ります)、使う前によく空シゴキして抜け毛を落としておくと良いです。

もっと手軽に、と言うならスプレーのウレタン塗料です。「ニススプレー(ウレタン)」で探すと良いでしょう。

蛇足ですが、大きさにもよりますが本棚なので巾70~90cm、奥行き25cm程度とすると、ランバーコアを棚板にするなら厚できれば24mm欲しいところですが、18mmは必要です。
薄いと重量で反ってしまいますので、中央付近につっかい棒代わりの板を挟めれば良いです。
ただ単に差し込むだけにしておけばブックエンド代わりにもなります。

ラワンならケバは取れないし、色味が悪く塗装は何をどう塗ってもたいして変わりゃしませんので、好きなのを好きなように塗ってください(笑 基本的には工程は同じで良いでしょう)

ラワンなんですか?シナランバーじゃなく?
ラワンは表面がザラザラで色も赤いし、棚やキャビネットを作るのに使われることはまずないと思うんですが・・・

なのでシナのつもりで
まず、塗装前に全体をペーパー掛けします。
ランバーは表面がかなりきれいなのですが、多少のケバ立ちがあるので、それを落とす程度。
なので320♯程度でいいかと思います。
埃をきれいに拭い(エアーで吹き飛ばすのも併用するといいです)、塗料を塗ります。

これが乾くとわかりますが、材料の表面の(木目など)状態により塗料の吸...続きを読む

Qとの粉 目止めについて

現在、ナラ集成材で家具を製作しております。

そこで、との粉を濃い目で溶き、2回塗りし、
その上にオイルを塗ったところ、
細かいブツブツの導管の埋まりが不十分で、
黒の色が乗ってしまいます。
出来るだけ、このブツブツの所を埋めたいのですが、

(1)それは、目止めが不十分なのでしょうか?
(2)何か良い塗り方などございますでしょうか?
(3)フィラーの方が埋まり具合は良いのでしょうか?
 (素材は科学製品でしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.キレイに仕上げたいのであればヤスリで磨いてとの粉を塗った面を平らにして、木の穴だけにとの粉が入って塞がった状態にします。

そのまま塗るととの粉の塗りムラのまま仕上がりますから

2.濃度は今の5割ぐらいゆるく(^^;

3.勘です、ふつー二度塗りすれば塞がるという経験から
との粉の濃度によりますけどね

見えない部分とか他の素材で試し塗りしましょう

Qベニヤ板を雨ざらしで少しでも長持ちさせる方法

ある用途でベニヤ板を庭で雨ざらしのまま使うことになりました。通常ベニヤ板自体は雨に弱い材木ですが、その両面、縁全体を塗料で覆うことで数年持つように出来ないかと考えています。既製品で片面ウレタン(黄色い)の塗られたベニヤもありますが同様の塗料、もしくはそれ以上に手軽でコストパフォーマンスのいい塗料を探しています。ちなみにベニヤ板は4×8(120cm×240cm)1枚です。具体的なメーカー名、商品名を教えて頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイプ(1)合板を使えばそのままで数年持ちます。
多少のサイズ違いでいいならコンパネでも十分です。
塗料は屋外用のアクリル塗料でいいでしょう、
性能をもっと要求するなら二液性のウレタンかエポキシ塗料です、
エナメルでよければ道路用でもいいです。

Q木製品に塗料をきれいに塗るには?

初めて質問させて頂きます。木製品(主に小物、彫刻や小箱等)に塗料を塗ろうとしているのですが、なかなかきれいに塗ることができません。木の材質もいろいろですが、ペーパーも目の粗いものから、1000番台の水ペーパーを順に使い、かなりツルツルになる位まで磨き上げています。しかし、最後に塗料を塗るとどうしても木目がみえたり、ハケ目が目立ったり、ザラついたりしてしまいます。塗料も(主に白色)水性、油性、アクリル系、ラッカー系、プラモデル用、自動車用塗料等いろいろ試してみましたが、うまくいきません。使い方もよく知らないまま、との粉も使ってみました。塗った後、再びペーパーをかけて上塗りもしてみましたが、なんかイマイチです。筆の使い方も私が下手なんですが、きれいに塗るコツはあるんでしょうか?仕上がり目標は、ゴム印の台木上部の白い部分です。これはたぶん機械で塗ってあるんでしょうけど、それに近い位にきれいに塗ることはできないでしょうか?ご存じの方ご回答をお願い致します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなどです。アクリル系の塗料は接着性があります。熱は本当は熱ローラーでかけるのですが、ティッシュを2枚ぐらい介してアイロンを当てても可能です。(コツがいりますけど)

熱が使えない場合は、剥離紙上で完全に乾いた塗料に、木工用ボンドを塗り、素材に貼り付けて、ボンドが乾いてから剥離紙をはがします。要するに、塗料の膜を接着してやるのです。

剥離紙がない場合は、お菓子や食品の袋(ポリプロピレン)でもOKです。塗料が簡単にはがれれば良いのです。

こういった方法は、ピアノなどのようなピカピカの仕上がりにしたい時に使われるものです。箔押しと呼ばれています。

素材の表面が3次元に湾曲していると無理ですが、知っておくと、いろいろ役に立つと思います。

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなど...続きを読む

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む


人気Q&Aランキング