教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

こんにちは。
結婚内祝いについての昔と現在の認識の違いについて質問させていただきたく思っております。

昔は、「結婚内祝い」=「身内同士で喜びや幸せを分かち合うために
(結婚した2人の両親が)親戚や近所に住んでいる方、お世話になったかたえお祝いの品を配ること」
との説明を見ました。

親戚付き合いが少なく、核家族が増えている現代では上記の意味合いは薄れ
「結婚内祝い」=「現金や品物をくれた方に結婚した当事者が直接お祝いを返す」との
意味合いに変化したとの認識に相違ないでしょうか。

というのも、先日両親から現金のお祝いを頂いたので、内祝いをした方が良いかを確認をしたところ
私が両親にしようとしている行為は「内祝い」ではないと言葉狩りのようなことを言われました。
また、夫の親戚の方に現金を頂いたのでそれに対して「結婚内祝い」を送ったと言ったら、
その行為は私がするものではなく、本来なら親戚の方が義両親にお祝いを渡して、
義両親が親戚に内祝いを返すのが常識で、私がしたことは「結婚内祝い」を送ったのではく間違った行為だと指摘されました。

すごく上から目線で否定されましたが、私は父の言い分に納得できません。
風習や言葉の意味というのは時代の流れとともに変化していくものであって、
現代での認識はプレゼントや現金をくれた方に3/1-1/2のお返しを送る行為全てを
「結婚内祝い」というのではないのでしょうか。

詳しい方がいましたらご教示いただけると幸いです。
宜しくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    早速のご回答ありがとうございます。

    説明の仕方が悪く申し訳ございません。
    私が夫の親戚に結婚内祝いを返したことを変だと言っているのは
    私の両親です。
    夫の親戚の方は義両親の前で直接私たちに現金を渡してくれました。
    もらった私が金額の1/3-1/2のプレゼントを直接親戚にに渡した行為は
    「結婚内祝い」と呼べないのでしょうか。

    家族、同僚、友達結婚や出産の時にもらったものに対して
    私たちが直接お返しを送ることを「内祝いを送る」とは言わないのでしょうか。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/05/05 15:37
gooドクター

A 回答 (2件)

うーん、それならば お父様は 主様のした行為が


義両親様の対面を潰したと思っているのかも知れませんね。

先程 回答したように 内祝いは「家」が
基本となります。お父様の中では 「他家に嫁にやった」
と思われていて 「内祝い」を渡すのは「当主である義両親様」
だと思われているのかも知れませんね。

でも 主様のしたことは 決して現代の風習としては
間違っていません。
結婚内祝いとして 相手方に真心を尽くされるのは 当たり前のこと
です。

お父様には 「一応、義両親にも夫からお伺いを立ててもらったけど
今は その様にすることの方がお相手には良いと思う」
と 返事を頂いているから
と さらっと返しておけば良いですよ。

実の両親だと 腹が立つのも遠慮無しですが、
ここは 一家を構えた人間として 波風を立てずにやり過ごす
ことで
結婚した成人である と 示すことも 将来的には良い関係を
継続出来る やり方かも知れませんね。
    • good
    • 0

基本的には 「家で良いことがあったから」その良いことの


お裾分けが 内祝いです。

結婚 出産 等の折に触れ 振る舞われます。
相手方からのご祝儀は 本来は気持ちだけだとしても
振る舞われます。

この「家」に於いての 意識の違いですね。
嫁に来たのだから と言うのが 親御さんの言っていること、
結婚したのだから 夫婦で独立した「家」だとするのが 主様の主張。

これは 夫婦で話し合い 旦那さんから 親御さんに
二人の気持ちを伝えてもらうことが良いと思いますよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング