ビクトリア時代のアンティークの素敵な電気スタンドをイギリスの蚤の市で見つけたのですが、日本に持って帰って使えるかどうかがわかりません。

電源・電圧等は、それほど問題ではないと思うのですが、電球のソケットが問題になりそうに思います。電球のソケットの規格が違うと思うのですが、そのソケットの周辺も金色の真鍮で綺麗に装飾されており、そこの部分をまるごと取り替えられないように思えます。こういうのを日本規格に合わせる方法はあるのでしょうか。

日本でイギリスのアンティークを扱っているお店などは、どのように対応しているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問は、電球の口金の規格ですね。


ねじ込み式の白熱電球は、エジソン電球とも言われ、国際規格で、懐中電灯用から一般の燈具用まで、ねじの規格があり、その直径で、E10,E11....E26..など有ります。日本でも、2種類くらい電気スタンドでは使用していますので、この場合も、直径を確認する必要がありますね。
電圧は、また国により違いますから、日本の100V用と交換すればよいと思います。
口金の規格は、下記参考URLにあります。

参考URL:http://www.daitomedia.co.jp/tlt/lamp/catalog/cat …
    • good
    • 0

イギリスはたしか220Vでしたね。


日本でプラグを取替え(どこでも売っている)日本のランプ(100V用)に取り替えれば問題なく使えます。コードとプラグが一体成型になっている場合はコードそのものを取り替える必要があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qselect(ソケット)

ソケットを用いてプログラミングしていると、よく出てくると思うのですが、次の意味を教えてください。
select(SH); $| = 1; select(STDOUT);
$|(特殊記号)やSTDOUTなど、なるべる細かく教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソケットは効率的な処理をするために通常はバッファリングするモードになっています。
(その都度処理するよりある程度やりとりするデータが溜まってまとめてやったほうが効率的)

これを回避(フラッシュ)したいときにselect(SH)のように
ソケットを選んで$|=1 でフラッシュモードに切り替えています。
詳しくないのですがプログラミングにおいてフラッシュが用いられるのは、ソケット通信で双方向にやり取りするときが多いと思います。
ちなみにソケットをclose(SH)すると自動的にフラッシュしてくれます。

また、デフォルトではSTDOUTが選択状態になっていますので
> print "hello.\n";

> print STDOUT "hello.\n";
の省略形というわけです。

余談ですが、Perl使いは面倒くさがりが多いので慣用句みたいに
> select((select(SH),$|=1)[0]);
と、まとめて書く人もいます。
これはselectが返す値が直前まで選択されていたソケットだからできる技です。

ソケットは効率的な処理をするために通常はバッファリングするモードになっています。
(その都度処理するよりある程度やりとりするデータが溜まってまとめてやったほうが効率的)

これを回避(フラッシュ)したいときにselect(SH)のように
ソケットを選んで$|=1 でフラッシュモードに切り替えています。
詳しくないのですがプログラミングにおいてフラッシュが用いられるのは、ソケット通信で双方向にやり取りするときが多いと思います。
ちなみにソケットをclose(SH)すると自動的にフラッシュしてくれま...続きを読む

Q電球ソケットに付いている電球の熱さについて

電球ソケットに付いている電球の熱さについて

トイレに60Wまで・100Vと書いてある電球ソケットがあります。
このソケットには今60W・110Vの裸電球がついているのですが、
この電球が触るとずっと触っていられない位もの凄く熱いです
(そのソケット周りのプラスチック?まで熱い)。これが電球の普通の
熱さなんでしょうか?心配なので質問してみました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電球ソケットの定格で使っていれば問題無いはずです。
電球の光源は中のフィラメントと呼ばれているコイル状の金属に電気を流すことによって生まれる電気抵抗で発熱しそれが光源になっています。

このフィラメントの温度は2000~3000度の温度になるそうです。

それだけの温度で発熱する物ですからず~っと触ってられないのは当然ですよね

QTCP/IPプログラミングでのselectについて

selectは使用しているソケットのディスクリプタを登録させれば、send、writeシステムコールからのデータの受信等は検知しますよね。
では、コネクション要求(connect)は、検知するのでしょうか?
どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろん検知しますよ。
LISTENしているソケットに対しての要求を検知したら
acceptしてやればOKです。

Q電球のソケットサイズ

17金口のランプを交換しようと,
購入してきました

そうしたら微妙にゆるくて取り付けできません
17金口には
さらに種類があるのでしょうか??

Aベストアンサー

E17の口金の事ですよね。
直径が17mmのネジ式を表しています。ちなみにこのEは電球を発明した、エジソンのイニシャルから来ています。
E17の下のサイズはE12、上のサイズはE26になります。E16やE18は存在しないので、なぜ微妙にゆるいのか疑問ですね。
E17で間違いなければ合うはずです。他に種類はありませんので。

Qselectの意味

selectの意味

リファレンスマニュアルと本のselectの説明がわかりません。
説明の文はなんとかわかるのですが、引数のとり方が「reads[, writes[, excepts[, timeout]]]」となっていて、これは 3 要素の配列を返しているように見えないので、混乱します。「reads[, writes[], excepts[], timeout[]」という書き方なら3 要素の配列を返していると納得できるのですが、ここで返しているのはreadsの中にwritesがあり、更にその中にtimeoutがある配列を返しているんでしょうか?

手元の本に「selectはリクエストを受信すると、リクエストを検出したソケットだけをリストに返します。」とあるのですが、ここで言うソケットとは入力、出力、例外を指していて、リストというのはつまり配列のことなんでしょうか?

Aベストアンサー

a = hoge.select(ARGS)

の場合に、ARGSの部分が引数です。
ここは、「reads[, writes[, excepts[, timeout]]]」とかかれているので
以下の4種類の書き方ができます。
hoge.select(reads, writes, excepts, timeout)
hoge.select(reads, writes, excepts)
hoge.select(reads, writes)
hoge.select(reads)

また、aに代入される値が戻り値です。
ここには、
「戻り値は、timeout した時には nil を、そうでないときは 3 要素の配列を返し、その各要素が入力/出力/例外待ちのオブジェクトの配列です(指定した配列のサブセット)」
と書かれているので
nil 若しくは [???,???,???]の形で値が代入されます。

これでご理解いただけるのではないでしょうか。

Q電球ソケットのワット表示について

教えてください。
例えば、照明器具の電球ソケットに60Wまでと表示されており、同じ口径があった場合、
(1)20W用電球
(2)100W用電球
この2種類をつけた時、危険なのはどちらですか?

先輩が低いワット用の電球をつけた場合、倍近い電気が流れ発熱が酷くなり危険だと言います。
自分は、どちらも安全だと考えており、60Wまでと書いてあるので20Wの電球には20W分の電流が流れ、100W用には電流量が足らないので、発光量が暗くなるだけだと思っています。

先輩の方が正しいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>危険なのはどちらですか?

(1)20W用電球<=安全

(2)100W用電球<=危険

理由は電力や電流ではなく、電球の『発熱量』です。

60w程度なら樹脂製ソケットでも耐えられますが、それを越えると高耐熱性の絶縁体が必要です。
ワット数が上がると、ソケットの絶縁体そのものが「炭化」しやすくなります。
また、ソケットを収納するケース自体も高温になり、天井素材を炭化させやすくなります。

素材が炭化すると、蓄熱作用が働き、やがて発火に適した素材に変質します。
ワット数で制限をしているのは、「誰にでも解りやすい」という面があります。


ところで、この問題を計算してみてください。

(1)100v×0.2A=   w

(2)100v×1A=   w

数字は、直接使ってください。

Qソケットプログラミングで・・

簡単なソケットプログラムを作ろうとしておりまして、サイトで調べたりしておりましたところ、なんとか分かってきたのですが、ひとつどうしてもわからないことがありますので教えていただけますでしょうか。
ソケットから受信するメッセージの生成のところなんですが、
「WSAAsyncSelect(m_socket,m_hWnd,WM_USER_ASYNC_SELECT,FD_READ | FD_WRITE)」
で、2番目の引数「m_hWnd」がわかりません。
教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらの「III.非同期ソケット通信」のところが参考になりませんか?
WSAAsyncSelect()で、例えば受信データありの場合にイベントとして通知する
ウィンドウのハンドルをここに記述しておき、そのウィンドウのイベント
ハンドラで受信処理を行なうようなプログラミングを可能にします。
http://yonex1.cis.ibaraki.ac.jp/~yonekura/2002kadai/lecture03.html

参考URL:http://yonex1.cis.ibaraki.ac.jp/~yonekura/2002kadai/lecture03.html

Q電球型蛍光灯と白熱電球を併用すると電球型蛍光灯が暗くなる?

 シリカ電球(60W)が切れたので、東芝のEFA15EL/12-Rに替えました。
http://www.tlt.co.jp/tlt/lampmura/neoballzreal/neoballzreal.htm
 
 2箇所交換したのですが、両方とも同じくシリカ電球(60W)は明るく電球型蛍光灯はボンヤリした明るさです。(毎回では有りません)

 1箇所目は1階の通路で5個の内2個を交換しました。スイッチは手前/奥で3路スイッチを2個使用してます。
 2箇所目は2階の階段部分で3個の内1個を交換しました。スイッチは上下で3路スイッチを2個使用してます。

 上記の2箇所とも状況は同じなのですが毎回ではなく10回に1回程度の割合です。私が思うに抵抗の違いが影響してると思うのですがその他の理由及び解決方など有りましたら御教授お願い致します。

 尚、交換した3個の電球は、取り付け時期は変りますが同種の製品をその都度買ってきて交換したものです。

 

 

Aベストアンサー

 密閉型の照明器具には使えないと記載してありますが、電球型蛍光灯は電球の発熱により、放熱が妨げられると、電球の内部が高温となり、内部の電子機器が破損する恐れがあるためです。
 タングステン式白熱灯でも、密閉式もありますが、放熱面積を大きくして、対策は取ってあります、しかし電球が切れやすいです。
 電球型蛍光灯100ワットタイプでも、消費電力は25W程度なので、電気代としては特になります。
 今後、4,5年以内にタングステン式白熱灯は各社製造中止の予定との事です。すでに新聞などで発表されています。

Qint select(int n, fd_set *readfds, fd_set *writefds, fd_set *exceptfds, struct timeval *timeout)について

見当違いな質問かもしれませんがお願いします。

複数のソケットを監視する際にselectを使う場合のことですが、
selectの動作と戻り値について疑問があります。

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man2/select.2.html
ここを参照すると、selectの戻り値は
「更新された 3 つのディスクリプタ集合に含まれているディスクリプタの数 (つまり、 readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数) を返す。」
とあります。
私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識だとreadfds,writefdsが引数として与えられているとしても、
どちらかのfd_setのうち、一つでも動きがあればselect文は
抜けてしまうことになります。とすると、戻り値として
「readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数」
は常に1ということになってしまいます。しかし、総数というからには
複数同時に1になることもあるはずです。

私の認識が間違っているとは思うのですが、どう間違っているのかわかりません。
select文の動きについて詳しく教えていただけないでしょうか。
または良いページがあれば教えてください。

見当違いな質問かもしれませんがお願いします。

複数のソケットを監視する際にselectを使う場合のことですが、
selectの動作と戻り値について疑問があります。

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man2/select.2.html
ここを参照すると、selectの戻り値は
「更新された 3 つのディスクリプタ集合に含まれているディスクリプタの数 (つまり、 readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数) を返す。」
とあります。
私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きが...続きを読む

Aベストアンサー

>私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識はあっています。
しかし、selectを呼び出す以前にOKになっているFDがあれば、それらは全てビットがONになります。

話しを簡単にする為に、受信のみのソケットを3つ作成したとします。
これらの3つのソケットに向けて相手が電文を送ったとします。
その状態でまだ、こちらはselectを呼び出さずにいます。しばらくしてから、selectを呼び出すと、selectは即座にリターンし、3つのビットが一度にONになっているはずです。
一方、相手が、一切電文を送ってない状態で、selectを呼び出した場合は、何れかのビットがONになればリターンするので、そのときは、貴方が想像しているように
ビットの総数は1になる可能性が高いです。
従って、相手が電文を送る前にselectを呼び出すか、送った後にselectを呼び出すかは、その時のタイミングにより異なります。従って、ビット数の総和が常に1であるとは、考えない方が無難です。(1つのソケットしか使用しない場合は別ですが・・・)

>私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識はあっています。
しかし、selectを呼び出す以前にOKになっているFDがあれば、それらは全てビットがONになります。

話しを簡単にする為に、受信のみのソケットを3つ作成したとします。
これらの3つのソケットに向けて相手が電文を送ったとします。
その状態でまだ、こちらはselectを呼び出さずにいます。しばらくしてから、selectを呼び出すと、selectは即座にリターンし、3つのビ...続きを読む

Qソケットから電球がとれなくなりました。

部屋で荷物の整理をしていたところ
天井の室内灯(裸電球)に接触してしまい
電球のガラス部分だけがとれてしまって
ソケットに根元が残ってしまいました。

ソケットからはみ出すわけでもなくピッタリと残ってしまってるので取り外すことができなくなり困っております。
ソケット自体は部屋の備え付けなので容易に取り外しが出来ません。

うまく電球の根元部分だけとりはずす方法があれば教えていただけないでしょうか??

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電源を完全に切った上で、ペンチかニッパーのような工具を使わないと難しいと思います。


人気Q&Aランキング