教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

歯列矯正を数年前に治療自体は終了したのですが、下の歯は、ワイヤーを取ってから、元の位置に戻ってしまい、上の歯は、毎晩保定装置を付けて保っている状態です。
気になってたのは上の歯だったので下の歯が多少戻ったところで、そこまで気にしてはいないのですが、上の歯の保定装置というのはずっとつけ続ける必要があるのでしょうか?かれこれ、4年ぐらいは保定装置をつけ続けています。3日ほどサボるとどんどん前歯が前に出てきて元の歯並びに戻ろうとするのをどうにか保定装置で止めています。
歯列矯正に本当の終わりはないのでしょうか。保定装置を何年もつけ続けるのは当たり前なんですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

歯の根の周りには歯根膜という組織があります。


力が加わると破骨細胞が、反対側は造骨細胞が活性化します。
(だからインプラントは動かないので固定源にします)
矯正はこの仕組みを応用したもので、理論上は年齢制限がなく
矯正治療が終わっても変位する力が加われば動きます。

歯並びは力学的に安定する所に行こうとするので
自然な状態、つまり矯正前の位置が安定しやすい傾向です。
矯正治療によって見た目はそろっていても
無理やり不安定な位置に置いている状態なので
保定期間が終わって安心しても、元に戻ることがあります。

以上の理由から、矯正医には毎年定期健診をお願いしたり
保定用のリテーナーを何度も作る先生がいますが、
しっかり説明しないと金儲けと誤解されます。
高額をかけても中年で元に戻ってしまう方は多いので
担当医としっかり相談してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング