gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

根抵当権の債務者が会社分割した場合(今まで根抵当権と取引していた部門を分割した場合)なぜ、分割した債務者、会社もまだ債務者なのですか?

補足
債務者が今まで根抵当権と取引していた部門を分割した場合、なぜ、分割承継会社が債務者となり、根抵当権は承継会社取引したくない場合元本確定できるとはなっていないのですか?

なぜ、分割した会社は承継会社の分も自分の土地で承継会社の取引債務も担保しないとけないのですか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    それが出来るなら実体のない会社を作って債務を集めて分割して倒産させれば一方的に債務を消滅させられますね。について



    根抵当権者は承継会社取引したくない場合元本確定できるで防げますよね。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/05/06 10:42
  • どう思う?

    回答ありがとうございます。

    承継会社が債務者兼設定者の場合、承継会社は確定請求できますか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/05/10 22:31

A 回答 (2件)

質問の趣旨が不明ですが、根抵当権者をX、分割会社をY、承継会社をZとした場合、分割後にXがYに対して取得した債権やXがZに対して取得した債権も担保される理由を知りたいと言うことですか。


 引き続き分割会社や承継会社が根抵当権を利用できるようにするためです。設定者がそれを欲しないのであれば、Xと債務者や債権の範囲の変更契約を結ぶか、あるいは元本確定の請求をすれば良いです。

民法
(根抵当権者又は債務者の会社分割)
第三百九十八条の十 元本の確定前に根抵当権者を分割をする会社とする分割があったときは、根抵当権は、分割の時に存する債権のほか、分割をした会社及び分割により設立された会社又は当該分割をした会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を当該会社から承継した会社が分割後に取得する債権を担保する。
2 元本の確定前にその債務者を分割をする会社とする分割があったときは、根抵当権は、分割の時に存する債務のほか、分割をした会社及び分割により設立された会社又は当該分割をした会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を当該会社から承継した会社が分割後に負担する債務を担保する。
3 前条第三項から第五項までの規定は、前二項の場合について準用する。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

それが出来るなら実体のない会社を作って債務を集めて分割して倒産させれば一方的に債務を消滅させられますね。



補足については根抵当権について理解されていないように思いますね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング