教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

シンガポールの働き方、一般的な勤務体制含め等、シンガポールで実際働いている方、働いていた方、情報通の方いらっしゃったら教えていただきたいです。 閲覧ありがとうございます。 ご縁があり、日系企業の大手オフィス什器メーカーの内装設計部門からエージェントを通してシンガポール支社に転職いかがかとお話しをいただきました。 現在、建設の現場で働いており、30歳になるまでには設計部門に異動したいと会社に投げかけている状況です。 一方で、会社の思惑は、具体的に言わないのですがプロパーで施工管理をやっている人がいない。売り上げ向上に向けて施工管理できる人間が少なすぎるとの判断から、新卒で入ってきたメンバーをそのまま施工管理の部署に置くようなムードになっており、今年の2月ぐらいから転職を視野に入れながら、色々見てきました。 今回お話し頂いたのが、内装設計と範囲は、狭いのですが、踏み出す場としては、良いのかと感じています。今の会社の本当の狙いを確認してから転職を決断しようと思っているのですが、 そこでシンガポールの企業が持つ考え方、残業だとか、給与だとか休日の考え方など、コロナというこんな状況下で変化していると思いますが、何か生活する上での情報をいただけると助かります。 よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 追記致します。採用方法としては、現地採用になります。

      補足日時:2021/05/10 07:31
gooドクター

A 回答 (4件)

日本からシンガポールに移住して現地採用だと、かなら採用条件を良くしてもらわないと厳しい可能性がありますね。


先に回答したように居住費の負担問題が大きいと思いますし、日本人として生活すると物価は決して安くありません。
それでも日本より思い切ったバーゲンもするし、安い店もあるので、普段の生活費は何とかなるとしても、やはり住宅費をどれだけ会社が見てくれるかでしょうね。
私は日本の企業が進出している先しか経験がないので、現地企業に日本人が採用された場合のマネジメントなどはちょっとわかりません。
    • good
    • 0

現法採用(現法籍)なら、パス。


本社(本社籍)採用なら条件次第。
自分の身分が重要です。
    • good
    • 0

大雑把に言うと、東京23区が独立した様な小国で。


かなり豊かだし、小国ゆえに政府のガバナンスも行き届いてます。

治安面とかも日本の東京や大都市より良いので、日本人でも住み易いと言いますか。
アジアの中でもトップクラスで、東京や香港と並び称されてた時期もあるし、最近は香港の情勢が悪化してるので、日本以外ではシンガポールが一人勝ちとも言えるかな?

一方では、その強い政府のガバナンスにより、「明るい北朝鮮」などとも言われてますほか。
日本は中間層に手厚い国ですが、シンガポールは完全に格差社会で、日本の中間層がシンガポールに住むと、どちらに帰属するのかが中途半端です。
たとえばランチで言いますと、「5百円以下か15百円以上」みたいな選択肢になる感じです。

家賃も、日本人が住むレベルのソコソコのアパートメントは、六本木ヒルズ並みだし。
国土が狭いので自動車は増やしたくない方針なので、自動車関税がベラボーとか。

それと、日本国内での厚生年金や健康保険などの社会保険を掛け続ける必要はあると思いますが、それが会社負担なのか個人負担なのかは注意した方が良いかな?

それらの結果、駐在コストは、軽く一人当たり2千万円以上にはなる場合が多いと思います。
要は、シンガポールにタップリ税金を落としてくれる外国人以外は、余り歓迎されてない感じです。
外国人の在留許可も、何種類かあって、チトややこしいです。

シンガポールは「コストセンター」とも言われ、高収益事業しか成立しない場合も多く、最近は日系に限らず外資は、進出より撤退が目立つかも?

正直、良く判らない情勢ですが、決して悪い国ではなく、良い経験になる可能性は高いとは思いますよ。
    • good
    • 0

シンガポールの企業とお書きになってますが、日本企業の支社なんですよね。


それに業種によっても違いますから。
私の知る範囲ではあまり残業はしません。定時でサクッと帰る人が多いです。
給料は日本人として海外赴任するなら日本の所属企業の給料に海外赴任手当なるので、やはり企業によりますが、
日本人が住む住宅は賃料が高いので、その分を補填してくれるかがキーです。
食費もホーカーズなら安いですが、日本人が普通に行く所は安くはないです。
シンガポールはお金持ちも多いですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング