色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

野球が詳しい人に質問です。
【1987年プロ野球日本シリーズでパ・リーグ代表の西武ライオンズがセ・リーグ代表の巨人を下して優勝した。】この事について詳しく知ってらっしゃる方がいましたら教えて欲しいです。この試合の何が凄かったのか、なぜ巨人は負けたのか、またメンツやその他諸々この件について知っている方がいましたらぜひ教えてください!

gooドクター

A 回答 (4件)

名将・森監督が最高傑作のように回想しているが、ファンとして面白かったのは1983年の西武vs巨人の方が上だと思います。


1987年は、2年前まで甲子園を沸かせていたKKのシリーズ初対決だから盛り上がったという印象です。その前のオールスターでは清原が桑田からホームランを打っており、シリーズではどっちが勝つかというのが大きな話題となってました。
他には、王貞治が監督として初めて優勝した年でもあり、その采配に注目が集まってましたね。
結果的には他の回答にある通り、西武野球の方が質が高いことが証明されたシリーズで、前回の1983年のシリーズがフロックではなかったことも示されました。今後巨人がなかなか西武に勝てない時代が続きます。
清原の涙が印象的で大きく取り上げられましたが、しつこいようですが面白かったのは1983年の方ですね。trajaa氏の回答もおそらく1983年のことでしょう。
    • good
    • 0

殆ど記憶にはないけど、清原が優勝が決まる試合でツーアウトになった時、守備に付いてた清原が感極まって泣いたんですね。

ドラフトで巨人から指名されなかった恩讐がそうさせたんですね。あの時の事は今でもはっきりと覚えてますよ、その年じゃないのかね。ライオンズの打線は凄かったです、清原、秋山、デストラーデ、石毛、辻、それと忘れた。メンツとかその他の件と言うならばだね。その記憶しかないね。それと森監督が次はGからお呼びがかかったのが、事前に漏れてパーになったんだね。そんなところかな。
    • good
    • 0

試合ごと、あるいはシリーズを通して、西武森監督の戦略が際立ったシリーズでした。



特に第6戦で、ジャイアンツ、クロマティの返球の癖を見抜き、一塁から一気に辻を生還させたシーンは、未だに名シーンとして語られています。
そのあたりの観察眼は森監督の著書を読めばよく分かるところです。

また、西武、ジャイアンツ両チームのラインナップが錚々たるメンバーであった点、
更に日本シリーズ常連の名将森率いる西武と、就任4年目で初の日本シリーズ出場の世界の王率いるジャイアンツの対戦と言う対比も面白かった。

更に、KK事件で失意の西武入りとなった清原が宿敵ジャイアンツと対戦。
優勝が決まる直前に一塁守備位置で涙を流したシーンはその時代の象徴でもありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/1987%E5%B9%B4%E3%8 …
    • good
    • 0

毎試合のように逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームを繰り返した


どちらが有利という一方的な感じで
最後まで予断を許さなかった

様な感じだったか?
小さかったし昔のことなので記憶が薄いけど
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング