色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

株式 現実は3%くらいで
合格と聞きましたが

資本金が無いと稼ぐのが難しいのでは?


どんな人が稼いでいますか?


FXも1%の人が成功しているとか・・・

投資はハイリスク・ハイリターンで
難しい?

__________



年利5%~9%が現実的ではある



株式と債券の分散投資を行う場合は利回りが下がるため、年利3%~5%と考えるとよいでしょう。

個人投資家が目標とすべき年利は10%がベストとされています。

年利10%と聞くと少ないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、投資を行う上で重要なのは継続的に安定したリターンを得ることです。

5年先10年先にどの程度資産が増えているのか、具体的にイメージして長期的な目線で考えましょう。

仮に元手1,000万円で投資を始めた場合

年利10%を達成し続けると、3年後には1,331万円になります。

5年後には1,611万円

30年後は1億7,449万円まで増える計算です。





投資の年利はどれくらいがベスト?実利回りの計算方法は? | コラム | 資産運用・相続税対策専門 ネイチャーグループ https://www.nature-inter.com/column/1553/

gooドクター

A 回答 (4件)

投資の利益の出し方は一般的にキャピタルゲインとインカムゲインです。


キャピタルゲインに関しては利益を出し続けることはまず無理です。
一方で配当は出続けることはあります。
長期で配当を得ると原価割れを穴埋めするポイントが出てきます。
トータルリターンでフラットプラスであれば、売却して還付税を受ければ大きく利益転換します。
売却損の未処理分を損益通算すれば、それも利益転換材料となります。
利食いをこまめに繰り返せば通算材料となります。
配当金は再投資に回して株を増やしてゆきます。
このようなやり方で、正しく銘柄選びをして中長期投資すれば、1000万円を5年で2倍~3倍になることも無理ではないです。
資金が増えると結果は出やすくなるので、初期資金が1000万の方であれば10年後に数億円ということも可能です。
常に研究と微調整が必要となります。

潰れるような会社を買うといけませんが・・・。

あくまでも、経験と資金がある例のお話です。
    • good
    • 2

>現実は3%くらいで合格


投資のリターンの目標は自分自身で考えて定めるもので、とれぐいのリターンがあれば合格といったことが決まっているわけではありません。

レバレッジをきかせたトレードでハイリターンをめざすという方法もありますし、インデックスファンドを少しずつ積み立てていくという株式投資もあります。

FXも外貨預金代替としてレバレッジはなしで取り組む方法もありますし、逆にハイレバレッジで勝負するというのもあります。

同じ株式市場、あるいは為替取引であっても、様々な方法やスタンスがあり、意味、リスク・リターン等がそれぞれ異なるので、単純に「株式投資」という一言でまとめることはできません。

>資本金が無いと稼ぐのが難しいのでは?
それは方法と、どの程度の金額のリターンをめざすのかということによります。当然、資金量が多い方が有利ではあります。

>どんな人が稼いでいますか?
千差万別、いろいろです。
    • good
    • 2

株式投資で一番難しいのは、「勝ち続ける」ことです


素人だろうが何だろうが、単年で勝つことは誰にだって出来ます
アベノミクスだのトランプラリーだの、過去ジャップランドでも日経平均が大きく伸びて、逆に損する方が難しいとすら言えたような相場は何度も存在しました
しかしホニャララショックだのナンタラショックだので相場が大きく下げる時期もあり、この時に含み益が吹き飛んだりすると、大抵の人は損切をしてしまいます
で、
年利5%だの10%だの云われているのは、要は世界中に分散投資して特に何も弄らなければ、10年20年スパンで評価すれば世界経済は平均して7%前後でインフレしていることによります
資本金とかそういう話ですらなく、何ならダウやS&P、Nasdaqを定期的に買い付けていれば年平均でそのくらいは殖えているということです
では、稼ぎ続けている人は?
目先の利益に喜ばず、一方で目先の損失に悲観せず、長期的な目線で運用出来る人だけが勝ち残れる世界です
ヘッジファンドは単年毎年の成果を常に要求されますが、個人投資家は時間を味方につけることが出来る、という当たり前のことを常に覚えていればいいだけです
    • good
    • 1

株式 債権 投資信託くらいまででやるなら年利5から10くらいかと



でも それなら確かに元金が少ないと、増えていかないのも事実ですね

機関投資家とかプロは、そーやってリスクを分散させて、リスクを減らす代わりに、安定して増えるようなポートフォリオを組みます

ハイリスク・ハイリターンだと、元金が
なくなったら、そこでゲームオーバーだし、完全になくならなくても、減ったらメンタルがやられて、そのあと伸びるとした買い方でも、途中で下りてしまいます
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング