色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

米国株と日本株…米国株は1株から購入可能。
その代わりストップ安などの機能がない事
くらいしかわからないのですが…

日本の個別株より米国の個別株の方が
儲かる率は高いのでしょうか??
今の日本はコロナウイルスの蔓延が止まらず
ワクチンもまだまだ… 米国の方が良い感じがしますが…
如何でしょうか? 米国株と日本株を比較しての
ご意見を頂けないでしょうか?宜しくお願いします。

勿論為替の事も気にしなくてはならないですが…

gooドクター

A 回答 (8件)

儲かる確率ですか。

騰落率、ボラティリティなど大きいものに掛けるという意味では米国株の方が儲けれます。テスラ株など去年は8倍くらいになりました。

人口の側面から見ても米国株です。日本は人口減少真っただ中。移民も受け入れません。米国は少なくとも2050年までに3.7億人程度になります。今は3.3億人くらいです。

儲かる確率が「安定して儲けれる」という意味でしたら…すいませんが、個別株はポートフォリオから外した方がいいと思います。結局行きつく先はインデックスです。それもS&P500一択です。複利効果も狙ってコツコツ数十年という感じです。参照:https://structural-reform.com/sp500/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。確かに米国は最強ですね。今後の見通しも良い。
S&P500のチャートが物語っていますね。それに比べると日本は淋しいですよね。確かに投信でコツコツが一番ですね。ただETFも視野に入れてみたいと思います。貴重なご意見有難うございました。その他の方も有難うございます。

お礼日時:2021/05/15 09:48

>日本の個別株より米国の個別株の方が儲かる率は高いのでしょうか??


経済全体の成長という点では、米国市場の方が有利なように見えますが、個別銘柄では、基本的にそれぞれの銘柄のファンダメンタルズの要因と売買タイミングということになりますので、必ずしも米国株が有利とも言えません。

経済全体の成長とう点では、今はとても大変なことにななっているインドなどは市場の大きさや今後の人口の変化などを考えても有望かもしれません。

コロナとかワクチン云々は目先のことで、中長期の個別銘柄の投資ということであれば、個々の企業の事業内容やビジネスモデル、成長性等をよく見ておくのがよいようにも思います。

となると、自国バイアスというか、一般に日本であれば日本の企業のことの方がイメージもできわかりやすいですから、投資判断もしやすいという面があるかもしれません。

まあ、全体としてはどちらがいいかというより、好みの問題というところが大きいかなと思います。
    • good
    • 0

米国ではGAFAのような企業が出ますが、日本では絶対に出ないので米国市場の方が有利です。



ただし個別株は、素人が運用するのは難しいですね。投信をオススメします。eMAXIS Slim とか
    • good
    • 0

個別株ではなくて、SP500とTOPIX銘柄の長期的な上昇率の違いですね。



基本世界の経済はどの時代も米国市場を中心に動いてることが多いです。
日本が80年代後半にバブル絶頂期になったのは事実ですけど、それ以来そんなにパッとしないのは、バブル崩壊後も経済構造が結局そんなに大きく変わってないし、結局日本経済の中心になってるのは昔からある製造業とかの大企業でそれらの機動力はあまりないです。

今の米国市場を引っ張ってるApple, Amazon, googleなんかを見てもここ20年で出てきた企業は多いし、TeslaやFacebokまた仮想通貨なんかでも結局今後伸びる可能性のある企業がどんどん出てくるので、結局米国市場は強いんですよ。
    • good
    • 0

概ね理解しておられるようですが、株そのものの投資をこれからするのであれば日本株の方が安全です。


>ストップ安の機能・・
ストップ安の機能ではなく、日本の株式市場には制限値幅というものが設けられており、価格帯に応じた異なる値幅制限で制限値幅に到達するとストップ高、ストップ安となり、その日の取引が止まります。
また、先物や株では鞘取り(裁定取引)に絡んで相場の混乱を招くことがあり、価格が一定以上の変動を起こした場合に、強制的に取引を停止させるなどの措置を行う制度としてサーキットブレーカーがあります。
さらに、同一資金を使って売買を繰り返す行為が差金決済取引となるため、注文ができないことや、大量注文の指値変更に条件が付くなど、これらの規制事項や取引停止措置はどちらかと言えば、個人投資家や少額資金投資家、初心者を守る手段と言っても過言ではなく、また単元株100株の設定も、安易な取り組みを避ける意味でもなります。
日本では単元未満株の売買はリアルタイムな約定ではなく、利益につなげるには手間と時間がかかりますが、逆に不用意な取引を避けるということにもなります。
米株指数は右肩上がりですが、構成銘柄の入れ替えが激しく、ダウ工業30種平均を見ると工業と言えるような銘柄よりも金貸し、外食産業、食品関連、などあらゆる他業種が構成され、自動車BIG3が入っていませんよね。

為替リスク、税率、入出金手間、手数料の高さ、財務の透明性などどれをとっても日本市場の方がわかりやすくメリットが高いです。
ただ、ニューヨークにはアメリカンドリームなるものがあり、一攫千金は期待できても、多くの人が資金を市場に溶かします。

ワクチンに関しては日本は出遅れで、大手製薬が軒並み安いので逆に買い場が見えてきています。
    • good
    • 0

仰るとうりです 今まではそういう動きです


アメリカなにか細工しいるのかもしれない
日本株乱高下するので難しい
昔米ダウ買っていればおお金持ちになっていた             これからは どうなるのかな
    • good
    • 0

成長を続ける米国とぜんぜん成長しない日本。

米国のほうが期待できるに決まってます。
    • good
    • 0

バクチはバクチと心得ましょうッ!

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング