色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

1. 言葉の問題から入ります。

わたしたちは コトバを使い分けます。

ふだん日常生活で使っているスサノヲ人間語( S 語)と よそ行きのアマテラス人格語( A 語)とです。

2. アマテラスというのは 多少とも公共の・オホヤケのという意味を込めて用いています。

言いかえると スサノヲ語は 遠慮のないワタクシの出る・それゆえあやまちうる人間のコトバです。



3. アマテラス語は――スサノヲ語が 生活全般にわたる人間語であるに対して そこで――倫理ないし人間関係についての普遍性を問い求めた結果としての 人格語です。規範となり得てあやまちのないと考えられている普遍語です。

4. 普遍語と言えば 事物や現象(モノやコト)つまり経験事象についての普遍的な認識を問い求める科学という行為があり これも公共のための A 語であり 言ってみればアマテラス科学語です。



5. アマテラス普遍語は ふたつの階層があります。

人間関係としての倫理ないし価値判断を尋究したものが アマテラス人格語であり この価値判断を自由に禁欲しおのおの主観の片寄りから自由になって世界の事象を認識するのが アマテラス科学語です。

5-1. 科学と言えば いまでは一般に自然科学のことですね。そしてこれが アマテラス科学語の基礎を成すものと思われます。




6. ところで 哲学は――生きることですから―― すべてをあつかいます。例外をおきません。人間ないし人間性に関する限り この部分は省略できるとか この点は初めから排除するといった扱いは なしです。

7. したがって哲学は コトバとして捉えれば: 

  《スサノヲ人間語 - アマテラス普遍語(科学語および人格語)》

というふうに二重三重に階層的な構造を成すコトバ全体で成り立ちます。やはりすべてを含むと同時に 一定の分野に分かれて 問い求めがすすめられます。各分野の科学を ことさら哲学であるとは言いませんが。





8. 哲学の特徴は ひとつに 世界のモノゴトないし事実のほかにも 超自然や超経験つまり 非経験の場ないしチカラについても その尋究可能性を扱います。

9. また あらゆる可能性をふくめたすべての世界を相手に――各分野の科学の成果にもとづき――その交通整理をおこないます。これは 特に哲学がになう役割りでしょう。


10. かくして 時空間のすべてにわたってその世界にある《いま・ここなるわれ》の――歴史的な・社会的な・文化的な・・・あり方の中に位置する一人ひとりわれの――哲学的な自己了解を得ようとつとめます。

11. わたしはわたしである。《〈わたしはわたしである〉わたしがわたしする》というおのおのに固有の道を模索します。巡礼の旅路のごとくあらゆる道を経めぐりつつ 一歩一歩うんうんと自分を推してあゆみます。

12. そうして コトバの構造の世界にあって ――われも生きる なれも生きる かれも生きるという――自由を問い求めます。


☆ ご見解を!

A 回答 (27件中1~10件)

延々と考え続けたいのではありませんか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

表現のあやとして言えば

永遠に生きること

です。哲学とは 生きることです。

お礼日時:2021/05/16 08:08

本当に疑問解消に進みたいのですか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

① この質問としては 哲学が 学問ないし科学の原点であり いろんな象限にわたって細分化された諸科学をまとめあげる視点であるということ。これを 共通の定義としたい。


② 同じことになるのですが 諸科学を分化したまま別々にしか扱わないとしたら それについて疑問だということ。


③ さらに同じようなこととして 哲学ないし科学を 思考による理論づけやその実践やの段階に分けて やはりそれぞれは別々だという見解に疑問を持つということ。

④ 中で哲学は 分化科学とちがって 認識だけではなく またそれを道具として使って事足れりとするものでもなく すでに個人として人が生きることそのものであると言いたい。


☆ これらの疑問を解消したいです。

お礼日時:2021/05/16 03:34

手段として学をみてるだけですから。


だから持論がぶっ壊れようが消え去ろうがあくまで目的と成果が大事って事。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あぁ やっと違いが分かりました。

★ 手段として学をみてるだけですから。
☆ ここですね。


つまり ほかの学は いかに学問と言おうと 手段です。知識としても知恵としてでも なお道具です。

けれども 哲学だけは 違うとわたしは見てるんです。


なぜなら 哲学とは 生きることだと定義しているからです。

生きるときに 思考を――世界のあらゆるものごとを知覚としても受け留めてそこで思考を――めぐらす。このことは 学という規定にはおさまらないと思っているわけです。



互いの視点の違いをおさえつつ 互いに認め合える・・・のではないですか?

お礼日時:2021/05/15 08:48

からとん。

ああ。

なんというかね、結局 do があるだけ。
ほしいのは成果。
ここがあなたと私達の決定的な違いかな。

からとと。あん。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ふむ。

あたらしい仮説 これが いちばんの成果でしょうね。

でも それとしても思考の積み重ねですから 日から日への思考の道が大事ではないですかね。


(わたしは 実験とかあるいは ランタイムの円滑な実施のこととかを 取り分けてそれのみを《成果》とは していないですね。と思います)。

お礼日時:2021/05/15 08:35

ももっち こう見えても あっさり

    • good
    • 1
この回答へのお礼

――とすると:

★ ぶっ壊す
☆ という表現が 大げさなんですか?

思考の積み重ねは 経験知として有益ではないですか?

お礼日時:2021/05/15 04:01

なんというか、根本的に頭の使い方が違うんでしょ



言葉は消え物として扱ってますから私は
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 言葉は消え物として扱ってます
☆ 必ずしも明解ではないと思いますね。

コトバが 消えてしまっても その思想の内容や指針のようなものは のこるはずです。


それが 哲学だとも言えるとすれば:
★ 頭の使い方が違う
☆ とは思えないですね。


いまこうやって 意志疎通をはかり 情報交換におよび 互いにその見解がいっそうの高みにいたることを目指しています。


《言葉》観のちがいによって 哲学が――哲学の交通(まじはり)が――有効でなくなるとは思えないのですが。・・・

お礼日時:2021/05/15 03:16

わしやさんの回答は結構当たり前の事をいってるので、私も当たり前の事を何か書、



いやそれはどーなん
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いやぁ 必ずしもそうではないですよ。


まづ いづれにしろ いろんな見方からの回答が得られるのは よいことだと思います。とにかく自分の視野を広げられます。


当たり前のことについては それとしての見方一般を確認することが出来ます。


見解がことなる場合には その内容をこちらから書いてぶつけます。

わしやさんは 受け留めてくれます。



なお:
☆☆ 10.・・・哲学的な自己了解
☆ ですが けっきょく《哲学とは?》であるとかカント批判や宗教批判や何やかやというふうにやっていることが それです。




なお あなたの:
【Q:ぶっ壊して何度でもつくる哲学】
については 回答を寄せようと思って 趣旨説明を読み解こうとするのですが いまひとつ焦点を結ばないかっこうです。

ポイントがあるようで どこか不確かに感じます。

お礼日時:2021/05/15 02:59

おきましたけえ

    • good
    • 1
この回答へのお礼

わたしも いま目が覚めて起きてきました。

お礼日時:2021/05/15 02:46

寝ます。

起きたらまた考
    • good
    • 1
この回答へのお礼

№18は あまり捉えどころがなかったと思います。


たとえば わしやけどさんのように 互いに率直な話のやり取りで前へすすんでゆければいいんぢゃないですか。

そういう場ですよね ここは。

お礼日時:2021/05/14 21:53

このやりとり全体、あなたの活動全体、それがあなた自身で、まあそれで行こうという方針ならそれでよいわけですね。

もちろん。人のやってることとやかく言うことじゃない。

あと、私の言動があなたの何かを傷つけたことがあったかもと、それがやはり気がかりです。木造氏にも同じ思いが出来つつあります。

私のほうが学問的には未熟なので学ぶ事のほうが多いだろうという関係でエラソーに物言うのはどうかなと。でも哲学に属人性ないらしいのでOK。

ちょっとまたあとで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いや ほんとうは すべて《わたくし》事ですよ。と思いますよ。

お礼日時:2021/05/14 18:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング