教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

市道と接している土地についての質問です。
市道の中にアスファルトの片側一車線の道路と30センチほどの側溝(フタなし)側溝の横に50センチほどの平な土のままの植木の生えてる土地があります。
我が家の土地へ車の入る3メートル進入路を工事予定です。
土地家屋調査士さんの話しだと土(道路)の部分☆印を専用使用するために毎月永久的に市に使用料金の支払いが必要と聞きました。
側溝の上はコンクリートのフタをする予定です。
その専用支払い契約を取り下げた場合は、自らその道に入れないように自分の土地側に柵をしたりロープを張り通行できなくする必要があると聞きました。
その法律の意味する内容やその法律の名前その他何もわからないので知っている方がいらっしゃったら教えてください。
☆印の使用料です。
両側の土地の所有者は、側溝上もアルファルト舗装して進入路を確保しています。
我が家しか使用料金は、かからないそうですが公図の上では我が家の土地が1番道路に食い込んでいますので市道の土の部分との差が短いと思えるのですが何か裏ワザがあるのでしょうか?
お隣さんは市の植えた荒れた植木を取り除き綺麗な石と庭木と竹で整備されています。
市の土地の購入は難しいと思いますが舗装して欲しいとの要望も難しいですか?

「市道と接している土地についての質問です。」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • ピンク色部分の2筆は我が家の土地です。

    「市道と接している土地についての質問です。」の補足画像1
      補足日時:2021/05/13 21:12
  • 植木は市の土地です。
    植木の後側が境界線です。

    「市道と接している土地についての質問です。」の補足画像2
      補足日時:2021/05/13 21:16
  • ご回答ありがとうございます。
    腹が立ってこちらに相談しましたがお二人のご回答によりお陰様で冷静さを取り戻すことができました。
    静かにお役所にお話しを伺ったのちお役所の言うとおりに対応させて頂きます。
    お二人のお陰で諦めがつきスッキリしました。
    本当にありがとうございました。

      補足日時:2021/05/13 21:29
gooドクター

A 回答 (4件)

たびたび失礼。


あわせて建築指導部門、名前は建築指導課あたりに相談するのもいいです。
道路管理部門は道路法の道路と法定外公共物の赤道の管理だけ。
建築指導部門(いわゆる特定行政庁)では建築基準法に関する道路の判断を行います。
ピンポイントで敷地と道路の関係も。
今回の事例なら、道路管理部門に行かないで建築指導部門の窓口で相談するのもいい。
場合によっては建築サイドから道路サイドに照会をして、この土地と道路の関係を質問してくれるかも。
道路管理部門は建築に疎いですが、建築指導部門は住民の利益を考えてくれますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
建築指導課に相談してみます。
相談先も教えて頂き助かります。
知識がないまま市役所に問い合わせて薮蛇になることも心配の1つでしたがなんとか相談に行けます。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/05/14 09:06

No.2ですがお礼と補足の図などをありがとうございます。



>ピンク色部分の2筆は我が家の土地です。

奥の土地とあわせてピンクの細い部分を宅地に転用できる、つまり敷地に含められるなら何ら問題無いのでは?
ここがあなたの土地として、自治体がどこの部分で占用の話をしているんですかね?
今のままで『道』の赤道と接していますよね。

ちなみに水路では占用の話があるんですが、赤道ではこの概念がありません。
「道」とは不特定多数が通行の用に供するもので、その一部分を個人が「占用」してしまうのは馴染まないんですよ。
水路(青道)は水の流れを阻害しない条件で、水路用地の上の通行だけを認めたもの。
もちろん赤道も青道も敷地には含められません。

この図で言えば『道』をそのまま市道として認定するのが自然な話です。

またまた想像で、、、
質問者さん、赤マーカーの端から端まで道路査定って済んでます???
この話は「認定幅員」で進めているのでは?
例えば植木の写真がありますがこれらの障害物は市道の民定区域と連動しない。
このまま認定幅員で考えると植木の手前、舗装の端で幅を計測したものを「幅員」と暫定的に取り扱う。
たとえ赤道の上に植木があっても、見た目だけで認定幅員は決めてしまう。
土地の境界の確定=査定がまだなら、実施すればわかりますよ。
先ほどの市道の区域変更の件も、境界未確定で暫定的な認定幅員であれば境界確定にあわせて道路管理者が自分で区域変更をします。
(変更と言うには語弊があり、正しくは未確定だったものを確定させて正しい幅員で表示をし直す)

そこ、市街化調整区域ですよね。
宅地への転用でも都市計画法での許可にしても、必ず土地の境界の確定=地積の確定作業が出ます。
それに前後して道路部分の査定を実施すれば何ら問題は無いような…

この条件で自治体(道路管理者)が、あえて『道』の一部を市道の区域から除外する=あなたの土地を袋地にする、は考えられないため。

道路際の植木の土地はどちらでもいい。
市道の区域内に植木が残っていても問題無い。
道路の街路樹などみんなそうですので。

赤マーカー部分と市道が接している、と道路管理者に判断させる。
あわせて区域変更も。
査定のある無しに関わらず、樹木のある無しに関わらず、あなたの土地と市道の認定部分が「机上の図で構わないので」道路管理者に接している、と判断させれば済む話です。
公図上で赤道だけ、他に利害関係も無い、こんなわかりやすい形態は無い。
言い換えたら、これで道路管理者があなたのお願いを拒否することは考えられない。

ところで占用や条件の話、どこから出たんです?
土地家屋調査士?
あなたが道路管理部局の窓口に行って、直接確認したほうがいい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
土地家屋調査士さんから言われました。
道と我が家の土地には昔からの境界杭もあります。
道に接した部分の測量図あり20年程前に法務局に登記されています。
植木の下の市の土地を幅3メートル奥行き50センチ程使う事になるために市と占用?契約を結び使用料金を永久的に支払うように言われました。
先々契約を取り消した場合は、我が家の土地の出入り口に出入りできない塀かロープを張らないとダメだそうです。
ちなみに我が家以外は、昔も今も使用料は、必要ないと聞いてもいないのに説明されました。
土地家屋調査士さんの話しが納得できず嫌がらせなのかと思い1人で悩みここに相談させて頂きました。
心落ちついたので市役所に確認してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2021/05/13 22:16

>側溝(フタなし)側溝の横に50センチほどの平な土のままの植木の生えてる土地があります。



これは水路(一般に言う「青道」)でいいんですかね?
で、今回の話が水路占用(「専用」ではない)のこととか。

あくまで想像だけど、あなたの土地(敷地)が水路で分断されていて建築基準法第43条第1項の接道義務を満たさない、いわゆる袋地では?

>我が家の土地へ車の入る3メートル進入路を工事予定です。

建築基準法では一般の住宅で接道の長さを最低2mとしています。
自動車が出入りするには2mではキツいので余裕をもって3mで占用する、との流れでは?

あと、公図上の水路が平らな土地とのこと、いわゆる「つぶれ水路」または地中の暗渠で地表では水の流れが無く、水路としての機能が失せている。
今回の進入路は水の流れの上に架ける橋ではなく、側溝含め凸凹の地表を自動車が出入りできるよう整備するのが目的、と。
こんな感じ?

なら、この話は仕方ないんですよ。
水路占用許可とは、(法定外)公共物である水路の敷地を個人的に使いたい(これが占用)とき、水路敷地の使用許可のこと。
あなたの場合、これをしないと建物を建てられない。
「使用許可」とは、一般に公共物を私用で使わせることは法令で禁止なんですが、条件を満たせばこの禁止を解除して貸せる手続きのこと。
もちろん使用手数料もこの条件のうちで、納得できないなら許可はされない。
(許可は自治体側の裁量です)
法定外公共物の占用料はそこの自治体の使用料条例で決まっています。

あなたが納得できないのは自分だけ使用料が科されていて、隣人が免除されているのでは?との疑念?
こちらについては事情がわからないのでノーコメント。

>何か裏ワザがあるのでしょうか?

まず、この図はたぶんあなたの勘違いと思う。
なぜか?
この図だと市道(道路法による道路)の区域に水路が含まれているから。
つまり、言い替えると、、、
この図だとあなたの土地はすでに市道に接している。
ここに水路占用の話はあり得ない。
(ので、図は誤解、市道の区域を示す矢印は、左端はいいとして、右端は側溝の端までのはず)

この考えでいくと、、、地中に暗渠が無い前提で、、、
「市道の区域変更」
を、水路管理者ではなく、道路管理者へ相談してみる。
水路用地(青道)も含んでの市道の区域(幅)と扱ってもらう。
私の地元でもこの手法で水路占用を逃れた事例はありますよ。
そうしないと接道の取れない袋地扱いで事実上建築基準法第43条第1項ただし書き扱いになってしまうんです。
(水路またぎではこちらの許可申請の手続きは不要と思うが)

市道の区域(この場合は幅員)は道路管理者が決められるんです。
今までは水路を除外していて舗装部分と側溝までを「市道」としていたなら、それを水路用地まで含めて市道と扱ってもらえれば解決するわけ。
簡単でしょ。
今回これが可能なのは「つぶれ水路」だから。
実際に水が流れている開渠などでも水路まで含める事例はあります。

市道と水路で分ける考え方は水路管理者と道路管理者と、どちらの管理下に入るか、の違い。
道路に接しているつぶれ水路なら一般的には道路管理者が一元的に管理するのが手っ取り早い。

ちな、道路法により起点や終点の変更って大変です。
これは路線の認定に関わることで、年に4回開催される定例市議会に議案として挙げて議会の承認が必要でして、今回のような1個人に便宜を図る変更はまず門前払いです。
だけど幅(このケースでは水路を市道に含めること)の変更はこの限りではなく、道路管理部局の判断及び手続きだけでいい。
けっこうハードルが低いんですよ。
ただし区域変更の告示には少々時間がかかります。
目安で最大1ヶ月。
すぐに家を建てたいなら困るかもしれない。
いずれにせよ、水路込みで市道とするよう、区域変更のお願いを道路管理部局に相談する価値はあると思う。

この「裏ワザ(?)」を隣人が使っているのかはわからない。
区域変更は路線全線でなく個別の土地の前だけでもできる故、実際の市道の区域は道路台帳の認定幅員ではなく確定した境界での査定図を閲覧しないとわからない。

おまけ。

>市の土地の購入は難しいと思いますが舗装して欲しいとの要望も難しいですか?

区域変更ができない前提で。
これは無理。
道路ではなく水路上を舗装するのは現実的じゃないので。
あなたには水路用地を使わせているわけで、水路がぬかるむのは当たり前だから。

区域変更をして水路が市道に含まれれば、道路管理者が舗装をする可能性はゼロでは無いが、かなり厳しい。
そこまで公費をつぎ込んであなたに便宜を図るいわれが無い。
そこ、市街化調整区域では?
なら余計にインフラ整備は後回しです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すぐにでも地目変更可能な農地です。
土地の周りは、家だらけです。
側溝(水路)は法務局の公図にも閉鎖公図にもありません。
側溝にはわずかに水は流れています。
浄化槽からの生活水だと思います。
側溝は市道整備の時に作ったのかもしれません。
法務局にこれは道ですか?
と公図を見せて質問しましたが法務局では道ですとの答えです。
市役所の地図では番地なくNと表示されています。
道の両側に側溝はあります。
やはり市役所で確認します。
今は、農地への進入路予定ですが先々使用料金無しではまともな進入路や建築さえできない土地ならばその覚悟でこの土地を抱えて行きます。
売ることも難しい事になります。

お礼日時:2021/05/13 20:43

見た目と実態が違う場合ありますが


水路、沼、土手、里道、すでに道路なてる。形すらない場合も
公共物で法定外公共物と言う
状況で永遠に買えない物と買取が出来る事もあります。

で貴殿の場合
周辺の方は法律より先
利権は先に発生し後から水路や道路になった場合とか初めから使える。
当時道路を作った時は、まだそこらへんは農地だったとかで残ってしまいます。

使う場合
そんなつまらない所でも年間100円とか払うようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
年間3,600円を永久的に支払うようです。
法務局の公図だと道とだけ表示があります。
大昔の公図も赤道です。
我が家の反対側の土地を買収して拡張して広い市道とし水路も整備したようです。
市道なら舗装してくれれば我が家の進入路をコンクリートにする予定なので繋がりますが今の状態だと水路、土、コンクリートで土の部分がぬかるむのは確実です。
市が悪徳業者にしか思えません。
固定資産500円の土地の3m2に3,600円です。

お礼日時:2021/05/13 18:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング