教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

先日、ひさびさの稽古をしたところ先生に「面を打つとき、左足が動いてから右足が出ている」と言われました。自分では左足が出ていることに気づかず、いざ意識してみるとすごく大きい面が打ちづらいです。今は右足を少し浮かせるぐらいにして、そこから振りかぶり、面を打っています。それだと思いっきり飛び込めず面金に突きをしているような打ちになります。最終的には左2右8ぐらいの割合で体重が乗るようにしたいです。回答お願いします

gooドクター

A 回答 (1件)

後足から先にでていると 歩き足 ですね それは古流の歩法です


古流は、すぐには剣が届かない間からスタートして 忙しく詰めたり
外したりするので遠間がメイン 歩き足のほうが都合よいのです
すぐ届く間で攻防する競技では 脚が交差する瞬間を攻撃されると
防禦も反撃もできません なので継ぎ足なのです ボクシングでも
日拳でも近間を闘う競技は継ぎ足です

> いざ意識してみると
それが手違いの、はじまり いや足違いか 意識にのぼらないほど
独り稽古で歩法を鍛錬ください 素振りで前後に進退しながら足を
つかう なん度も なん度も すると息を吸って吐くような無意識で
足を運べるようになりますよ
いちいち あれ?どっちだったっけ つって試合していたら剣の活き
が下がります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング