教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

愛知県:織田信長・豊臣秀吉・徳川家康
新潟県:上杉謙信・田中角栄
山梨県:武田信玄
広島県:毛利元就
山形県:伊達政宗
長野県:真田幸村・木曽義仲
大阪府:楠木正成
栃木県:足利尊氏
千葉県:日蓮
岡山県:法然・犬養毅
京都府:源義経・親鸞・歴代の天皇
茨城県:平将門・徳川光圀
山口県:吉田松陰・高杉晋作・桂小五郎・伊藤博文
佐賀県:大隈重信
鹿児島県:西郷隆盛・大久保利通
高知県:坂本竜馬・板垣退助
福島県:野口英世
岩手県:東条英機
静岡県:本田宗一郎・清水次郎長と子分衆
上記の通りですが、近代の方は別として明治以前に生まれた人たちは日常方言をスカっていたのでしょうか?
映画やドラマでは大抵標準語や標準的な「侍言葉」が使われていますが、実際の人物は方言で喋っていたのでしょうか?今となっては確かめる術はありませんが。
たとえば、「清水次郎長」など浪曲や映画では歯切れの良い「江戸っ子弁」ですが、実際は「そうでねぇずら」なんて調子だった様な気がしますが、いかがでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

言葉のなまりやイントネーションまでは変えられなかったし、それによって「○○人だな」ということはすぐわかったらしいよ。


東北人などはだいぶ苦労している。

映画やドラマがああなのは演出の関係。
あんな力んだ喋り方ばかりしていたら防諜もなにもあったものでないし、自分自身があっという間に疲れてしまう。
    • good
    • 0

>ありがとうございます、もし大河ドラマなどで歴史上の人物のセリフがそれぞれの方言だったら、きっと面白いでしょうね。



大河ドラマで西田敏行が西郷隆盛を演じていた時は、字幕が出ていました。
    • good
    • 0

文語は「候文」などでかなり標準化されていたが、口語は方言そのまま。


ただし、朝廷や幕府など政治の中枢エリアで使われていた上方言葉や江戸言葉は地方の知識人にも、流ちょうに話せないとしても、ある程度知られていたと思われる。(全く知らないと文を書くのも難しい)

ちなみに清水次郎長が生まれ育った今の静岡市清水区辺りは、徳川の本拠のひとつだった浜松に近い。戦国時代の徳川の勢力圏だった。
江戸言葉は元々、古くからの徳川家臣団が話していた方言だった。だから次郎長が江戸言葉に近い言葉を使っていたとしても不思議というほどではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。文字として残す言葉は、標準語的な言葉でも、喋っていた言葉は方言または武士同士であれば「侍言葉」で話し、相手が地元の人だったら地元の言葉だったかも知れないということでしょうね。

お礼日時:2021/05/15 09:25

「奥さんとは」ですよ。


人たらしの秀吉が、尾張以外の出身者に尾張言葉を使ったとは考えにくいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、もし大河ドラマなどで歴史上の人物のセリフがそれぞれの方言だったら、きっと面白いでしょうね。

お礼日時:2021/05/15 09:25

秀吉は出世してからも奥さんとは尾張の言葉で話すので、周囲のおつきの者が理解できなかった、という逸話を聞いたことがあります。


検索してみても出てこないので、もしかしたら私の記憶違いかもしれませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、上の人の言葉が聞き取れにくいのは困りますね、戦の時の命令も聞き違いして大勢の兵隊の命がなくなるかも知れません。
だからきっと、直属の部下は同郷出身者ということですか。

お礼日時:2021/05/15 08:15

そりゃそうでしょう。



当時は今ほど日本国内を自由に動くこともありませんでしたし、そもそも標準語という概念がありません。身の回りの人と意思疎通ができればそれで十分なのですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。もし、タイムスリップで過去の時代へ行けたなら、実際に歴史上の人物がどんな言葉で喋っていたのか知りたいです。

お礼日時:2021/05/15 09:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング