教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

平清盛vs源頼朝。
総合的に考慮してどちらの方が優れた人物だと思いますか?
政治力、知力、地位、権力、名誉、影響力など。

「平清盛vs源頼朝。 総合的に考慮してどち」の質問画像
gooドクター

A 回答 (5件)

さあね。



どんなに個人の能力が優れていても、努力を重ねても、それが直ちに結果には結びつかない。
「運」というものがある。
「時代への適合性」というものがある。

結果から測れないならあとは個人の能力の数値に頼るしかないが、そんな資料はない。
    • good
    • 0

平清盛だと思います。


源頼朝は北条家、つまり嫁の実家にかつがれた神輿にすぎません。
源氏の将軍は3代で終わって、後は執権である北条氏が
鎌倉幕府を運営しました。

平清盛は平家の繁栄を築きました。
後に弱体化はしましたが、源氏よりは長持ちしたと思います。
    • good
    • 1

平清盛。



頼朝は、小心者過ぎる。
    • good
    • 1

後世で云えば秀吉型の清盛、家康型の頼朝の印象だろうか。


人間的な面白さや人心掌握術では清盛に軍配が上がる。商業重視の政策も非常に開明的だ。
しかし、上り詰めると柔軟さが消え、武力を背景に政敵を強引に押さえ込んで、結果的に平家一門の独裁体制を築いてしまった。

現代では世界最強と云われる米国も、できるだけではあるが独断専横を避け、仲間を増やして国際関係を構築しようとしている。
例え孤立しようとも力で反対勢力を押さえ込もうとしがちな中国・ロシアとは対照的だ。
清盛は、発展途上の時は多数派工作を行っていたが、上り詰めてしまうと中露のように独断専横が目立ってしまった。それが平家滅亡の最大の要因だろう。

一方の頼朝は流人というゼロベースのポイントからスタートしたため、力は周囲に頼り、側近やブレーンも幅広く才能を求めた。それが幕府成立に向けた原動力になったことは間違いない。その辺の事情は次のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で三谷幸喜氏が描いてくれるのだろう。

しかし、頼朝も頂点に上り詰めると、依然として実態は他氏におんぶに抱っこだったにも拘らず、朝廷とは一線を画したい坂東武者たちの意に逆らって、自分の血筋の盤石化を狙って娘を天皇家に入内させようとしてしまい、なぜか急死。頼朝の直系も三代で滅亡してしまった。

功績そのものは、どっちがどっちとも言い難いが、頂点に上り詰めてしまってからの変節振りと一門が滅亡するパターンは似ている。

結局のところ、晩節を汚したという意味では、二人は似た者同士だったということだろうか。
    • good
    • 0

平清盛ですね。



実質的に彼の時代に武家政権が成立したといえるからです。「太政大臣になったのだから貴族」というご意見もありますが、秀吉なんか「関白」になっています。でも誰も秀吉を貴族政権とはいいませんよね。

彼は神戸の港を建設して宋との貿易を盛んにして財政基盤を固めるなど、このあたりの発想はきわめて先進的ですよ。また頼朝なども助命しています。人間的にも暖かい人だったのでしょう。

反面頼朝は冷徹そのものですね。同じ源氏を次々誅殺してしまい、彼の兄弟さえも次々と犠牲になっていますよね。まさに源氏は血で血をあらそいう凄惨な歴史でした。それだけではなく有力家臣もつぎつぎ滅ぼしています。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング