色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

『支那分割論』って簡単に説明するとどんな内容なんですか?

gooドクター

A 回答 (3件)

支那分割論とは、19世紀初頭の義和団の乱や辛亥革命で混乱する支那(中国)情勢を背景として、アフリカ分割を模範として欧米列強及び日本が中国大陸を分割して植民地化、もしくは中国大陸に複数の国家が存在する状態を固定化させることで中国及び周辺地域の安定化を図ろうという主張のこと。

 これがうまくいっていれば、今の中共の横暴に悩むことも無かったんだけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

満洲帝国、チベット、ウイグル、シナと綺麗に分割出来ましたのにね。勿体なかったですね。

お礼日時:2021/05/17 17:15

#2です。


>昔の南宋をシナで良いのでは?
分割の内容は、どうでもよいのです、言葉が津軽弁と薩摩弁以上の
差異が有ると思うので、例として挙げただけです。
大きく纏まれない、ヨーロッパ人の珍気な発想と思いませんか。
今、ヨーロッパが混乱している、大きな要因は、第一次世界大戦後に、
トルコの領土を地図上で線引きして、植民地支配した事です。
白人は中華の様な、懐の深い発想は、白人が人種で一番と考えていて、
学ぼうとしない限り生まれないでしょう。
(白人とはアングロ=サクソン人です、2回の大戦を負けた、ゲルマン人は
考え方の方向が変化している様に思えます)

只、中国も、今まで、やられたので、お返しと言わんばかりに、覇権主義に、走っているのが気になりますね。
中国の歴史に於いて、海に目を向けた事はなかったですよね、
それが、日本には一番、脅威ではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

支那分割論を簡単に説明して下さい。

お礼日時:2021/05/18 12:46

>満洲帝国、チベット、ウイグル、シナと綺麗に分割出来ましたのにね。

勿 体なかったですね。
チョット違いますね、満洲帝国、チベット、ウイグル、は中国の領土では無いですよ。
志那が分かれます、黄河流域、長江下流域、長江上流域、香港を含めた広州地域。
魏、蜀、呉の三国時代に、呉を二つに分けた形ですね。
黄河流域も上流域と下流域に分けられたかも?
でも、中華の思想で、大きく纏まっているのが良いと考えてますので、
実現はしなかったと思いますよ、それこそ、眠れる獅子が起きて、
しまいます。
同じ規模の面積と人口で、アルプスの西と東で同じゲルマン人でも、
国が違い、細かく分かれている、ヨーロッパ人とは、世界観が違います。
中国の思想は奥が深いのです、明治維新後、ヨーロッパ人に学んだのは、
戦争の仕方を学んだだけで、文化は学びませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔の南宋をシナで良いのでは?

お礼日時:2021/05/17 19:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング