【初月無料キャンペーン中】gooドクター

文字どおり たたき台です。思いっきり自由なお考えをお聞かせください。

○ 神とは何か?

§1 考えても 分かるか・分からないかが 分からないこと

世の中には およそ 二つの事柄がある。考えて分かること(Y)と考えて
も分からないこと(X)と。

   Y=考えれば分かること。

     ・いまは分からなくとも いづれ経験合理性に基づく科学行
     為によって分かるようになると考えられること。  

      ・科学が真実と判定したあと 真実ではなかったと判明する
     場合にも その誤謬について 〔有限ながら〕合理的に説明
     しうることがら。
 
   X=考えても分からないこと。

    ・いやむしろ分かるか・分からないかが 分からないこと。

    ・人間の知性を超えていて もはや経験合理性によっては そ
    のことの有無・可否・是非などを 判定しがたいことがら。
 
    ・もしくはつまり むしろこのように想定してしまっておくこ
    とがら。

ひょっとすると 世の中は Yの経験領域のことがらだけであるかも知れな
い。X は 経験を超えた領域のことであって それが有るとも無いとも 決
められないことがらである。

経験領域(Y)を規定するならば 《経験領域(Y)でない領域》は 規定
済みとなる。もはや超経験領域(X)は その定義の中に――あるいは そ
れを超えて――織り込まれているとも言える。だが それとして重ねて触れ
たほうが 説明のしやすい場合が多い。それゆえ 用語に加えたい。つまり 
あらためて

   超経験の領域= X

      超自然・非経験・絶対・無限・永遠・
      〔そしてこのような意味での〕神・
      〔人によっては次のごとく言う〕無・無神・空

人間の精神は 絶対 X ではない。人間じたいも 経験存在 Y であり その
精神も有限であり 経験世界 Y に属す。

《精神は 永遠なり》というのは 想定上 《 Y は X である》と言ってお
り――レトリックでない限り―― マチガヒである。(→§3)

さらには 《無意識》はどうか。これも 経験領域 Y に属すのであって非
経験 X ではない。神でもなければ 絶対法則でもないだろう。




§2 《考える》と《信じる》

考えるのは そして考えたことを表現するのは そしてまた表現をとおして意
思疎通をおこなうのは さらにそして大きくこの意思疎通の歴史を記録し伝え
あっていくのは 人間である。特にこの人間を 経験領域 Y の中より取り出
して その位置を捉えよう。

   人間存在 = Z 

とすれば 経験領域 Y に対して人間 Z が取る態度としての関係が いまの議
論では 《考える( Y-Z )》である。だとすれば 取りも直さず 非経験の
領域 X に対するわれわれ Z の関係は 《考える》ではない。ありえない。考
えてもよいが それが意味をなすかどうかは 分からない。

《考えても 分かるか・分からないかが 分からないもの(= X)》に対する
わたし Zi の関係は 一般にも 《信じる( X-Zi )》と称される。

これは 《考える( Y-Z )ではない》という意味で 《信じない・もしくは
無を信じる( nonX-Zi )》と名づけても 同じことである。そもそも X が 
経験世界で言う有であるか無であるか 分からないゆえ X=nonX であり ど
う表現しようと 《わたし Zi 》の勝手なのである。(信教・良心の自由という
公理)。

(言いかえると 《信じる( X-Zi )》は 無条件で無根拠においてわが心に
受け容れるという意志行為である)。

 
したがって わたし Zi は 信じる( つまり 信じないの場合も同じ )の対象
(したがって すでに非対象)を 

《空(欠如) 》 X-Za と言おうが 
《アミターバ(無量光)・アミターユス(無量寿)・ブッダ》 X-Zb

と言おうが 自由であろうし 

《神》 X-Zcとも 
《ヤハヱー》 X-Zd とも 
《アッラーフ》 X-Ze 等々とも 言い得る。

 
逆に 気をつけるべきは 信仰において 信じる対象は わたし Zi がわたしの
精神によって思考し想像して抱く神の像ではないということである。 すなわち
《神》といったことば・概念・想像は 《考える Y-Zi 》の問題である。

人間 Z が信じるのは 道徳規律でもなければ 倫理の信念でもなく 神という
言葉じたいでもない。神という文字でもなければ 聖典なる書物じたいでもなく 
むろん k-a-m-i という発音でもない。

X( X-Z )は Y( Y-Z )ではない。後者( Y-Z )には特に 精神と
その産物を含むゆえ この想像物としての神( Y-Z )と 想定上の神( X-
Z )とは峻別しなければならない。


  


§3 超自然 X が 経験世界 Y ないし人間 Z の歴史( ΣY-Zn )に介在しうる
か。

これに対する答えは むしろ簡単である。

絶対者 X を想定したときから すでにわたし Zi は その X による介入を受けて
来ている。もしくは 介入などありえないという形(=無神論 nonXーZi )にお
いて 関係が想定されている。

介入という表現が 適当でないとすれば わたしとその世界( ΣY-Zi )は 思議
すべからざる絶対者 X (= non‐X )に対して 開かれている。閉じられていない
ということが 重要である。考えても分からないことなのだから 閉めたり閉じ
たりするわけには行かない。

しかも ややこしいことには わたし Zi たる人それぞれによって その介入の
あり方( X-Y-Zi )は 決して一様でないことである。同一人のわたしにしても 
その人生のなかで さまざまに変化するかも知れない。(宗旨替えなどと言われ
ることが起こる)。

議論を端折るかたちになるが 問題は いまの介在のあり方について その基本
の形態を 一人ひとりが 明確に判断し 仮りに変化を受けたとしても・変化を
経ながらも その《信仰》形態を自分のもとで つねに 確認し得ていることで
はないだろうか。

信じる( X-Y-Zi )か 信じない( nonX-Y-Zi ) か これが いま確認すべき基本
の形態である。しかも この〔無信仰を含めての〕信仰の基本形態は変更しうる
けれど その時々の現在において明確に保持していることが 重要ではないだろ
うか。

いま一歩進めるならば  このおのおのの《信じる》の基本形態について 自身
が最小限度 言葉で説明しうるということが 望ましい。その点を一度明らかに
しておくならば そののちの話し合いにおいて 余計な誤解や不必要な対立を 
防ぐことができるからである。互いにみづから交通整理しつつ 社会におけるコ
ミュニケーションを円滑に進めることが望ましい。

信仰の基本形態からあとさらに具体的に展開されるという歴史( 人生 )の過程 
つまり言いかえると たとえば神 Xi が人間の歴史( ΣY-Z )に このように・か
のように介入したなどという過程 この問題は そもそも話し合い(《考える》)
では 埒が開かないものである。

もっとも これを逆に言えば やはりたとえば そんな介入などには 一切 目
もくれないのだという見解の提示(無神論)をも含めて わたし Zi の《神( X )
体験》ないし神学ないしいわば《 神 X 史観》については 自由に話し合えばよ
いと言える。そして そのとき コミュニケーションが成り立つかどうかは は
じめの大前提としての信仰の基本形態に合致しているかどうかによって判断され
るものと思われる。

もし問題があるとすれば その大前提についてあらためて 想定の仕方や規定の
内容を 議論しなおせばよい。

以上の定義だけの理論は 次が その心である。

  吾人はすべからく互いの差異を 自由に批評し合い コミュニケーション
  を進めながら つねにその差異を認め合わざるべからず。

gooドクター

A 回答 (8件)

神は、"願い"だと信仰している。


「報われるべきだ」と叫ぶ者が、果たして報われるか。報われない事の方が多いでしょう。しかし信じたいからこそ叫び続ける。その叫び声こそ、"神"である。

勿論、「果報は寝て待て」を言葉通りに怠惰に過ごした所で何の価値も無い。「人事を尽くして天命を待つ」という魂の叫びに"神"は応える…かもしれない。

ところで、私は無神論者であり多神論者だ。普段は全く神を軽視しながら、夏の太陽を見て太陽神に暑すぎると文句を言い、素晴らしい満月を見て月の神に感謝する。そしてその瞬間を過ぎれば無神論者に戻る。
だって、現実に頑張っているのは「生きとし生けるもの」であり"神"では無いのだから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 神は、"願い"だと信仰している。
「報われるべきだ」と叫ぶ者が、果たして報われるか。報われない事の方が多いでしょう。しかし信じたいからこそ叫び続ける。その叫び声こそ、"神"である。
☆ ――という願望でしょうか。申し訳ないけれど そういうふうに読めます。

非経験の場:信じる:非思考の庭
ーーーーーーーーーーーーーーーー
経験世界 :考える:思考の緑野
 〃   :感じる:感性の原野


☆ つまり お説には 《思考》が入っているからです。(説明として入っているのではなく: 
★ "願い"
☆ が明らかに 思いや考えとして成り立っています)。

そして 因果応報説は あくまで仮説であり 基本として各自の主観の問題におさまる思いや願いなんです。

善因善果・悪因悪果なる理論は 主観内面における信念としてあり得ますが 他人(ひと)に対して 共有せよとは言えない。

善の定義そして悪の規定が 必ずしも定まらない。




★ 勿論、「果報は寝て待て」を言葉通りに怠惰に過ごした所で何の価値も無い。「人事を尽くして天命を待つ」という魂の叫びに"神"は応える…かもしれない。
☆ という信条であり信念なのだと思います。《信》の字が入っていますが 《信じる》とは別です。




★ ところで、私は無神論者であり多神論者だ。普段は全く神を軽視しながら、夏の太陽を見て太陽神に暑すぎると文句を言い、素晴らしい満月を見て月の神に感謝する。そしてその瞬間を過ぎれば無神論者に戻る。
だって、現実に頑張っているのは「生きとし生けるもの」であり"神"では無いのだから。
☆ そうですね。
★ "神"
☆ は:
★ 現実に頑張っている・・・「生きとし生けるもの」
☆ を元気づけるチカラであり 生命でしょう。

ですから その《無い神》も 《有る神》と同様に 神(普遍神)なんです。

お礼日時:2021/05/20 21:06

人類は


神という概念を発明し
全ての責任を回避しようと目論んだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


じんるいは
神という概念を発見し
――つまり そのとき同時に 《かみ》という言葉を得て――
おのれの《世界‐内‐存在》という位置づけを得たでしょうね。




★ 全ての責任を回避しようと目論んだ。
☆ たしかに神は じんるいをあまやかしていますね。すべてを神の所為だという手で逃れればよいとひとは思っているようですから。

お礼日時:2021/05/19 17:58

私なんかよりもブラジュさんの方が、ずっとたくさん神から語られていると思いますよ。

でも、子どものようにならなければ天国に入ることができないと聖書に書かれているように、その賢さ、聡明さのゆえに、神さまに頼る、ゆだねることが難しいのだと思いますね。私はできないことが多いから、神さまが必要です。まあ、私もひねくれた子どもではありますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 私なんかよりもブラジュさんの方が、ずっとたくさん神から語られていると思いますよ。
☆ それは どうなっているのでしょう。

あぁ 一つの回答として:

世界のものごとのすべては 神からのメールである。

メールを開くかどうか。読むかどうか。読み解けるかどうか。
――これは 人それぞれである。


(ちょっとええかっこしました)。



★ でも、子どものようにならなければ天国に入ることができないと聖書に書かれているように、その賢さ、聡明さのゆえに、神さまに頼る、ゆだねることが難しいのだと思いますね。私はできないことが多いから、神さまが必要です。まあ、私もひねくれた子どもではありますけどね。
☆ どうなんでしょう?

保留と行きますか。

お礼日時:2021/05/18 21:51

古代の人は、神の姿をみた。

神の声を聴いた。

そのことを信じなければ、神さまは信じられないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たぶん ブディストは 色即是空なんだよ! と言ってくるでしょう。

声も姿も 仮象ぢゃわい あっはっは! と。



いやいや 空即是色へと 反転させなきゃダメだよと反論し得ますが。

仮象は仮象でも 仮象として現実なんぢゃわいと。

お礼日時:2021/05/18 21:27

人類誕生から生まれた、所謂、世俗の神は、人間中心主義の神なので。



本当に人間らしく生きることが、ランク付けの今の社会が生活と呼べるかどうかわかりません。戦争も多いし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 人類誕生から生まれた、所謂、世俗の神は、人間中心主義の神なので。
☆ でしょうね。手っ取り早く 世俗のことが分かるように編み出したんでしょうね。



★ 本当に人間らしく生きることが、ランク付けの今の社会が生活と呼べるかどうかわかりません。戦争も多いし。
☆ 多少の意地のわるい表現をしてでも ――自己をそこなわない限りで――相手の独り善がりの神観について批判してもよいと思います。

《人間らしく》ないように 多少は見えてもという意味です。






わたしなどは べらんめえ調で言いたいときがあります このカテのやり取りで。


魂鎮め=和解のためには むしろその現状に合わせて 魂振り=自由な批判が 必要なときがあると捉えています。

早く言えば けんかをとおして互いの心を揺り起こし自然本性に還り 世間との和解・そして就中 自己みづからとの和解にみちびかれるものだと。

お礼日時:2021/05/18 21:23

人類誕生以前から存在していた、万物の長を神としているそうです。

只、人類が生み出した神は、本当の神ではないでしょうね。

人類が生み出したのが世俗の神ならば、真の神を知る故を人類は知る由があるのであろうか。

人類の叡智で真の神を人類を知り得るとは難しいのかもしれません。

何れにしても、弱肉強食を強いるのが神なら、それは悪魔かもしれない。

飽くまで、地球上の神ですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ジョアンさん こんばんは。ご回答をありがとうございます。


★ 人類誕生以前から存在していた、万物の長を神としているそうです。只、人類が生み出した神は、本当の神ではないでしょうね。
☆ 悪貨は良貨を駆逐するそうですから 普及版は 眉唾物である事例でしょうか。



★ 人類が生み出したのが世俗の神ならば、真の神を知る故を人類は知る由があるのであろうか。
☆ ① 神は何でないかについては 知り得ます。前項やこのいまの世俗の神の事例です。

② 哲学は 欲が深いです。《非知(知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ: incomprehensible incomprehensibility )》と定義します。



★ 人類の叡智で真の神を人類を知り得るとは難しいのかもしれません。
☆ ③ この《非知》なる神の顔を見たか? その声を聞いたか?

④ ユダヤの旧約の時代には アブラハムから始まってモーセやそのほか預言者たちは その声を聞いたと言われます。

⑤ けれどもおそらくそれは 神の顔ないし声のシルシを捉えた〔に過ぎない〕ものと考えられます。仮象としてです。

⑥ もし《シルシ・仮象》を捉えたとすれば その本体のことが 間接的に知られ得た・・・と言えるかどうか どうなんでしょう?




★ ~~~
何れにしても、弱肉強食を強いるのが神なら、それは悪魔かもしれない。

飽くまで、地球上の神ですが。
~~~
☆ ⑦ 光も曲がりますから。人間の自然本性なる心も 寄り道をし道草を喰い ややもすると脱線し得ます。

⑧ ゆえに 手っ取り早く《地上の国に君臨する神》を求めるでしょうね。思うようにならない世の中について 納得しやすいという一面があります。

⑨ №2のお礼欄に 《雷=神鳴り / 雷光=稲光・稲妻・稲つるび》なる神観を出しました。この放電現象が 神本体のハタラキカケとしての仮象・シルシだと言っても それほど哲学としての神論を外れるとも思われないのでは?

 * 神観は 或る主観です。神論は 共同化されうる神観。

お礼日時:2021/05/18 21:10

長い、要点まとめて欲しい。


神、人間が想像した、万能な存在。
雷は天神の怒りだったが、今は静電気だと皆知っている。

科学文明がないころ、雨が降らず稲が枯れて来れば祈る
しかなかったが、それを利用、神の御心だと大衆を
信仰させたのが宗教です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 長い、要点まとめて欲しい。
☆ 必要最小限です。


★ 神、人間が想像した、万能な存在。
☆ ぢゃあ 人間が 万能な存在なんですね。


★ 雷は天神の怒りだったが、今は静電気だと皆知っている。
☆ 怒り説のほかに 《いなつるび》説もありますよ。

稲光は 稲に当たってつるむごとく米を成らせる。だから 稲妻〔または 稲夫(つま)〕とさえ呼んだ。



★ 科学文明がないころ、雨が降らず稲が枯れて来れば祈る
しかなかったが、それを利用、神の御心だと大衆を
信仰させたのが宗教です。
☆ 雷=神鳴りの問題は 別に宗教(特にそのオシへ)とは限らないでしょう。

神のハタラキカケであり 神の言わば分身として働くと捉えるなら 教義も教祖も教団も何もないはずです。

お礼日時:2021/05/18 20:47

私は神を信じていますが


神を信じた経緯はうまく説明ができませんが
外側からの働きかけによるところが
大きいと思います。
理性で判断するのが難しい、
たとえば、不思議なことを
見たり聞いたり体験したり
というようなことが引き金になって
神の存在を信じざるを得なくなった
のだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

キャラウェイさん こんばんは。ご回答をありがとうございます。


★ 私は神を信じていますが
神を信じた経緯はうまく説明ができませんが
外側からの働きかけによるところが
大きいと思います。
☆ はい。と言いますか まだ話が大きな主題のままですので早合点してはいけませんが かんたんに反論しますと:

★ 外側からの働きかけによる
☆ というのは そのハタラキカケを 心の内側なる何ものか(または われ自身)が受け留めて反応しているわけですよね。


つまり 内側なる何かは 生まれつきそなわっていたとさえ考えられるのではないかと思いますで 《わたしの中からの芽生えのような動き》をすでに語っていてもよいのではないでしょうか。とは 思いました。



★ 理性で判断するのが難しい、
たとえば、不思議なことを
見たり聞いたり体験したり
というようなことが引き金になって
神の存在を信じざるを得なくなった
のだと思います。
☆ 《おどろき=タウマゼイン》というのは 哲学の出発点としてよく引き合いに出されます。


《信じる》という原点は どのように誕生するのか?

★ 理性で判断するのが難しい
☆ でしょうね。なぜなら 《信じる= 非思考の庭》は 《考える= 思考の緑野》を超えているでしょうから。

経験合理性によって《しっかり現実と対応しつつ論理的な成り立ちとしても見事に仕組まれたものごと》と認識され得る思想や理論は 哲学によるそのおどろきです。

この事件をもしのぐ信仰体験とは なんでしょうね。

お礼日時:2021/05/18 20:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング