色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

0. 精神医学への異論です。

1. 心理的な(一時的・その場としての)気のタユタヒは 相手とのマジハリにおいて アース役を引き受けることをとおして起きる。どちらか一方が ゆづる側・アース役に回ることが多い。

1-1. ふつうに自然に互いに交わす《まなざし》が ややもすると 上からそそぐ側とそそがれる側とに分かれて その二角関係が形成される。

1-2. 順を逆にして ゆづるアース(接地)役と 差し詰め ガミガミ役とである。

1-3. ガミガミ役に回る性向は アマアガリ・シンドロームと言う。(造語ですが アマクダリの反対と思えば 分かりやすいはずです)。

2. 神経組織の働き方におけるエラーも もとは 社会における人間関係の中で アース役として人びとの怒りや悩みを受動的な能力において――すすんでにしろ いやいやながらにせよ――受け留めたところから来ている。

☆ こういう仮説です。ご見解をどうぞ。




3. 器質にもおよぶと考えられるのは 親から子への世代を経てだと考えられる。一代では 心理的な渋滞にとどまる。

4. 親は家庭に戻ると アース役の一面でのつらさを そのたくましさと共に――進んで話すにせよ黙っているにせよ――醸し出すことをとおして配偶者や子どもたちと 共有すると思われるからだ。 

5. 手でも足でも 使わないままにしておくと 機能がはたらかなくなって行く。同じように 心理的な渋滞から 神経組織といった器質にまでおよぶことがあると考えられる。




            *


参考:
6.  アース力(りょく)は 《ゆづる》問題である。

 (α) 《ゆづる》は 《受け身のチカラ》である。

 (α‐1) ユヅリアヒは 人間力である。人間性にとって原子核のような
     ものである。


7. 神崎繁によると ヨーロッパでは――ヨーロッパでも―― チカラを能動・受動のふたつの側面に分けて捉えたと言う。

8. ○ 神崎繁:アリストテレスの子供たち――ヘーゲル・マルクス・ハイデガー―― in 神崎繁・熊野純彦・鈴木泉編著:『西洋哲学史 III 《ポスト・モダン》のまえに』 2012
 
これによりますと 次のように《ちから》の内容・分析が捉えられています。

 (β) プラトン『ソフィスト』:
  《働きかける力( dynamis tou poiein ; dynamis energetike,
          potentia activa )》
  と
  《働きかけられる力( dynamis tou paschein ; dynamis pathetike,
         potentia passiva )》

 
9. (β)のうち後者を承けての系譜として:
 
 (γ) アリストテレス『形而上学』第九巻:
   《働きを受ける力( dynamis tou pathein )》
     ( pathein = paschein )

10. ただちに時間を飛びますが:
 
 (δ) コナトゥス という概念をめぐる主題の取り方もあるようです。

 (ε) ハイデガー:《矯(た)めを持つさま( Ertragsamkeit )》
        =邦訳:《担いの実り豊かさ》

11. ちなみにこのとき 神につなげる見方も出されているとか。

 (ζ) レヰナス:《絶対的な受動性》をさらに想定しつつ:
     《受容性( réceptivité )ならざる純粋な受動性
      ( passivité )》
     《いかなる受動性よりも受動的な受動性》



            *


12. 《社会源》と言うのなら 元から断たなきゃダメ。と共に 受け身のチカラを さらになお 開発して行くことがのぞまれる。

13. 精神分析は ハウ・ツーなる対処療法にすぎない。

14. 哲学が あらゆる学問を――受け身のチカラにおいて――総合する役目をになうのではないか?・・・すこやか党宣言。

15. 第一条: アース役は ガミガミ役に対してもユヅリアヒの精神によって急がば回れの回り道をあゆんだ歴史であり 長い弁証法過程であった。

16. 吾人は めざめるべし。ブッダ(寝ぼけていない者)たるべし。

17. ニートは 未来社会のネガ(陰画)であり ポジへのどんでん返しをみのらせる魁だ。

17-1. ひきこもりは アース役のちからのあらわれ。

18. アース役はつらいよと 時にはつぶやくのもよい。徳俵でふんばれる。

19. こういったことが 仮説をめぐって考えられましょう。

gooドクター

A 回答 (1件)

アースとは電気でいう無駄な電気を逃がすときに使う物で


何か別の言葉にしないと
分かりにくい漢字がする。

今、コロナで
思うように
収入はいらず、
倒産・閉店・収益減少・経済難・就職困難
などで、生活困窮の人も多いでしょう。
そのストレスを発散するための
慰め役とでも
いうのかなあ。

教えてグーに集まる人も
そういうものかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


いやぁ これまでに造語を変えよといううったえは まづなかったですね。

造語では スサノヲやアマテラスを始めそうとう多いですから いろんな苦情をもらっていますが このアース役については 意味がわからんぞといったクレームは 皆無だったように思いますよ。


★ そのストレスを発散するための
慰め役とでも
いうのかなあ。

☆ このように定義してくれた場合も めづらしいです。


この言葉が みんなの意識の中に入ることだけで ガミガミ電波は少なくなるでしょうし あたまのモヤモヤは 一目散に退散しますよ。

国民の健康寿命が伸びること 請け合いです。

お礼日時:2021/05/21 09:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング