gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

高校化学の結晶について質問です。

イオン結晶を考える際、同符号イオンの非接触条件というものがありますよね?例えば NaCl の場合ですと、Na+ も Cl- も面心立方格子の配置をしているので、Na+の半径r、Cl-の半径R、単位格子の1辺の長さaの間には、次のような条件が成り立つと思います。
 √2a>4R かつ √2>4r
これらより、a=2(R+r)に注意すると、
 √2-1 < r/R < √2+1
が得られます。

一方で、金属結晶の場合は、非接触条件というものは考えなくていいのでしょうか?どんな結晶構造だとしても、金属は陽イオンの状態で接触して並んでいますよね?これは充填率を解く際などでも確認できると思います。イオン結晶のように陽イオンの非接触条件を考慮する必要はないのでしょうか?それとも、金属結晶の場合は自由電子が陽イオン間を媒介するので問題ないのでしょうか?

どなたかわかる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

>一方で、金属結晶の場合は、非接触条件というものは考えなくていいのでしょうか?


はい。

>どんな結晶構造だとしても、金属は陽イオンの状態で接触して並んでいますよね?
いいえ。トータルとして、電気的に中性です。

>イオン結晶のように陽イオンの非接触条件を考慮する必要はないのでしょうか?
はい。

>金属結晶の場合は自由電子が陽イオン間を媒介するので問題ないのでしょうか?
まあ、モデルとしてはそう考えて良いと思いますよ。

それと、そもそも、原子やイオンは明確な大きさを持った剛球というわけではなく、電子の雲の如きものの中に原子核が埋まっているようなものとも言えるわけで、モデルはあくまでモデルに過ぎないことを納得する必要があるともいますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング