色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

鬱病について


私、福岡在住で、鬱病10年になります。
再発を何度も繰り返してきました。
もう疲れました。
ずっと同じ病院に診て頂いていましたが、担当医師やカウンセラーさんが変わって、あまり上手くいっていません。
この病院なら絶対治せるという病院をご存知の方がいたら教えて下さい。
私は多分アダルトチルドレンだと思います。
その辺りのカウンセリングや気持ちを切り替えてる手腕をお持ちのカウンセラーさんもご存知でしたら、教えて下さい。
ネットで探しても何処がいいのかわからなくなります。

gooドクター

A 回答 (7件)

心療内科に通院している主婦です。



なかなか治らないうつ病の方に、「双極性障害」があると聞いています。
双極性障害と言う可能性は、ありませんか?

私自身も、最初うつ病で、その後、双極性障害という病名で、治療中です。

私自身も、ACだと思いますが、カウンセリングを受けたことは無いです。
というのも、高額であることや、
カウンセリング自体、あなた自身がカウンセリングを受けることで、気づきを得ると言うことが大事とのことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
主サマは双極性なんですね。
私も薄々そうじゃないかと思ったりします。そこまで激しくははありませんが、頑張っている時と落ち込んでる時の差が激しいからです。
脳の状態を知りたくて、光トポグラフィーという機械で調べてもらいたいと、今日主治医にお願いしましたが、今の状態では難しい、もう少し落ち着いてから、、と言われました。代わりに抗うつ剤が増えただけ。
でも一週間後、まだ生きてたら、受診日なので主治医に口頭で相談してみます。
ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2021/05/22 18:30

>『私がハスミワクチンで調べた所、福岡市内の某医院でかなりの額だった為ビックリしたのですが、篠栗の病院に行けば、カルテをおこしてくださるかもしれないという解釈でよろしいでしょうか?』



以上のことですが、お調べになった『福岡市内の某医院でかなりの額だった』ところの具体的な金額などの記述、またはホームページがありましたらお示しください。

『篠栗の病院』とお書きですが、木原医院様は福岡県鞍手郡です。
私と会をしている者から、福岡のお方が木原医院様からワクチンの手続きをされたとのことで、ご協力願えると思いお知らせしました。
念のため電話を入れられたらよろしいかと思います。

広島には古くからの協力医がおられますが、余分な検査もされるようですのでお勧めしていません。
島根にも私は知りませんが協力医がおられます。

どうぞご家族でご相談の上選択されますよう。

添付記事は昨年お亡くなりになられたこちらの協力医A先生の古い寄稿文です。(協力医になられ2〜3年経った頃です)
私はこのお方と定例会を長年持ってきました。
記載の中の胃癌の男性、脳腫瘍の男子、悪性リンパ腫のお方、それぞれ消失や治癒を見ておられます。
「鬱病について 私、福岡在住で、鬱病10年」の回答画像7
    • good
    • 0

患者の皆さんは、医師は何でも知っていると思いがちです。

しかし学んでいないことはお知りではなく、特に免疫学の知識はほとんどの医師がお持ちではありません。未承認薬であるハスミワクチンや丸山ワクチンに対する知識もありません。相談されたところで、『効果があるなら承認(認可)されているだろう・・詳しい論文など見当たらない・・癌とこの病気は関係ない・・今の医学で治せないのは仕方がない・・』と片付けられます。
蓮見ワクチンは1948年の開発です。当時の医学界はタール発癌などの刺激説が主流であり、ウイルス発癌説はでたらめとされ蓮見は医学界から黙殺されました。丸山ワクチンは1944年に開発されゼリア新薬工業が生産した関係から、後年、承認を得るべく薬事審議会までゆきましたが、競合する免疫療法剤の研究者らにより追い落としを受け、治験薬のまま現在に至ります。両ワクチンは、最も免疫の活性化を要求される癌に対する免疫療法剤として存在する貴重なワクチンです。癌もウイルス遺伝子により生じます。
癌に対して開発された免疫療法剤はウイルスが関係する疾患にも当然に有効です。
添付写真はT先生の病室を改造し会を始めた頃のもので、T先生がお話しされているものです。
―――――――――――――― 
私はずいぶん以前家族を次々癌で失いました。蓮見ワクチンで治癒したという山奥のお方を知り2度お伺いしました。開発者のご本も頂戴し熱心に諭され、東京に行きワクチンを使いました。ですが願いはかなわず叩き潰されました。ハスミワクチンはウイルス発癌にのっとり開発されたものです。頂戴したご本を読むも「本当か?」と疑問がつのりました。ある時、【”血液”その神秘なる流れの中に】という初歩の免疫学の本を目にし、レトロウイルスによる発癌のメカニズムも知りました。それをきっかけに専門書も数冊買いたし、難解な用語を知るため医学大辞典もそろえて深夜読みふけったものです。かなりの知識を持ちましたし疑問も生じます。ある総合病院には仕事で深く関わっていた関係で医師・看護師・職員の皆様と親しくしていました。ある時、疑問点を尋ねるべく、薬剤師の男性に「免疫に詳しい先生を紹介してほしい・・」とお願いしたところ、『この病院ではI先生しかおらんわ・・免疫学を学んだんは医者も僕も学生時代に40時間程度やけん・・』とのことでした。I先生とは職員の釣りクラブでご一緒する仲でした。さっそくお願いし、昼食後の50分程度、一週間に1〜2回お教えを頂けました。最初、癌・自己免疫疾患・アレルギーそれぞれの発症のメカニズムについて私がまとめていたプリントを提出しました。先生は『癌はウイルス以外にはない。自己免疫疾患もウイルスや。良く勉強しているけん驚いた・・』とのこと。2年程だったか趣味の釣りと絵画の話しもまじえお教えも願いました。それから便利なネットの時代となりました。
知るにつれ、全てが故蓮見喜一郎先生の理論に結びつく結果に驚きもし、氏の偉大さを感じたものです。同時に癌との闘い方を知らなかったことを悔やまれてなりません。
その後私はご子息の蓮見賢一郎先生の監修を受けたホームページを設け小冊子(完売)も発行し、こちらの協力医と定例会も開始し現在に至ります。(この心ある協力医は残念ながら昨年12月にお亡くなりになりました)
●免疫学は学問です。深く学べば医師以上の知識も持てます。その知識から病気の原因も探ることもでき、免疫療法が有効かどうかも解ります。
実際、私の家族ではアトピー、バセドウ病、変形性肘関節症、網膜静脈分枝閉塞症、子宮内膜症などで治癒を見ていますし、風邪をこじらせた時も使う常備薬として保管しています。

うつ病のメカニズムについては、その当時その病院で、プロザックという抗うつ薬(米国で開発された世界初のSSRI)の医師向けの本をお借りして知りました。私は、やはりウイルスが関係すると推測していましたが、最近になりやっとヘルペスウイルス6型であることが解った訳です。ハスミワクチンのK.Mワクチンはヘルペスウイルス4型(EBウイルス)が起こす疾患(バセドウ病や多発性硬化症など)に有効なことは長年の経験から知ります。従ってうつ病にも効果が見られると考え投稿を差し上げています。
「鬱病について 私、福岡在住で、鬱病10年」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご家族のご病気の事などもあり、熱心にお勉強されていらっしゃるのが大変良く分かりました。
ヒトウイルスについても自分で勉強してみて納得がいきましたら、是非治療を検討してみたいと思います。
今、実際に抗うつ剤で思考能力が落ちている為、一生懸命送ってくださった文面全てを理解するのは難しい所です。
本当に親身になってご回答頂きありがとうございます。
又何かありましたら、お尋ねさせていただきたいと思います。

お礼日時:2021/05/25 23:31

ハスミワクチンのBSL48珠光会クリニックのホームページは

https://bsl-48.com/hasumi-vaccine/
沿革についてはhttp://www.shukokai.org/outline.html
です。
■費用については
・初診料 11,000円
・一般ワクチン(5日ごとの皮下接種)は1ケ月分21,120円(3,520円×6回)です。
・自家ワクチンと言って、患者の朝一番の尿からウイルスを抽出して弱毒化し2ケ月かけて作成するものも可能です。1年間分(72回分)一括で118,800円です。これは必要により作成可能です。

医療ですから、初診には直接東京のBSL48珠光会クリニックに行くか、医師の紹介状(医療情報提供書)を添え、患者の氏名・病名を証明するものを送りカルテを起こさねばなりません。

・私が知る限り関西から南では大阪・広島・島根・福岡・こちら徳島には協力医がおられワクチンの手配が出来ます。紹介状(医療情報提供書)を作り送ってくれ、カルテを起こす仲介をしてくれるわけです。
・ワクチンは協力医に入るのではなく直接患者に届きます。
 (ワクチン代のやり取りは患者とBSL48珠光会クリニックとの間で行います)

大阪の田中クリニック様と広島の永山医院様は本格的な協力医です。ただ、免疫学に精通しているお方はそうおられませんので、がん以外にうつ病などに効果がある理由などはお知りでないかと思います。また、ハスミワクチンについての知識もかなり差があります。

・福岡には木原医院様(福岡県鞍手郡鞍手町中山3660-1 0949-42-5005)があると知人から聞きました。私は良くは知りませんが、心ある医師とのことです。ホームページはお持ちではない様です。
https://home-kaigo.com/fukuoka/fukuoka-kurate-gu …

いずれにせよ、希望されれば手続きはして下さると思います。

・ハスミワクチンは30数種の一般ワクチン(既成ワクチン)がございます。
うつ病にはK.Mというワクチンが有効です。希望される場合はK.Mワクチンをご指示ください。

添付しました物は開発者の故蓮見喜一郎博士が昭和58年記載のものです。
この時すでにヘルペスウイルスと指摘しておられます。
「鬱病について 私、福岡在住で、鬱病10年」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。
私がハスミワクチンで調べた所、福岡市内の某医院でかなりの額だった為ビックリしたのですが、篠栗の病院に行けば、カルテをおこしてくださるかもしれないという解釈でよろしいでしょうか?
ただし、鬱についてはご存知ないかもしれないという事ですね?
お金かかかる問題ですので、家の者と相談した上で決めたいて思います。
これからずっと抗うつ剤を飲み続ける生活とハスミワクチンのどちらかを選択したいと思います。
ちなみに貴方様はハスミワクチンの投与をされた方でしょうか?
それとも医療関係者でしょうか?
不躾な質問で申し訳ありません。
あまりにも詳細にご存知の為伺いたいと思いまして。
よろしければご回答願います。

お礼日時:2021/05/23 19:47

前回の文末では大変失礼な表現を致しました。


ご指摘を受け、過去の私の投稿を確認しましたところ、昨年7月に投稿いたしておりました。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11787634.html

うつ病のお方のほとんどが、皆さんから回答を頂いても無言のままで締め切られていますので、あなた様もそうかと思ってしまったのが正直な気持ちです。お詫び致します。

-----------------

ハスミワクチンは丸山ワクチンの4年後(1948年)に開発された癌ワクチンです。両ワクチンとも当時の医学界から迫害を受け追い落された未承認薬で、現在も治験薬扱いです。
そのため、医師に相談されても知識などはお持ちではありません。

免疫療法ですから、両ワクチンとも癌以外にもウイルスが原因となる疾患に幅広く使われ、効果を見ていることは事実です。

うつ病もウイルス性疾患ですから、慢性化すれば白血球を直接刺激し活性化するものでなければ治すことはできません。

別のうつ病のお方に詳しく説明したものがございますので、よろしければご覧ください。
費用なども記していますし、試みられておられます。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12177794.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細にお調べ頂きありがとうございます。実際に試してみられた方のお話も拝見しましたが、今の私の頭ではかなり難しく感じられました。
施設名で検索して、福岡にも該当するクリニックがありましたが、癌対象で保険適応外の為かなりの高額でした。
実際に試された方には金額が掲載されていましたが、桁が違います。
どうしてでしょうか?

お礼日時:2021/05/22 19:58

「この病院なら絶対治せるという病院」というものは存在しません。



ただし、精神科の入院病棟のある総合病院でしたら、抗うつ薬がうまく効かない患者さんに対し、m-ECT(電気けいれん療法)、TMS(磁気刺激療法)を試すことも考えられるため、どうしても薬だけでは良くならないと思うようになったら、薬以外の治療を行える病院へセカンドオピニオンで転院することも視野に入れてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
やはり、そんな病院は存在しないですよね。 電気痙攣はまだ怖いので、その前に光トポグラフィーで自分の脳の具合を見てもらいたくて、今日主治医に相談しましたが、今悪い状態なのでもう少し落ち着いてから、、と言われました。
ただ、最終的には電気痙攣も視野にはいれています。ご丁寧に教えて下さりありがとうございます。

お礼日時:2021/05/22 18:22

うつ病は心の病ではありません。

脳神経細胞の病気です。メカニズムなどお知りではないかと思います。必要ならおっしゃってください。

うつ病の原因はヘルペスウイルス6型(HHV-6)が脳神経細胞に寄生するためであると3年程前に明らかとなっています。このことはNHKのテレビ・ラジオでも報道されました。ご存知のお方も少ないです。検索して確認ください。
この抗ウイルス薬などの治療薬はまだありませんし、将来も解りません。

現在の治療は治すものではありません。
・SSRIという抗うつ薬は、受け取れないセロトニン(伝達物質)が戻ってしまうのを阻害し、セロトニンをとどめて何とか楽にする薬です。
・カウンセリングは気づきによるリラックスです。
   
体内のウイルスの排除はご自身の免疫(白血球の働き)によります。
国内にはハスミワクチンと丸山ワクチンという白血球を活性化させる免疫療法があります。ハスミワクチンの協力医は福岡にもおられるようです。
 ぼんやりと見るだけでしょうが一応投稿を差し上げました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
脳の病気である事、ヘルペスウィルスの存在、ハスミワクチンの事は存じています。ただ、今現在あまり認知されておらず、確か治療も保険適応外ではなかったでしょうか?調べたら癌も治す効果があるともききましたが、それならもっと認知されてもいいはずでは、、、と思い二の足を踏んでいます。
決してボンヤリと見ていませんよ。
申し訳ありませんが、せっかくのコメントなのに上から目線なのが、大変残念です。今度念のため主治医に確認してみます。

お礼日時:2021/05/22 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング