4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

飽和水蒸気量の問題でわからない問題があります。教えてください。

「理科の問題です。」の質問画像
gooドクター

A 回答 (1件)

ここでいう飽和水蒸気量とは、ある温度である気圧の時に空気と水蒸気が


共存できる最大の水蒸気量である。
(1)この問題では、16℃で飽和水蒸気量は13.6g/m³ですが、これは湿度100%の時なので、50%ではその半分の6.8g/m³。
(2)加湿して、6℃のガラスに結露が始まったということは、ガラス表面で
飽和水蒸気量に達したと言うことです。よって、実験室内の蒸気圧量は
6.8g/m³から7.3g/m³に増えたことになります。増えた量は、0.5g/m³
実験室は380m³なので、全体で380x0.5=190g増えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうごさいました。回答が丁寧でわかりやすかったです。

お礼日時:2021/05/23 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング