【初月無料キャンペーン中】gooドクター

どうでしょう?



       *


(あ)
非経験の場・・・・・・・・・・・経験事象
(人には非思考の庭)    (事物&現象)
超自然・・・・・・・・・・・・・自然(人には感性の原野)
超経験・・・・・・・・・・・・・経験(人には思考の緑野)

(い)
絶対性・・・・・・・・・・・・・相対性
有無を超え因果律から自由・・・・有るか無いか;因果関係の過程

(う)
無限・・・・・・・・・・・・・・有限
(二で割っても元の無限のまま) (二で割ったら 半分になる)
真無限・・・・・・・・・・・・・可能無限も実無限も有限性

(え)
非知・・・・・・・・・・・・・・可知(既知&未知)と不可知
incomprehensible incom-     不可知= proved incomprehensibility
prehensibility

A 回答 (13件中1~10件)

それは 主観にとっての特殊なーー自分に都合のよい(それでも 神にかんしてなら 自由でありゆるされる) ーー神観です。



そうですね。というかそれです。私の神に対する価値観や表現はそれ"だけ"です。

絶対性と相対性、無限と有限、非経験(未経験に在ラズ)と経験世界。
水は完全解明されていない。タンパク質は完全解明されていない。ーーというか完全解明された物質は多分存在しない。そして完全解明出来たとして絶対性の証明にはならない。世界は常に相対性である。ならば、机上の空論として停止した時間でのみ絶対性を語れるのは、道理である。
無限はそもそも存在しない。無限の存在を証明する事は不可能である。数で表せるならそれは有限である。例えば無限素数も結局は有限である。最後の素数の証明が不可能なので無限と定義されているに過ぎない。
非経験と未経験が別ならば、そもそも経験とはなんぞや?となる。シュレディンガー方程式のような状態を非経験としても、方程式を語る時点で未経験或いは経験済みとも言える。もちろん、シュレディンガーの猫箱の中の猫は非経験に限り無く近い状態ではあると思う。(猫箱の猫は「TASに操られたキャラクター」の思想に近い)

さて、矛盾の反論。(以下、個人の主観です)
絶対性と無限。常に同じになる事は変化が無いに等しいという事。この時点で絶対性は観測不可能。
絶対性と非経験。矛盾しない事こそが矛盾。経験無しに絶対性を語る事は馬鹿と同じである。全知全能の神は馬鹿では無い。
無限と非経験。矛盾と矛盾である。そもそも、無限には幾つかの種類があるが種類を語る時点で非経験では無い。
…まぁ、全てこじつけなんですが。とはいえ、証明不可能な事象は矛盾がある、と信仰しているので。

相対性と有限。研究の事である。
相対性と経験世界。過程と結果の事である。
有限と経験世界。発表会や展覧会の事である。

仮定として、
相対性と無限。終わりのない研究である。
相対性と非経験。…ニートの事かな?
絶対性と有限。研究が捗りそうです。
絶対性と経験世界。ある意味つまらない状態?
有限と非経験。何も学べない状態?
無限と経験世界。…修行かな?

3つ複合(絶対、無限、経験世界など)は頭がこんがらがるので無しにします。絶対、無限、経験世界はなろう小説によくある異世界チート物語のような状態とは思いますが、大抵の作品で絶対性が微妙なんですよね。

人は、神を、語れない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

☆☆ それは 主観にとっての特殊なーー自分に都合のよい(それでも 神にかんしてなら 自由でありゆるされる) ーー神観です。

★ そうですね。というかそれです。私の神に対する価値観や表現はそれ"だけ"です。
☆ 《だけ》だとなると 一般性は出て来ないですね。

★ 絶対性と相対性、無限と有限、非経験(未経験に在ラズ)と経験世界。
☆ はい。

★ 水は完全解明されていない。タンパク質は完全解明されていない。
☆ としても これらはあくまで経験世界での出来事です。既知の部分と未知の部分とがあります。

★ ・・・ならば、机上の空論として停止した時間でのみ絶対性を語れるのは、道理である。
☆ とは成らないんです。ふつに生活している日常の時間のどの時においても 《絶対性》というのは―― 一般理論としては――想定すればよいのです。仮説法(アブダクション)。



★ 無限はそもそも存在しない。無限の存在を証明する事は不可能である。
☆ ではなくげんみつに行くと 《存在するかしないかが 分からない》のです。《証明し得るかし得ないかが 知り得ない》。これは 《非知》と言います。

《存在しないと証明されたもの》は 《不可知》です。ですがこれは 経験事象におさまります。《証明し得ない》とまでは《知り得た》のですから。


★ シュレディンガーの猫箱
☆ いづれは知り得ます。


★ 絶対性と無限。常に同じになる事は変化が無いに等しいという事。この時点で絶対性は観測不可能。
☆ 《変化がないかあるかが 分からない》《観測が可能か不可能かが分からない》です。

★ 絶対性と非経験。
☆ 非知= incomprehensible incomprehensibility


★ 無限と非経験。
☆ 同じ理屈なんですよねぇ。


★ 証明不可能な事象
☆ 《不可知》は 《証明不可能だと証明されたもの》でなくてはならないんです。


★ ~~~
相対性と有限。研究の事である。
・・・
~~~


★ 人は、神を、語れない。
☆ いい定義ではないんです。《語れるか語れないかが 語れない》んです。

ぎゃくに言うと――特殊絶対性としての自由な主観神観がそれとして成り立つように――《語ってもよいし 語らなくてもよいしという状態が 同時に成り立つ》のが 《非知》です。これが 神だと思います。

お礼日時:2021/05/31 11:20

"神"について語る事そのものが非常に難解な問題ですからねぇ。


個人的には"願い"で叶った出来事こそ"神"だと思っています。ただ、"願った本人"が願いを叶える過程の"時間"、その時間の瞬間瞬間に"神"が介入して手助けしている、と解釈も出来るかも知れません。
あと、《絶対性・非経験・無限》はそれぞれ別だと私は思います。絶対性と非経験、絶対性と無限、非経験と無限。それぞれで矛盾があるように感じます。
むりやり一つにするなら、
時間を"神"の一つと定義し、瞬間毎の絶対性と表す事が出来、未来に存在し現在に存在しないある個人の経験を非経験と表す事が出来、可能性や分岐点は無限に存在する。そして"神"は人間が選んだ選択以外の時間を観る事が出来る。
…なんか、カンニングして結果を教えてくれる人、みたいなセコい人的なイメージになるんですが"神"のイメージとはなんか違いますよね(笑
まぁ、人間が神を語る事自体がおこがましいと思うのですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

★ "神"について語る事そのものが非常に難解な問題ですからねぇ。
☆ 《日本人》と言いましたが 専門の哲学の徒と一般の人びととに分けましょう。

哲学する人間は じつは欲深いのです。好奇心旺盛です。答えが出るかどうかは別として しっかり取り組んでいるはずです。

そこで答えが出たら たいていの人たちはじゅうぶんしっかりと学ぶはずです。


★ 個人的には"願い"で叶った出来事こそ"神"だと思っています。
☆ それは 主観にとっての特殊な――自分に都合のよい(それでも 神にかんしてなら 自由でありゆるされる)――神観です。

一般絶対性の理論として神を理解するのが 哲学です。(哲学カテに投稿したのを 宗教学カテに移されましたが)。


★ ただ、"願った本人"が願いを叶える過程の"時間"、その時間の瞬間瞬間に"神"が介入して手助けしている、と解釈も出来るかも知れません。
☆ 神から人間へのハタラキカケ。これについては 主観神観でいかようにも解釈できることになっています。

そのような特殊絶対性としての神のほかに 誰にも当てはまる一般絶対性としての普遍神についてわたしたちは定義したいものです。


★ あと、《絶対性・非経験・無限》はそれぞれ別だと私は思います。
☆ それは 聞き捨てなりません。概念として同じ一つの内容を別の角度から説明するものです。


★ 絶対性と非経験、絶対性と無限、非経験と無限。それぞれで矛盾があるように感じます。
☆ 批判論文をどうぞ。

★ むりやり一つにするなら、
時間を"神"の一つと定義し、瞬間毎の絶対性と表す事が出来、
☆ 絶対性=無限=非経験は 相対性=有限=経験世界とは 絶対のへだたりがあります。

その上で――特殊絶対性の場合は特に―― 神から人へのハタラキカケを想定するわけです。

でも因果応報説にしても その内容に科学的な一般性があるとは限らないわけです。


★ 未来に存在し現在に存在しないある個人の経験を非経験と表す事が出来、
☆ それは 未経験という定義になります。


★ 可能性や分岐点は無限に存在する。
☆ その無限は 可能無限であって 限りのある数量なのです。つまり有限です。限りなくつづく円周率は 有限の数です。


★ そして"神"は人間が選んだ選択以外の時間を観る事が出来る。
☆ 想定としては 全知全能です。

お礼日時:2021/05/31 08:45

理解する必要が無いからでは?


言葉として、「神は全知全能で不可能が絶対に無く無限の力を持つ」みたいな事が言えるし、漫画や小説などで"神"を登場させる事もある。
…が、結局のところ「考えるな、感じろ」的な存在が神なので十人十色千差万別で神のイメージが個々で違うと思います。
あと、日本には八百万の神という概念があるので、例えば石ころにも神様が宿るのですが、石ころが絶対性とか無限(石ころの数はそれこそ無量大数にありますが)とか言われてもピンと来ないのです。

個人的に"絶対"や"完璧(完全)"という言葉は嫌いです。データ的な意味の"100%"などはまた別ですが。
「条件が完璧に同じなら絶対に同じ動きをする。」
私が嫌いなのはこの意味の言葉です。ミクロの世界で見れば分子や核の数や状態、マクロで見れば影響ある範囲全ての位置まで完璧に同じでなければならないが、現実には不可能だと思う。
もし神が居るなら、その再現を無限に行える存在かと。

非経験についてはちょっと分からない。ただ、ゲーム的に言うならば「RTA走者やTASに操られたキャラクター」がそれに近いかと。
或いは、「天性の勘による未経験なのに凄い動きが出来る人」とかですかね?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 理解する必要が無いからでは?
☆ 《かみ》という言葉はありました。

それが 《絶対性・非経験・無限》とは関係ないということでしょうか?

関係あるけれど 日本人には何らかの理由で要らないということですか?


★ 言葉として、「神は全知全能で不可能が絶対に無く無限の力を持つ」みたいな事が言えるし、漫画や小説などで"神"を登場させる事もある。
…が、結局のところ「考えるな、感じろ」的な存在が神なので十人十色千差万別で神のイメージが個々で違うと思います。
☆ それは おかしい。《わたしゃ――あるいは 日本人は―― 〈考える〉ことを放棄した》と言うのと同じです。それは 自由ですが おかしい。


★ あと、日本には八百万の神という概念があるので、例えば石ころにも神様が宿るのですが、石ころが絶対性とか無限(石ころの数はそれこそ無量大数にありますが)とか言われてもピンと来ないのです。
☆ それは ただ一つの神――普遍神――の分身なだけです。哲学では 常識です。


★ 個人的に"絶対"や"完璧(完全)"という言葉は嫌いです。データ的な意味の"100%"などはまた別ですが。
☆ 自由ですが おかしい。ヒトに生まれてきたが 犬猫で生きたいと言うにひとしい。


★ 「条件が完璧に同じなら絶対に同じ動きをする。」
私が嫌いなのはこの意味の言葉です。
☆ たとえ百%法則どおりに現象が生じても それはただの経験合理性なる相対世界での出来事でしかありません。――だから 神について理解しなければならないのです。


★ もし神が居るなら、その再現を無限に行える存在かと。
☆ 神が人間の世界に――人間の都合のよいように人間の思うように――介入しハタラキを見せる・・・などということは あり得ないぢゃないですか。絶対性と相対世界とは絶対のへだたりがあるのです。


なぜ日本人には このことわりが通じないのでしょう?

まだ 人間には成りたくないのでしょうか?


★ 非経験についてはちょっと分からない。ただ、ゲーム的に言うならば「RTA走者やTASに操られたキャラクター」がそれに近いかと。
或いは、「天性の勘による未経験なのに凄い動きが出来る人」とかですかね?
☆ しっかりして欲しい。有限の経験世界が どうして非経験の場ないしチカラであるとなりますか。

お礼日時:2021/05/30 14:07

神が絶対的にわからないものであるとしたら


そのわからなさは
なぜわからないのか
わからない
どのようにわからないのか
わからない
わからないのか
わかるのか
わからない。
というのがわかっているのであって
わからないものであると理解しているのです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

★ 神が絶対的にわからないものであるとしたら
☆ そんなことは言っていません。

《分かるか分からないか それが人間の知性では 分からない》。

この《非知なるナゾの何ものか》が 一般絶対性としての神です。

オホモノヌシのカミとか ブラフマンなりヤハヱ―なりアッラーフなりに個別の名を持った場合には――それとしての実際の信仰のかたちがあるので―― 個別絶対性としての神です。

いづれも 普遍神のことであり 言いかえているだけのものです。

ところが 神は それだけでは終わらない。特殊絶対性としての神があり得る。

いづれの名の神を信じているにしろ 《おれはその神の声を聞いた》とか《わたしは神を見た》とか言い出した場合のことです。

このときは その命題を肯定も否定も証明つきで成し得ない。したがって その命題は その本人の主観内部でのみは 真実として成り立っていると見なされるのです。特殊絶対性。


★ そのわからなさは
なぜわからないのか
わからない
どのようにわからないのか
わからない
わからないのか
わかるのか
わからない。
☆ そのとおりです。前項のコメントは勇み足でした。ごめんなさい。でもその内容としては 活きますので活用ください。


★ というのがわかっているのであって
わからないものであると理解しているのです。
☆ 最後の一行は やはり最初のコメントが必要であったことになりますね。

《分からない》と決めつけてはならないのです。

分からないというときは:
① いづれ分かるであろうと推察される《未知》の場合と
② 《分からないと科学的に証明された未知》すなわち《不可知》と
③ 分からないと同時に――同時にですよ――分かるかも知れないという可能性をふくむ《非知》と
があります。


こういう普遍神については 経験事象の言葉で《有る神》と言っても《無い神》と言っても 互いに自由で同等・対等である(そういう表現形式)と考えられます。

お礼日時:2021/05/24 16:12

ちょっと考えさせられました。


絶対性、非経験、無限、これらは言わば、目に見えず手で触れることもできないものです。私たちの認識とは対極にあるもの。
福音書には、見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が聞こえ、口のきけなかった人が話せるようになったという奇跡が特にたくさん記されています。
これは人間に対する一つの象徴的なことなのではないでしょうか。日本人に限らず、人間は思考の枠を超えたものを受け入れることが難しい。しかし、福音書に書いてあるこれらの癒しには、必ず神さまの救いの実現があります。なので、人間に対する救いが成就するとき、あたかも目に見えない人の目が開かれ、耳の聞こえない人が聞こえ、口のきけない人が喜び歌うようになる、と。これから起こることの預言も含まれているように思いました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ ちょっと考えさせられました。
☆ そうですか。正直に申せば いつまで経ってもわたしの仮説が伝わらないという無念さです。


★ 絶対性、非経験、無限、これらは言わば、目に見えず手で触れることもできないものです。私たちの認識とは対極にあるもの。
☆ えっとですね。ここは げんみつにまいります。

超自然と超経験を合わせて非経験の場ないしチカラとします。

自然や経験なる世界を超えるというのは 内に対する外だとか一極にとっての対極であったりするものではないです。

次元が違うのです。

経験事象は相対的ですから 真偽・善悪・美醜あるいは愛憎・聖俗・浄穢等々の二項対立がありますが これらを超えているのが 神です。



★ 福音書には、見えない人の目が開き・・・という奇跡が特にたくさん記されています。
★ これは人間に対する一つの象徴的なことなのではないでしょうか。
★ 日本人に限らず、人間は思考の枠を超えたものを受け入れることが難しい。
★ しかし、福音書に書いてあるこれらの癒しには、必ず神さまの救いの実現があります。
☆ 奇跡にかんしては《特殊絶対性》なる主観(その神観)において その主観にとどまるかぎり真実であり得ます。

言いかえると 経験合理性で証明することがむつかしい。

一般および個別絶対性として理論づけることは 無理でしょうね。

特殊絶対性なる仮説として 主観ごとにいだかれ得ます。



【Q:一般および個別絶対性理論 ならびに 特殊絶対性仮説 または 宗教への絶対的批判】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12366311.html

お礼日時:2021/05/23 23:12

カザフスタンrds


セミパラチンスク核実験場
ソ連の核開発実験は知らなかったです。
イーゴリ
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ふむ。

ご投稿をありがとうございます。

お礼日時:2021/05/23 22:53

「何らかの複雑な題目についての理路整然たる議論も、その議論を進めた人の頭の器用さを証明する以外のものでは決してないであろう。

人間がこの偉大な真理にいくらか気づいているにちがいないことは、われわれは推論によって身を処することは決してないことによってもわかる。人間は本能と感情とによって導かれる。自己の情念や、愛や、憎悪や、とりわけ自己の恐怖(これは人間にとって有益なものであるが)に従って行動する」

エピクロスの園
    • good
    • 2
この回答へのお礼

▲ アナトール・フランス『神々は渇く』 
http://www.hananoe.jp/culture/bouken/bouken155.h …
☆ を参照しました。



わたしの神論についても:
▲ その議論を進めた人の頭の器用さを証明する以外のものでは決してない
☆ のですね。

本意ではないですが そう見ている〔だけだ〕とすれば それは愉快だ あっはっは! とでもお応えしておきましょう。



☆ ということは 神のことが理解できない理由は たとえ理解したとしてもその能力にかんして《頭の器用さを証明するに過ぎない》ゆえだとなりましょうか。

(推論をすすめた能力とその内容を理解する能力とを 同じようなものと捉えたものですが)。


その理由としても アナトール・フランスの書いたところの命題 すなわち:
▲ われわれは推論によって身を処することは決してない
☆ が挙げられると。

果たしてそうか? おかしかないかい?

お礼日時:2021/05/23 21:02

●日本人である〔または あるのに〕わたしは 少なくとも趣旨説明欄のごとく理解しています。



〇日本人は 神――絶対性・非経験・無限――が理解できないのですかね?
 ではなく
 私は 神――絶対性・非経験・無限――が理解できないのですかね?
と質問すべきだったのでは?

日本人という概念は広すぎます。
理解できている日本人がいる可能性も否定できません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ぢゃあ 一億○千○万人の人は理解できていないとか言うんですかね?


アバウトでいいに決まってるぢゃないですか。


もし理解できていると言う回答であるならば 趣旨説明欄の内容を批判するか あるいは 解答を示してくれるかして欲しいと思いますが。

お礼日時:2021/05/23 17:53

●質問者の国籍が どうして事の真っ先に問われなくてはならないのか。


〇「日本人は・・・が理解できないのですかね?」という問いが
 もしも、あなたが日本人なら自分で考えればいいじゃん
 などと思えたものですから・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本人である〔または あるのに〕わたしは 少なくとも趣旨説明欄のごとく理解しています。

だから あなたがたが理解できないとしたら どうしてか? と問うています。不思議です。

納得したいです。

お礼日時:2021/05/23 13:37

たぶん、あなたは日本人だと?思われますが?


あなたは、理解できたのですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


意味不明です。


質問者の国籍が どうして事の真っ先に問われなくてはならないのか。


趣旨説明欄を見て 質問者に理解できたかと問うなら もう少し説明して欲しいとか言えばいいものを:
★ あなたは、理解できたのですか?
☆ とは。

お礼日時:2021/05/23 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング