勉強不足で申し訳ありませんが、物質の紫外吸収について教えて頂けませんか?本には多重結合を持った化合物中を、紫外と可視領域の電磁波が通過すると電子の励起が起こって光が吸収される、とあるのですが、この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは?と考えてしまうのですが間違いありませんか?二重結合を持たない化合物ではどんなものでも、最大吸収などは取れないものなのでしょうか?またそれならば、金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう?ご回答よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

遅くなりまして申し訳ありません。

過去に見たページを探し出せなくなって。(T T
>>この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは?
そんなことはありません。しかし通常の紫外可視分光光度計では波長で200nm~700nm程度までしか測定できません。それより波長の短い(エネルギーの高い)領域では空気中の酸素、窒素、水、などなどが光を吸収してしまうため「真空紫外」領域用の分光光度計が必要になります。このような装置では実際に真空中で測定を行います。すると単結合の電子が励起される吸収が測定できます。
>>金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう?
添付URLをご覧下さい。宝石屋さんのHPですが親切なものですねー。
遷移金属の発色はこんな風にして説明されています。またこの発色が遷移金属の特徴でもあります。このような軌道混成が遷移金属が化学合成の触媒として広く用いられる理由の基本にもなっています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi2/col …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。真空紫外用の分光光度計というのは知りませんでした。またご紹介のHPも、私にもなんとか理解できる内容で大変分かりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/25 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100均のLEDグロー球

常夜灯が100均でLEDのものが置かれています。
0.5Wとかかれているのですが、明るいんですかね?
普通の常夜灯は5Wぐらいですけど、
LEDはそのまま換算していいものですか?
それとも消費電力の話ですか?

Aベストアンサー

「常夜灯が100均でLEDのもの」つまり、なつめ球の事ですね
消費電力が従来のなつめ球の1/10のである意味ですが、
通常のなつめ球と同じような感じの「電球色」と「白色」の2種類があると思いますが、両方のタイプを使用していますが、
個人的な感覚からすると、
「電球色」は消費電力が5Wのなつめ球より暗いかな?って感じ
「白色」はクリスマスのイルミネーションのような感じで、暗くないと寝られない人には明るすぎるかな?って感じです

実際に点灯した写真は私のブログには掲載してあるのですが、URL記載はここで禁止されているので、お許しください

Q紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルについて

「紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルが幅広になる理由を述べなさい」という問題について、ご教授願います。

講義の内容や、文献をあたった結果から以下のように自分なりに考えました。

「分子が紫外線や可視光を吸収すると基底状態にあった電子が励起され励起状態となる。このときのエネルギー差に相当するエネルギーを持った波長の光が吸収されスペクトルとなる。しかし、分子の持つエネルギーはほかに、振動エネルギーや回転エネルギーなどがあるため、実際に吸収するエネルギーの値は一定ではなく幅を持ったものとなる。このため、吸収される光の波長にも幅が生まれ結果としてスペクトルに幅が生まれる。」

この内容について、合っているか間違っているかを教えて頂きたいのが1点目の質問です。

そして、課題のヒントとして
「分子の基底状態は振動により核間距離に幅がある。フランクコンドンの原理にあるように吸収は核間距離を変化させずに起こる。基底状態から励起状態に遷移するためには励起状態に存在を許容する準位がなければならない。といったことを考えよ」
というものが与えられたのですが、これをどのように考えたらいいのかがわかりません。これが2点目の質問です。

以上の2点について、考え方の方向性やヒントを示していただけるだけでも構いませんので、ご解答をお願いします。

「紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルが幅広になる理由を述べなさい」という問題について、ご教授願います。

講義の内容や、文献をあたった結果から以下のように自分なりに考えました。

「分子が紫外線や可視光を吸収すると基底状態にあった電子が励起され励起状態となる。このときのエネルギー差に相当するエネルギーを持った波長の光が吸収されスペクトルとなる。しかし、分子の持つエネルギーはほかに、振動エネルギーや回転エネルギーなどがあるため、実際に吸収するエネルギーの値は一定ではなく幅...続きを読む

Aベストアンサー

小難しい表現なんかしなくても,たとえば振動についてはこんな感じでしょうかね.
原子核は平衡位置を中心に振動してるわけで,それによって,核の位置が変化するわけだから,当然,電子のエネルギー極小値より高いなにがしかの位置にいる可能性が高いと.基底状態でも励起状態でも,電子エネルギーは核位置の関数だからね.
そこから励起がおこるが,フランク-コンドン原理があるので,電子遷移がおこる間は核配置は固定されているとしてよいと.一方,励起状態と基底状態では,電子エネルギーの極小を与える平衡核位置は一致していない.ってことは,基底状態と励起状態は,エネルギー軸について平行移動した関係にあるわけではない.だから,電子遷移に必要なエネルギーは,核がどの位置にある状態からおこった遷移かによって違いがある.

あとは,講義のキャラに合うように脚色が必要でしょうかね.このまま出すと,70点くらいかな.

Q100均のUVレジンでアクセサリーをつくるのですが、太陽にあてたり、市販で売っている紫外線をあてる機

100均のUVレジンでアクセサリーをつくるのですが、太陽にあてたり、市販で売っている紫外線をあてる機械もやって見たのですが、ねちゃねちゃしていてかたまりません。

なにをすれば、かたまるのですか?
かためるものは、じゃがりこなどのお菓子類です。

Aベストアンサー

太陽光で半日って時間掛かり過ぎですね。

2液タイプじゃないですよね?

量が多かったり(分厚かったり)湿度が高いと固まりにくいし、温度も低いとダメ、高すぎる温度もダメ
ですが、製品不良っぽいですね。

Q紫外可視吸収スペクトルの解釈に関して

紫外可視吸収スペクトルに関して質問いたします。

エネルギーの大きさは

電子エネルギー>振動エネルギー>回転エネルギー

となっていると思います。電子エネルギーは紫外可視吸収スペクトルに反映、振動エネルギーは赤外に反映、回転エネルギーはマイクロ波に反映されると思います。

ここで質問なのですが、振動エネルギーや回転エネルギーが紫外可視吸収スペクトルに影響を及ぼすことはあるのでしょうか?またその場合紫外可視吸収スペクトルの形状が大きく変化することはあるのでしょうか?

現在測定しているサンプルの紫外可視吸収スペクトルの形状が非常にギザギザしていて解釈に困っています(一つのピークが何本ものギザギザしたピークに別れています)。また溶媒によってギザギザした感じが変化します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純な分子だと振動構造が見えることがあります。
その様な分子では蛍光スペクトルにも振動構造が見えます。
ただ、ごく普通の有機分子では見る機会はないですね。
ベンゼンなどは見える例ですが、気体でないと無理です。

QこのLEDランプを販売している100均ショップ

探しています。100均ショップで販売しているらしいのですが、家の近くの店にはなかったです。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる「ピカピカ棒」ってやつですね。
キャンドゥ、セリア、ダイソー・・・、いろんな100円ショップで扱っていると思いますが、店によってはないことも。

↓参考になると思います。
http://www.geocities.jp/hokarida/03_magic/m03-01.html

Qハロゲンの定量を紫外可視光吸収スペクトル光で分析したい!

いつもお世話になっております。

フッ素と塩素を定量についてです。
UV-visで定量分析したいと考えております。

ところで、フッ素と塩素は紫外・可視領域において吸収があるのかと言うことです。

勉強不足で大変恐縮なのですが
ハロゲンは紫外・可視領域において吸収があるかどうか教えていただきたいです。
また、UV-visについて分りやすい文献等ありましたら、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

直接の値は書いてありませんでしたが、文献リストを見つけました。
非常に詳しいものです。

参考URL:http://www.science-softcon.de/spectra/halhal/halhal_1.htm

Q100均

されど100均 たかが100均。それとも、たかが100均。されど100均?

貴方にとって、これは充分元が取れたと感じた100均商品をお教え下さい。

Aベストアンサー

三菱やマクセル等の日本ブランドボタン電池。
 100均に登場するまで1個300円前後だったが、2個入り103円のを見つけたときは、思わず本当に日本のブランド製なのか、パッケージの裏表をじっくり確認した。

Q紫外吸収法の測定可能範囲について

紫外部吸収法(280nm)の測定可能範囲について調べたのですが
文献によってその範囲がまちまちで困惑しています。
文献A
0.02~3.0mg/ml
文献B
100μg/ml~
文献C
定量限界 0.1mg
文献D
100μg/ml~1000μg/ml
文献E
50μg/ml~1000μg/ml
とどれが正確な値なのか判断に困っています
それぞれの文献の筆者の判断や、その目的によっては前後するのでしょうけど・・・・・

この値だけを使うのなら下限と上限を用いて
20μg/ml~3mg/ml、もしくは20μg/ml~
とすればいいのでしょうけど
実際に実験を行った時に指示された濃度は(10μg/ml~2mg/ml)
それとは別の試料を量ったのですがそれは最大4mg/mlまでありましたが測定できました。

この事実を含めると、一体どの値が正しいのか・・・・
ほとほと困り果てています。

一応ですが自分なりには
実際に実験をした最低濃度の0.01mg/mlから3mg/mlを範囲として結論しましたが

ご意見いただけませんか?
レポートには自分なりの理由をつけて上記のように書いたのでレポートを書くということだけに専念するなら解決はしたといえなくも無いのですが。
あやふや過ぎて、すっきりせず、この疑問に悶々としています。

紫外部吸収法(280nm)の測定可能範囲について調べたのですが
文献によってその範囲がまちまちで困惑しています。
文献A
0.02~3.0mg/ml
文献B
100μg/ml~
文献C
定量限界 0.1mg
文献D
100μg/ml~1000μg/ml
文献E
50μg/ml~1000μg/ml
とどれが正確な値なのか判断に困っています
それぞれの文献の筆者の判断や、その目的によっては前後するのでしょうけど・・・・・

この値だけを使うのなら下限と上限を用いて
20μg/ml~3mg/ml、もしくは20μg/ml~
とすればいいのでしょうけど
実際に実験を行った...続きを読む

Aベストアンサー

測定装置の誤差に注目すればすべて解決します。

測定装置は実際には試料の透過率を求めています。この装置の測定精度として,透過率の誤差が ±0.05% 以内であったと仮定します。この時,ランベルトベールの式から考えると,

 試料の透過率が 10%(±0.05%) の時の吸光度は 1±0.002,
 試料の透過率が 1%(±0.05%) の時の吸光度は 2±0.02,
 試料の透過率が 0.1%(±0.05%) の時の吸光度は 3±0.2,

となりますね。透過率が低いときほど,吸光度の誤差が大きくなることが分かります。よって正確な定量を行いたければ,吸光度は低ければ低いほど良いということが分かります(※)。

> 実際に実験を行った時に指示された濃度

濃度が大事なのではなく,透過率が大事なのは上に述べたとおりです。透過率は試料の濃度だけではなく,試料のモル吸光係数やセルの長さにも依存しますよね。測定誤差を少なくするには,吸光係数の大きな試料では濃度をより低くする必要がありますし,それでも透過率が低すぎる場合は,10 mm セルではなく 1 mm セルを使う必要があるということになります。

※ 実際には,透過率の高い範囲では,セル表面やセルと溶液との界面による反射などの影響がでるため,単純に低ければ低いほど良いというものでもありません。私自身の感覚としては,吸光度 1 ~ 2 の範囲を信頼範囲と考えて測定しています。

測定装置の誤差に注目すればすべて解決します。

測定装置は実際には試料の透過率を求めています。この装置の測定精度として,透過率の誤差が ±0.05% 以内であったと仮定します。この時,ランベルトベールの式から考えると,

 試料の透過率が 10%(±0.05%) の時の吸光度は 1±0.002,
 試料の透過率が 1%(±0.05%) の時の吸光度は 2±0.02,
 試料の透過率が 0.1%(±0.05%) の時の吸光度は 3±0.2,

となりますね。透過率が低いときほど,吸光度の誤差が大きくなることが分かります。よって正確な定量を行...続きを読む

Q100均のアクリル絵の具について

UVレジンを使ってアクセ等を作りたいのですが、着色にはアクリル絵の具も使えると書いてありました。(顔料入りのなら?)
昔学校で買ったもののあまり使っていない、ターナーアクリルガッシュ プライムセットがあったのですが、それは顔料が入っているようなので着色に此れを使おうと思います。
ですが、少ない色もあるので、100均で買おうかと思うのですが、100均のアクリル絵の具には顔料が含まれていますでしょうか?

Aベストアンサー

染料は布を染めるなど、素材に含ませて使う物です。
アクリル絵具は絵具そのもので色を保持して使うので入っているのは顔料です。

Q可視紫外分光光度法による色素の解離定数の決定

はじめまして。理科について学習している大学2年生です。高校で化学を履修していなかったため、あまり化学についてわかっていませんので、よろしくお願いします。
「可視紫外分光光度法による色素の解離定数の決定」という実験についての質問なのですが、グラフが数種類のスペクトルが混ざったものしか測定できないので、それをどうやって分離すればよいのかがわかりません。

Aベストアンサー

HA⇔H+ + A-
Ka=[H+][A-]/[HA]
溶液中には A- と HA が存在していて,pH が低ければ HA が多くなり,高ければ A- が多くなる.
十分に高い,あるいは低い pH では,それぞれ A- だけ,HA だけの溶液とみなしてかまわない.
中間の pH では,仕込み濃度(分析濃度)が同じなので,測定した溶液では [HA]+[A-]はすべて同じ(c とおく).

ある波長での吸光度 D は,HA と A- の吸光係数を ε1,ε2 とすれば,
D=(ε1[HA]+ε2[A-])×l
ここでlは測定に使った光学セルの光路長.

さて,以上のことから D と pH の関係式を考えてください.ただし,ε1≠ε2とします.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報