gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

ア・フュー・グッドメンという映画で、アメリカの軍法会議の様子が描かれていますが、被告人と裁判官と検事は海兵隊であるにもかかわらず、弁護人だけは海軍軍人がつとめています。調べてみると、海兵隊には法務部がないなどのネット記事はあるのですが、それだと裁判官と検事が海兵隊員である理由が分かりません。海軍と海兵隊はこの映画のように一緒になって軍法会議を行うものなのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

組織としては海軍省の中に海軍、海兵隊、沿岸警備隊があります。


軍事裁判所は海軍、海兵隊共通なので裁判官、弁護人はどちらかの所属の軍人です。軍警察(憲兵)は独立した組織なので海兵隊になるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軍事裁判所は共通というのは知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/05/24 21:58

仰る意味が わかりかねます。



海軍の中に 海兵隊があるのです。そしてその中にまた
ネイビーシールズと言う精鋭部隊があります。

軍法会議には それぞれ役職が付いている海軍の人間が揃います。
法務部もありますよ。警察みたいな役目の部署もあります。
呼称は 一般とは異なりますが 裁判官 検察 弁護士
それぞれ海軍で資格を持っている人が 努めます。

特殊な場合は外部の弁護士が 特別な許可をもらい 弁護士を
努めることもありますが 軍法はアメリカの州法とも 連邦法とも
異なる為に かなり大変なことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海軍の中に海兵隊があるというのは分かるのですが、(狭い意味での)海軍と海兵隊とでは制服が違ったりするようなので、軍法会議も分かれているのかと思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/05/24 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング