このところ、少年雑誌の売上が低迷しているようです。中でも1番打撃を受けたのは
週刊少年ジャンプだそうです。しかし、私が見る限りではあまり変わらないような気がします。
今のところワンピースは(19)巻を初版220万部を突破していてドラゴンボールに売上が追いついています。
雑誌としては売れなくなったと思いますが、コミックスは以前にも増す勢いで売れていると思います。
皆さんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

喫茶店でタマに読みますが。

。「面白い」「面白くない」の差が激しい気がします。

ですから、毎号毎号220円出して買うより好きな漫画を単行本で買う方が安上がりな気がします。

「つまらないモノは買ってまで読みたくない」って思う人が増えたのではないでしょうか。

ざっと計算しても
毎号買う:年間50冊程度買うと(合併号があるので「約」です。)
     220円×50=1,1000円
単行本:約2ヶ月に一冊出るとして年間6冊
     410円×6=2460円
と、なり4種類の単行本を買っても安くつきますから。


       
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーなんですよねー
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 20:56

こんばんは。


少年ジャンプって昔600万部発行してたんですよね。
今はどのくらいでしょうか。

売り上げが低迷しているのは、何となく、
○子供の数が減った。
○子供の娯楽の範囲が広がった。
というのが主な理由のような気がします。

もともと少年雑誌の繁栄は私のような、今30代くらいの人たちが子供のころに
築いてきたもののような気がします。
そして彼らはもう少年雑誌を読むのではなく、青年雑誌を読むか、あるいは単行本を買うようになったということなのではないでしょうか。

逆に昔はそんなに売れなかった青年雑誌での大ヒットが出ているということとも関係があるのでは?

まあ、私の経験談です。ちなみに私は子供のころは少年サンデーを読んでいて、
今はスピリッツとモーニングを読んでます(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーなんですよねー実際に
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ダイの大冒険」文庫版orコミックスorSJRコミックス

カテゴリー違いかもしれないのですが…。
最近「ダイの大冒険」という昔みた漫画にはまっております。
昔途中まで漫画を持っていたのですが売ってしまい今ビデオを持っているくらいです。
それで原作も再び読んでみたいと(今度は最後まで)思っているのですが現在文庫版なるものがでているようでコミックスとどちらを買おうか迷っております。
そこで文庫版を持っている方やコミックスをお持ちの方にお聞きしたいのですがどちらの方がおすすめでしょうか?
またSJRコミックなるものがでていますがそれは色々な情報がのっていて良いというのを聞いたことがあり…悩んでいます。普通のコミックスを買うよりこちらのSJRコミックを買った方が楽しめますでしょうか。
わかりにくい質問なのですがお教え頂けると嬉しいです(><)

Aベストアンサー

SJRコミックに騙された口です。
#1の方も仰ってますが、再生紙で体裁が悪い事に加え総集編で全てが掲載されていません。
通勤時の暇つぶしにはなりますが、腰をすえて読むのに適していません。

ジャンプコミックス版は、ダイ達のステータスやダイの世界の豆知識や人気投票の結果など、いわゆるジャンプコミックらしい特典が付いています。

文庫コミック版は、あっさりとしています。
余計なイラストや巻末コーナーなど無く、2,3巻に章分けされていて読みやすく3冊の中で一番紙の質が良く、初回特典にダイ書下ろしのしおりが付いてくる。
ただ、他の2冊に比べフォーマットが小さいのが欠点といえば欠点です。

個人的な話をすると、一応ジャンプコミックス版を持っていますが、置く場所や色々な事を考えて文庫コミックを買い揃えています。
ジャンプコミックス版は懐かしいなと思うけど、本焼けが激しく読みにくいのです。
文庫サイズはまだ未完なので、待てないのならジャンプコミックス版ですね。
SJRコミックは、どちらかというとコレクター向けです。
参考になればと思います。

SJRコミックに騙された口です。
#1の方も仰ってますが、再生紙で体裁が悪い事に加え総集編で全てが掲載されていません。
通勤時の暇つぶしにはなりますが、腰をすえて読むのに適していません。

ジャンプコミックス版は、ダイ達のステータスやダイの世界の豆知識や人気投票の結果など、いわゆるジャンプコミックらしい特典が付いています。

文庫コミック版は、あっさりとしています。
余計なイラストや巻末コーナーなど無く、2,3巻に章分けされていて読みやすく3冊の中で一番紙の質が良く、初回特典...続きを読む

Q佐々木倫子さんのコミックス未収録作品の雑誌掲載号を教えて下さい。

★々木倫子さんのコミックス未収録作品が何点かあるかと思うのですが作品が掲載された雑誌名(おそらく「花とゆめ」および「別冊花とゆめ」?)が何年の何月号か分かる方がいましたら教えて下さい。出来ればページ数も教えて頂けると幸甚です。
★佐々木さんの未収録作品の出版依頼は復刊ドットコム等のサイトで行われているようなのですが一向に出版される気配が無いので国会図書館でコピーをしたいと思っておりますがデータ不足のため困っています。色々と調べてみたのですが分かりません。
★何か情報をお持ちの方がいましたら是非、お教え下さい。当方が把握している(どこまで正確は分かりません)未収録作品は以下になります。これ以外にも情報をお持ちの方がいましたら是非教えて下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
★収録作品と思われるもの
平手打ちのラプソディー
ごきげんいかが秋のテーマ
デパートガール
名犬アイボリー
夜霧のブルース
タンゴウォーク
ペパミントスパイ 地獄の小犬編
ペパミントスパイ 謎のマーゲンバー編

Aベストアンサー

 今晩は。佐々木倫子さんの「デパートガール」は「花とゆめ」1986年8月号に載っています。P103~P134で、32ページ分ですね。家にまだ雑誌を取ってありました…。「ぺパミントスパイ」の方は大昔に立ち読みで「別冊花とゆめ」でしたか、単行本未収録の作品を見たように思います。

 私もいつ、「デパートガール」やその他の作品が単行本化するのかなあと、ずーっと待っていたのですが、まだなんですね…。何かの形で拝みたいものです(^^)

Q貴方がご存知の海外の漫画(コミックスや雑誌など)を扱っているお店を教えて下さい。

数年前、韓国旅行のお土産に韓国漫画のコミックスと日本漫画の翻訳版コミックスをもらいました。この韓国の漫画の前後の巻が欲しくて、あちこち知人に声を掛け、韓国に赴任している方を紹介してもらい、前後の巻だけでなく、続刊が出るたびに送ってもらっていました。ところが、その方が帰国され、新刊を送ってもらうことができなくなりました。また、その漫画はアジア・ヨーロッパ・アメリカなどでも翻訳出版されているそうで、それらも見てみたいと思い、ネット検索をしたのですが、海外の漫画を扱っているところを見つけられません。
書籍も扱っている個人輸入の代行業者数件に問い合わせてみたのですが、数百円の本を取り寄せるのに、手数料や送料などで数千円が必要とのことで、懐の関係上お願いすることができません。
どこの国の漫画でもかまいません。貴方がご存知の海外の漫画を扱っているお店を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

扱っている本の量と便利さであれば、アマゾンドットコムの海外サイトでしょうね。

例えば、アメリカだと
Cartooningというのがアメリカ人が書いた現地のマンガ、
Mangaが日本のマンガの英語版です。

日本版のアマゾンの洋書カテゴリもありますが、洋書はもともと在庫量が少なく
一度無くなると、数週間入荷されないこともザラです。

ただアマゾンの国際発送の場合の運賃を調べてみると、
1回の出荷に対して課金される送料+1品に対して課金される送料x品物量の合計が
運賃総額になりますので
数週間程度で到着する標準的な船便で、7ドル+4ドル50セントx数量かかります。

コミックス1冊を買うとすると、1500円程度の送料と1ヵ月近い期間がかかります。
逆に航空便を使う最速便だと、これが期間は数日で済みますが、
運賃は4000円近くに跳ね上がります。

やはり船か飛行機で海外から運んでくるしかないので、
どうしても運賃、関税や港使用料、保険料などの手数料がかかるのはしょうがありません。
しかも日本はこの手数料が海外に比べて、極めて割高です。
アマゾンですらこの値段になりますので、
質問者の方が言われた金額は現状では妥当なものだと思います。

ただ日本の書店で売っている洋書も、この運賃・手数料を加味した金額で売っていますので
現地価格に対して、どうしても割高になります。
日本で売ってる洋書の場合は一度に大量に輸入するので、その分運賃は割安になってますけど。

こんにちは

扱っている本の量と便利さであれば、アマゾンドットコムの海外サイトでしょうね。

例えば、アメリカだと
Cartooningというのがアメリカ人が書いた現地のマンガ、
Mangaが日本のマンガの英語版です。

日本版のアマゾンの洋書カテゴリもありますが、洋書はもともと在庫量が少なく
一度無くなると、数週間入荷されないこともザラです。

ただアマゾンの国際発送の場合の運賃を調べてみると、
1回の出荷に対して課金される送料+1品に対して課金される送料x品物量の合計が
運賃総額になり...続きを読む

Q青年誌と少年誌のコミックスの大きさの違い

どうして大きさが違うのでしょうか?
そして1冊あたりの印税も違うのでしょうか?

何故かアームズの皆川先生のコミックスは大きい

Aベストアンサー

>どうして大きさが違うのでしょうか?

大きさが違うと値段も違いますよね?足元見られているようで嫌ですがやはり主要購買層の経済力に比例しているのでしょう。

少年誌はやはり小・中・高生が中心ですよね。
おこづかいからマンガ一冊買うお金を出そうと思ったら結構な割合占められちゃいますよね?

逆に青年誌はある程度自分の自由になるお金のある人中心でしょうから、マンガ一冊500円前後出しても痛くも痒くもないですし、このくらいでも買うだろうと見込んでの値段だと思います。その分大きく見やすくなっていますが・・・

皆川亮二は熱心なファンが居ますから余計値段を上げても買う人はいるでしょう。あと作家の特性上あの絵を大きい紙面で見たいと言う人が居るのではないでしょうか?
大友克洋の『AKIRA』とかいい例ですよね。

あと、愛蔵版とかいって昔の人気のマンガを再版するのも経済力が出来てまた読みたいなと思っている読者を狙って大きくしたり、紙を良くしたりして高めの値段で出してますよね?
そういう事です。

>そして1冊あたりの印税も違うのでしょうか?

そりゃそうですよ。印税はパーセントで振り分けられますから。

>どうして大きさが違うのでしょうか?

大きさが違うと値段も違いますよね?足元見られているようで嫌ですがやはり主要購買層の経済力に比例しているのでしょう。

少年誌はやはり小・中・高生が中心ですよね。
おこづかいからマンガ一冊買うお金を出そうと思ったら結構な割合占められちゃいますよね?

逆に青年誌はある程度自分の自由になるお金のある人中心でしょうから、マンガ一冊500円前後出しても痛くも痒くもないですし、このくらいでも買うだろうと見込んでの値段だと思います。その分大きく...続きを読む

Q雑誌の掲載号からコミックスの何巻に収録されているか調べる方法

漫画雑誌を読むのを止めたのですが、コミックスで続きを読みたい作品が複数あります。
ところが続きが何巻から収録されているかが分からず、ネット通販などで購入しようと思っていますが困っています。
雑誌は以下の2誌で、いつまで読んでいたかはメモしてあるのですが、収録巻が分かるデータベース等ないでしょうか?

少年サンデー:2008年のNo.34
週刊少年ジャンプ:2007年のNo.50

Aベストアンサー

コミックの発売日なら確認できますので、おおよその見当を付けて、実店舗でコミックで掲載号を確認してみたらどうでしょうか。

【サンデー】http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_rls?type=4

【ジャンプ】http://jump.shueisha.co.jp/henshu/comics/now.html

また、希望の作品名で検索するとファンサイト等で掲載号が確認できるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報