【初月無料キャンペーン中】gooドクター

需要の価格弾力性=需要の減少幅(%)/価格の上昇幅(%)
とありますが、逆に、価値が減少して、需要が上昇した場合、どういった計算方法をすればよいのですか?

A 回答 (2件)

あなたは回答しても回答に反応せずにつぎつぎと別の質問をしているが、一つ一つ解決しましょう。

まずこの回答は理解できたのだろうか?わからないところがあったら追加質問でどこか示してください。放置するなら、今後いっさい回答しないよ。(実際、質問してもだれからも相手にされない質問者がこの「経済学」欄にいます。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いちおうは理解できたので、次の質問をしていました

お礼日時:2021/05/29 15:25

記号で書くと



e= - (ΔQ/Q)/(ΔP/P)

となる。eは弾力性の値、Qは需要量、Pは価格で、ΔQはQの変化量、ΔPはPの変化量をしめす。ΔPはPが下落するならマイナス、上昇するならプラスの値をとる。ΔQについても同様。右辺にマイナスがついているのは、弾力性の値をプラスで(つまり絶対値で)表すため。Pが下落すると、ΔPはマイナスだがΔQはプラスなので、eの値はプラス。Pが上昇するとΔPはプラスだが、ΔQはマイナスなので、eの値はプラス。たとえば、Pが1%下落したとき、Qが3%増えるなら、e=-(3)/(-1)=3だし、Pが1%上昇したとき、Qが3%減るなら、e=-(-3)/(1)=3となる。つまり、e=3ならば、価格が1%下落(上昇)するなら、需要量は3%増加(減少)する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすかったです
ありがとうございます

お礼日時:2021/05/29 15:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング