色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

にも関わらずワクチン接種するのはなぜ?

gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

ワクチンの大量販売するためじゃ。



ワクチンメーカーのCEOがビリオネアになったそうです。
雇われ社長で個人資産10億ドルってすごくね?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みなで寄ってたかってワクチン伝説を拡散している。
ワクチンなんてただの都市伝説なのに。
愚かな人類はそのうち滅びます。

お礼日時:2021/05/27 10:05

他の方も書いておられますが、そこそこの重症者でもない限り しっかりとした抗体はできない。


しかも期限付きなので、
先月あたりワクチン接種した方は、冬に再流行したら接種が必要なはず。
    • good
    • 0

感染して治った人は免疫されている、それはゼロイチでくくるとその通りなのですが、細かく見るともっと複雑です。



元患者の体内にできている抗コロナウイルス抗体の量は人によって様々です。総じて言えば無症状や軽症の人は少ない傾向がある。対して、現在日本で接種されているワクチンは強力な免疫を誘導することがわかっています。なので、今のところ日本の専門家は未感染者と同様に接種することを推奨しているようです。どこかのTV番組で見ました。

もっとも、2度打つ必要はないんじゃないかという話も外国では出ているようです。
https://www.bbc.com/japanese/56051234
このあたりの方針は、今後知見が積み重なっていくにつれて変わっていく可能性が高いです。
    • good
    • 0

今のところ、感染してできた抗体はそんなに強くないそうです。



ただ抗体がないわけではないので、2回の接種を1回ですむとのことですね。
    • good
    • 0

面倒だからでは?


感染した人は結局三回接種する形になりますが
問題ないので予防という形で打つかと思います
今回のワクチン二回接種した医者が検査で陽性になりましたし
ただ症状は軽いとのことです
    • good
    • 0

コロナに感染した人で、中等症や重症だった人はほぼ半年経っても100%中和抗体が残っているようです。

 しかし、感染しても無症状だったり、軽症者は97%が中和抗体が残っているとのことです。 よって、コロナに感染した人でも、必ず中和抗体が残っているわけではないので、ワクチンを改めて接種する人もいるのでしょう。 大体、ワクチンを接種したからと言って、100%中和抗体が出来るとは限りません。 

横浜市立大学などの研究グループは、新型コロナウイルスに感染しその後、回復した人を調査した結果、98%の人は半年後も感染を防ぐ抗体が体内に残っていることがわかったと発表しました。
少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも期待が持てる結果が出たとしています。

「抗体」はウイルスに感染した人の体内にできるたんぱく質で、このうち「中和抗体」と呼ばれるものは、ウイルスの働きを抑え感染を防ぐ力があるとされています。

横浜市立大学などの研究グループは、昨年2月から5月に新型コロナウイルスに感染し、その後、回復した20代から70代の合わせて376人について、体内で「中和抗体」がどこまで残っているかを調査しました。

感染から半年後の血液を分析した結果、
▽無症状や軽症者は97%、
▽中等症や重症者は100%、
▽全体にすると98%の人が、
体内に中和抗体が持続していることがわかりました。

さらに、重症の人ほど中和抗体の強さが大きくなる傾向があったということです。

こうしたことから研究グループでは、少なくとも半年間は再感染のリスクが低下することがわかったほか、体内で抗体を作る開発中の「ワクチン」についても、期待が持てる結果が出たとしています。
    • good
    • 1

感染者もコロナ変異種には再感染している。


今の日本はほぼ全変異種が揃っており、今は英国型が感染の中心になっているらしいが、これからは最新のインド変異種が猛威を振るうと思われている。
先日、ワクチン接種が進んでいる米国が、日本への渡航制限をかけたが、その最大の理由はインド型の件だろう。

一応、ファイザーとモデルナは、インド種にも効果が認められていそう。だから念のために摂取しておいた方が良いでしょう。
    • good
    • 0

新型コロナウイルスの場合、感染により獲得される免疫は、麻疹・水痘などと比べてさほど強いものではありません。



デンマークの研究では、65歳未満の人の約80-88%に感染を予防する免疫があると推定されたが、65歳以上ではその割合は約47%に下がるとされています。
イギリスの研究では、過去に陽性となった人の感染率は少なくとも84%減少したといいます。

それに対し、ファイザー、モデルナワクチンでは、治験段階での発症予防効果は、94~95%でした。
また、アメリカCDCの報告では、アメリカでワクチン接種完了した、およそ1億100万人の調査では、新型コロナウイルスに感染した人は、0.01%でした。

以上の結果から、感染後回復した方も、ワクチンを打った方が良いとされます。
ただ、感染後回復した方でも、後遺症で苦しむ方は少なくありませんので、感染前にワクチンを打った方がはるかに安全です。
    • good
    • 1

いいえ、抗原は長くても三月しか持たないです!


ワクチンを受けないと再感染されます。
感染されないようにワクチンを受ける訳です!

うちの旦那さんはそういう状況です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>いいえ、抗原は長くても三月しか持たないです!

だったらワクチンが効いたとしても3ヶ月だ。
3ヶ月おきにワクチン接種する羽目になる。
そのうち人間の体はワクチンでボロボロになる。

お礼日時:2021/05/27 10:07

コロナに感染して治った人の体は既にワクチン接種済みの状態のはず


>そうなんですか?二度感染してる方もいますが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング