gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

例えば、原告が匿名で裁判を起こし、本名を非公表にしていた場合、
それでも被告人側などに原告の本名や知られてしまったら、なにか問題になるのでしょうか?
また、被告人のみなならず、被告人の友達や家族に本名を公表してしまうことは罪になるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (3件)

民訴法も刑訴法も、原告ないし被害者が匿名での告訴は、原則、認めていません。


ただし、刑事裁判においては、性犯罪被害者や報復が予想され場合など、一定条件を満たした場合に限り、プライバシー保護を認めています。

プライバシー開示に関する問題も、ほぼ書いちゃいましたね。
性犯罪被害などでは、それ自体がプライバシー問題になる場合と、逆恨みによる報復などが代表的です。

そういう問題があるにせよ、原告や被害者の情報が不明確とか不透明な中では、公正な審理が行えないと言う考え方かと思います。

一方、被告側による情報流布に関しては、その内容や範囲にもよりますが。
たとえば名誉棄損に該当する様な場合はあり得るものの、それを原告や被害者が察知するのは難しい場合が多いとは思います。
極論すれば、被告や加害者が周辺と報復計画を立ててたとしますと、当然、犯罪性も生じますが、それをどうやって察知するか?と考えれば、万全な方法などありませんから。

なお、概ねの刑事事件では、民事の賠償責任がセットであって、刑事手続き中に、示談交渉など民事的手続きが行われることも一般的です。
すなわち、被害者側が代理人弁護士を立てるなどして、個人情報保護に努めない限り、民事的な手続きの段階で、被害者と加害者がお互いに相手の個人情報を知るケースは、割と普通ではあります。

また、被害者が加害者に身バレするリスクは割とありますけど、その反面、被害者が加害者の個人情報を得るのはもっと容易で、被害者が加害者の情報を把握していると言う状態が、ある程度は、更なる被害の抑止力にはなりますよ。
もし加害者が被害者に報復でも企てて実行すれば、真っ先に疑われるのは加害者と言う構図ですから、殺害でもされない限り、再度、法的に処罰や賠償請求するのは簡単です。
    • good
    • 0

全文を拝読しますと、刑事事件のようです。


刑事事件ならば「原告」と言う名称はないです。
また、民事事件だとすれば、匿名で原告となることはできないことになっています。
また、民事事件で判決の裁判は必ず公開の法廷で行います。
    • good
    • 0

原告は検察だから匿名はないですね。


被害者とか証人を匿名ですね。

被告人側の弁護士はその名を知ることができます。
問題はそれを被告(犯人等)に伝えることができない・・・・ということですね。

弁護士「証人Aは君が刃物で刺したところを見たと言っているが心当たりはあるのか?

犯人(被告)「え?その証人Aって誰?」
弁護士「名前はいえない」
犯人(被告)「え?誰だろ?」
弁護士「あひ?」

という会話になりますね。
それで、じれったくなってもし名前を知らせてしまった場合、裁判官等は弁護士の懲戒請求等が出来ますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング