「ブロック機能」のリニューアルについて

空気の濃度や呼吸の回数が決め手ですか?
空気をそんなに吸わずにいれば、長生きしますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

    • good
    • 0

エネルギー消費量が少ないから、だろうね。



酸素呼吸では高いエネルギーを取り出せるけど活性酸素やフリーラジカルも生まれてしまう。
すればするほど自分の体も酸化してしまうという、諸刃の剣。

でも、海中なら浮力があるから陸上のように体を支える必要がない。
水中の環境は比較的安定しているので、陸上ほどホメオスタシスに気を遣う必要がない。

大型化すれば単位体重あたりの燃費は良くなるので所要エネルギーが少なくなる。
海中では先の2つの理由により、どんどん大型化することができる。
    • good
    • 0

個人的には浮力の問題だと感じます


水中にある物は押しのけた水の体積分だけ浮力が生じる
体重が軽くなる
その分生体エネルギーの消費が減る
体組織が長持ちする
長生きする


どうでしょ
    • good
    • 0

呼吸数ではなく心拍数に比例するとの論文があります。

    • good
    • 1

長生きは巨体になることです。

巨体なれば心拍数も減り運動数も減りますから自然と外敵は海の中ではなくなり、長生きするということです。そして、粗食も長生きの秘訣なので人間も当てはまるので、貧乏な時代に生まれた人たちは長生きしてきたのです。
    • good
    • 2

オウムは60年くらい生きるらしいですよ

    • good
    • 0

長寿の生物として有名なゾウガメは亀の仲間ですが、陸棲です。

    • good
    • 0

此処って ド素人の集まりのサイト



動物の生態を研究してる人でも その方面には 触れていない筈
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング