4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

ロック言語論の基本テーゼ。
言葉は、その一次的ないし直接的な意味表示において、その言葉を使う人の心の中にある観念のみを表す。⇨言葉の私的性格を主張したもの。
これらをわかりやすく教えてください。

gooドクター

A 回答 (2件)

ロックは言語を目的達成への道具と捉えています


私的性格を主張している以上、私的のみに限られ
すべてを表せないのです
又、受け取る側の多様な環境により容易に別の意味に
変化してしまうのです
言葉の限界、と見ていいと思います

ヴィトゲンシュタインの私的言語論は有名だが
後に彼は
すべての言語はある社会的な機能の召使いにすぎない、
と言っています
そこに言葉への絶対の信頼はありません
言葉で本質を明らかにすることはできません
それどころか
言葉の落とし穴があります
これを指摘した一人がゲーテです
初めに行ありき。は有名です
    • good
    • 1

言葉による伝達は混乱と誤解を生みだす可能性がある。

言葉の意味は、万人に共通な自然発生的なものではなく、状況や事情によって左右される。そして、言葉が話されるとき、話し手のアイデアが、その背景などを含めて、聞き手に100%伝わることはあり得ない。

四つの欠点
1)言葉は単純に見えても、実は非常に複雑なアイデアを示唆する可能性がある。
2)時代背景や話される地方によって、同じ言葉でも、全く違った意味を持つ場合がある。
3)ある言葉が示唆するアイデアについての基準が設けられていない。
4)言葉が支えてきたアイデアが、長期間使用されてきた場合、意味が変えられてしまうこともある。

と、研究家は著書で分析しています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング