【初月無料キャンペーン中】gooドクター

なんで近衛文麿や木戸幸一の考え方は、アンチ英米で親独伊だったんですか?

gooドクター

A 回答 (3件)

近衛文麿は、アンチ英米でも親独伊でもない。

おろおろしている間にケッケ的にそういう取り巻きに誘導されてしまったような感じ。
    • good
    • 0

近衛文麿は、「おぼちゃん育ち」の典型で若いころは社会主義の感化されていたようですが、周囲からもてはやされているうちに「日本を背負う」という気持ちが膨らみ、当時の軍の意向を受け「反米・親独」になったようです。

木戸孝一は、よく言えば天皇のスポークスマン悪く言えば「腰巾着」で、軍から一定の距離を置き「天皇の意向」を現実にして行った人物です。ただ、彼の証言で「天皇の戦争責任」は回避された一方「陸軍の暴走」による「アジア太平洋戦争勃発」という認識が周囲に広まり、今もそうした考えの人が多くいます。ただ木戸幸一にとっては守るべきは「天皇」でありその流れの中で「反米・親独」になったり「講和締結」になったりしたと思います。
まとめると「軍に持ち上げられた近衛、天皇の意向を受けた木戸」ということで、本人達の意思というよりも、その結果として、たまたま「反米・親独」の姿勢になったと思います。
    • good
    • 0

近衛文麿について、次の言葉を贈るよ


「彼は主体性のない五目飯のような人でね。定見というものがないんだな」
これを言ったのは井上成美。
海軍最後の大将で通称「海軍きっての知性」「井上学者」。
自らを「ラジカルリベラリスト」と評していた。

木戸幸一はよく知らない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング